テトラポッド近くに置かれたタービン

2017-09-20

発電機を設置する主な場所の1つは、海岸線に置かれたテトラポッドの海側前面。 発電タービンは、打ち寄せる波からのエネルギーを使用可能な電力に変換し、同時に波の威力を弱め海岸線を保護する。 既存の防波堤の整備道路から容易に発電タービンを保守することも可能で、さらに天候の穏やかな日には、海岸からの目視点検も可能である。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み