図3. 無報酬試行での待機時間に対するセロトニン神経刺激の効果

2014-08-20

3. 無報酬試行での待機時間に対するセロトニン神経刺激の効果

25%の確率でランダムにエサが出てこなくなる試行でマウスが自らあきらめてノーズポークを止めるまでの時間を測定した。通常は平均12秒間ノーズポークを続けてエサが出ないとあきらめるが、光刺激でセロトニン神経活動を増加させると、それが平均17.5秒間にまで延びた。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード