従来のコロナウイルス粒子の形状のイメージ

2021-04-16

従来のコロナウイルス粒子の形状は、大きな球体に多数の小球が均等に分布しているものだったが、実際の形状は顕著に異なることがわかった。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード