変化する地球環境下での生物地

地球規模の海洋生態系問題に取り組むためには、国際的な協力者とのパートナーシップが不可欠です。海洋生態物理学ユニットでは、2010年、2012年、2013年、2016年、2019年の5回にわたるOIST国際ワークショップを含め、グローバルなパートナーシップを推進し、変化する地球環境、特に人為的要因による気候変動の時代における海洋生態学的問題に取り組んでいます。これまでのワークショップでは、世界的規模でのサンゴの加入パターンの変化、サンゴ礁域の各島の個体数における関係の変化、熱水噴出孔間の関係に関する国際研究などがテーマとなりました。本ユニットは、共同研究者とともに、気候変動がサンゴ礁や深海の熱水噴出孔の生態系に与える影響を定量化していきたいと考えています。

サンゴ礁が赤道海域から離れ、より穏やかな気候の地域に生息する傾向が見られることが、2019年に発表された。ニコール・プライス博士らは、過去40年間で、熱帯のサンゴ礁における若いサンゴの数が85%減少し、亜熱帯のサンゴ礁では2倍に増加したことを明らかにした。

 

100 Island Challenge

海洋生態物理学ユニットは、スクリプス海洋研究所で行われている「100 Island Challenge」に貢献しています。同プロジェクトの目的は、古典的なフィールド調査と最先端のイメージング技術を統合することで、世界各地のサンゴ礁の時間的変化を記述することにあります。

また、「100 Island Challenge」参加者は、球陽高校でサイエンス・アウトリーチを行いました。生徒たちは海洋科学技術に触れ、沖縄を含む太平洋全域のサンゴ礁から得られたデータの分析に参加しました。

2019年、100 Island Challenge の一環として沖縄で行われた海洋調査。

 

OIST国際ワークショップ

● Computational ecology (2010年12月1日~3日)

● The influence of metapopulation structure and connectivity on the response of coral reefs to climate change and ocean acidification 2016年3月15日~21日)

● 100 Island Challenge: Cross-regional perspectives of coral reef structure and function (2019年1月15日~17日)

海洋生態物理学ユニットは国際ワークショップを数回開催し、変化する地球環境での海洋生態系に関する問題に取り組んできた。

アメリカ国立科学財団(NSF)との共催ワークショップ

● Mariana Vent Larvae (MarVeL) workshop: International study of connectivity between hydrothermal vents(2012年5月10日~11日)

● Biogeographic variation in coral recruitment in an era of climate change and ocean acidification ((2013年4月23日~27日)

MACROCHESS

海洋生態物理学ユニットの研究者は、MACROCHESS(A Macroecological Database for Species Distribution across Chemosynthesis-Based Ecosystems)を作成する国際研究チームを可能な限り支援しています。

 

プロジェクトリーダー

海洋生態物理学ユニット 御手洗哲司准教授

 

プロジェクト協力団体・個人

海外

  • Rebecca Albright (Australian Institute of Marine Science)
  • Mehdi Adjeroud (フランス国立開発研究所)
  • Put Ang ( 香港中文大学)
  • Jessica L. Bergman (カリフォルニア州立大学ノースリッジ校)
  • Robert C. Carpenter カリフォルニア州立大学ノースリッジ校)
  • Apple P. Y. Chui(香港中文大学 )
  • Mary A. Coffroth (ニューヨーク州立大学バッファロー校)
  • Peter J. Edmunds カリフォルニア州立大学ノースリッジ校)
  • Tung-Yung Fan(台湾国立海洋生物博物館)
  • 藤村篤(グアム大学)
  • Ruth D. Gates (ハワイ大学)
  • James L. Hench(デューク大学)
  • Sally J. Holbrook(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • Louis Legendre(ヴィルフランシュ-シュル-メール海洋観測所)
  • James C. Leichter (スクリップス海洋研究所)
  • Shelby McIlroy(香港大学)
  • Jacqueline L. Padilla-Gamiño (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • Claire B. Paris(マイアミ大学)
  • Nicole N. Price (Bigelow Laboratory for Ocean Sciences)
  • Russel J. Schmitt (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • Robert Steneck(メイン大学)
  • Makamas Sutthacheep(ラムカムヘン大学)
  • Robert J. Toonen (ハワイ大学)
  • Madeleine J. H. van Oppen (Australian Institute of Marine Science)
  • Libe Washburn(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • アレックス・ワイアット (東京大学大気海洋研究所)
  • Alex Yarid カリフォルニア州立大学ノースリッジ校)

国内

  • 波利井佐紀 (琉球大学)
  • 北野宏明(OIST)
  • 栗原晴子 (琉球大学)
  • 向草世香(長崎大学)
  • 中村 雅子(東海大学)
  • 野澤洋耕(台湾中央研究院)
  • 酒井一彦(琉球大学)
  • 鈴木豪 国立研究開発法人水産研究・教育機構 西海区水産研究所

 

プロジェクト関連出版物

  • L. A. Levin, C.-L. Wei, D. C. Dunn, D. J. Amon, O. S. Ashford, W. W. L. Cheung, A. Colaço, C. Dominguez-Carrió, E. G. Escobar, H. R. Harden-Davies, J. C. Drazen, K. Ismail, D. O. B. Jones, D. E. Johnson, J. T. Le, F. Lejzerowicz, S. Mitarai, T. Morato, S. Mulsow, P. V. R. Snelgrove, A. K. Sweetman, M. Yasuhara, Climate change considerations are fundamental to management of deep-sea resource extraction. Glob. Chang. Biol. (2020), doi:10.1111/gcb.15223.
  • N. N. Price, S. Muko, L. Legendre, R. Steneck, M. J. H. van Oppen, R. Albright, P. Ang Jr, R. C. Carpenter, A. P. Y. Chui, T. Y. Fan, R. D. Gates, S. Harii, H. Kitano, H. Kurihara, S. Mitarai, J. L.
  • Padilla-Gamiño, K. Sakai, G. Suzuki, P. J. Edmunds, Global biogeography of coral recruitment: tropical decline and subtropical increase. Mar. Ecol. Prog. Ser. 621, 1–17 (2019).
  • P. J. Edmunds, S. E. McIlroy, M. Adjeroud, P. Ang, J. L. Bergman, R. C. Carpenter, M. A. Coffroth, A. G. Fujimura, J. L. Hench, S. J. Holbrook, J. J. Leichter, S. Muko, Y. Nakajima, M. Nakamura, C. B. Paris, R. J. Schmitt, M. Sutthacheep, R. J. Toonen, K. Sakai, G. Suzuki, L. Washburn, A. S. J. Wyatt, S. Mitarai, Critical Information Gaps Impeding Understanding of the Role of Larval Connectivity Among Coral Reef Islands in an Era of Global Change. Frontiers in Marine Science. 5, 290 (2018).

 

 

関連リンク

 

To conserve and sustainably use the world’s ocean, seas and marine resources

To strengthen the means of implementation and revitalize the global partnership for sustainable development