クセノフィオフォラ

2013-04-12

小笠原海溝の体長8cmのクセノフィオフォラ。自身の排泄物を固化して形成した管状構造と、その外側には外来の膠着物から成る殻をもつことがわかる。(写真提供:ベアトリス・レクロ博士)

 

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード