シャミセンガイ

2015-09-18
シャミセンガイ

シャミセンガイは二枚の殻から足のような肉茎と呼ばれる構造が出ており、砂の中にもぐって生活をしています。九州の有明海では数多く採られ、お味噌汁の具として食されています。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み