外縁放出モデル

2014-12-19
Poncie Rutsch
外縁放出モデル

この図は高橋教授と共同研究者らが提案した新しいモデルを説明したもの。青色の神経伝達物質に埋め尽くされた各円が小胞で、より小さなグレー色の円が電位依存性チャネルである。緑色の線で示された小胞からチャネルクラスターの中心までの距離を測定する代わりに、赤色の線で示されたチャネルクラスターの外縁まで測定する。クラスター中心への距離を測定するとクラスターのサイズによって測定結果が変わってしまう。一方、クラスター外縁までの距離を測定すれば、小胞に最も近いチャネルとの距離を間違いなく特定することができる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード