フェムト秒分光法ユニット実験装置のセットアップ図

2016-10-11

電子運動を可視化するための時間分解光電子顕微鏡の図。800nmポンプパルス(赤)が電子を励起する一方、それより弱い266nmプローブパルス(青)により電子運動の様々な計測が可能となる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード