パイプ内の流れにおける渦のエネルギーとサイズ

2020-01-15

(左)パイプ内の流れ。流れは高速で乱流となり、中間的な速度では遷移流となる。遷移流は渦と層流(低速で一定で規則的な流れ)の混合である。渦の流れには様々な種類がある。「スラグ」とは、下流に向かうにつれて激しくなる流れで、「パフ」は一定のサイズを維持しながら下流に流れる流れ。(右)左図で囲いのついた領域内の流れに対応するエネルギースペクトル図。流れの種類にかかわらず、エネルギースペクトルは小さな渦に対して普遍的である。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード