2.4 役割と責務

学園の管理と業務運営についての最終決定権と最終的な責任は、理事会にあります。

2.4.1  学長・理事長

大学院大学の学長は、理事会により選任され、学園の理事長を兼務します。学長は、理事会と協議の上、大学院大学の運営体制を構築します。本学の運営体制は、本学が教育研究を通じて科学技術の分野で卓越した成果を生み出し、世界に名高い国際的な大学院大学となるよう、効果的かつ効率的に沖縄の自立的発展を促進し、管理・運営を行い、成長につなげていくことができるものでなければなりません。同時に、業務運営及び財務運営の観点から説明責任が果たされ、国や民間からの資金の利用について透明性の高い監督が行われることが確保される体制でなければなりません。

理事会は、以下に列挙する事項など、学園及び大学院大学の日常的な運営を理事長・学長に委ねます。

-大学全体及び学内の全ての部署のマネジメント、施設の管理運営、大学の業務全般を統括すること

-理事会による審議及び決定を必要とする大学の運営費及びその他関係費の年度予算を作成し、理事会に提出すること

-定期的に計画、計画の進捗状況やその後の見通しに関する報告、その他の必要な報告を作成し、理事会に提出すること。

理事会により任命されたシニアレベル・エグゼクティブ1名は、学園の寄附行為の規定により、学園の副理事長となります。さらに、学長は、学長の任務を遂行し、責任を果たすことを補佐するのにふさわしいと認める他の職員を任命し、その権限及び任務を定めることができます。

さらに、学長は、直接又は権限の委任により、上記の責務を果たすために必要となる管理運営に関する基本方針や手続き等を定め、管理する責任を負います。

2.4.1.1       東京オフィスディレクター

東京オフィスディレクターは、科学技術・イノベーションを通して、OISTの存在と活動を国内外に広げるため、東京において日本及び外国の政界・産業界・学術界との関係を強化します(他の部署の所掌に属するものを除きます)。

2.4.1.2       シニア・アドバイザー(開発担当)

シニア・アドバイザー(開発担当)は、日本及びアメリカの双方における日米ネットワークによる連携を育み発展させること、並びに、本学における将来の資金集め活動の基礎を作ること、に責任を負います。

2.4.1.3    シニア・アドバイザー(戦略担当)

シニア・アドバイザー(戦略担当)は、大学の継続的発展を実現するための計画やその実施を管理する責任を有します。大学の発展・拡充のための戦略に関わる事柄に関して、学長その他のシニア・レベル・エグゼクティブ等への助言及びサポートを提供します。シニア・アドバイザー(戦略担当)は、その業務を学長・理事長に報告します。

2.4.1.4       統括弁護士

統括弁護士は、本学の方針・業務、リスクマネジメント、紛争及び契約に関する事項について、法的な意見を述べ、又は助言を行い、外部の機関が関わる法的な事項について本学を代表します。学長が認めた場合は、統括弁護士は副学長(法務担当)の名称を使用することができます。

2.4.1.5       最高情報責任者(CIO)

最高情報責任者(Chief Information Officer: CIO)は、本学全体の情報技術(IT)戦略、及び情報セキュリティプログラムを通して、一貫性と効率性を促進することに責任を有します。また、CIOは学長の裁量による特別なプログラムや情報関連イニチアチブの実施について責任を有します。

2.4.1.5.1     CIOは、情報セキュリティプログラムの策定及び実施を最高情報セキュリティ責任者(Chief Information Security Officer: CISO)に委任します。

2.4.1.6       最高コンプライアンス責任者(CCO)

最高コンプライアンス責任者(Chief Compliance Officer: CCO)は、監査年次計画に基づき、又は臨時に監査を実施し、その結果を理事長・学長に報告します。

2.4.1.7 オンブズ・パーソン

オンブズ・パーソンは、本学における勤務や学修において何らかの心配事項を有する本学の職員、学生に対して、機密性に配慮し、中立的に、独立して、非公式に、状況の聴取、情報の提供、解決に向けての選択肢の提示等のサポートを提供します。

 

2.4.2  副理事長

学園の副理事長を兼ねるシニアレベル・エグゼクティブは、学長によって指名され、学園の理事会によって任命されます。

副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき、又は理事長が欠けたときは、その職務を代理し、又はその職務を行います。理事長が長期に亘り職務遂行できないとき又は欠けたときは、寄附行為13条第 2項に従って、理事会が臨時理事長代理を任命することができます。

2.4.3  監事

学園の監事は、学園の理事、職員又は評議員ではない者の中から、理事会によって候補者が指名され、評議員会の同意を得た上で、最終的に理事長により選任されます。監事の選任は、内閣総理大臣の認可を受けなければその効力は生じません。監事は、学園の業務及び財産の状況を監査し、それらについて、理事会と評議員会に対して、当該会計年度終了後、報告書を提出することを職務とします。また、監事は、理事会の会合に出席し、学園の業務又は財産の状況について、意見を述べます。監査の結果、学園の業務や財産に関し不正の行為又は法令、寄附行為に違反する事実があることを発見したときは、これを、理事会等に報告しなければなりません。

2.4.4 プロボスト及び最高執行責任者(COO)

2.4.4.1  プロボスト

プロボストは、学術的事項について本学を代表するとともに、研究科長、教員担当学監及び研究担当ディーン間を調整することに責任を有します。また、リソースを配分する権限を有し、外部学術機関との契約締結に関する事務的支援など必要なリソースを管理します。更に、コアファシリティを用いた研究支援サービス、並びに研究者、実験者及び学生に対する安全衛生(教員担当学監の所管に含まれるものを除く。)を含む、研究活動に必要なサポート機能全般について責任を有します。

2.4.4.1.1  アシスタントプロボスト(事務企画・財務)

プロボストは、アシスタントプロボスト(事務企画・財務)に、その職務の一部を行わせることができます。

2.4.4.2 最高執行責任者(COO)

最高執行責任者(Chief Operating Officer: COO)は、学長を補佐し、全ての事務的事項について最終権限者としての役割を果たします。

COOは、財務、人事、施設管理、情報技術を含む全ての事務的機能を統括します。また、COOは危機管理にも責任を持ちます。

2.4.4.2.1  准副学長(COOオフィス)

COO は、政府関係、法令、コンプライアンスに係る職務を、COOオフィスの准副学長に行わせることができます。

2.4.4.2.2  緊急対応コーディネーター

COO は、全学規模の安全管理に係る職務を、緊急対応コーディネーターに行わせることができます。

2.4.5  副学長

以下の役職者は、下記 2.5 の大学組織図に示されるとおり、大学院大学の副学長職を務めます。各副学長には年間予算が割り当てられます。学長から負託を受けた当該予算について、各副学長は執行に関する全ての権限を有します。

2.4.5.1  首席副学長

首席副学長は、学長の定めるところにより、大学の運営に関し学長の職務を補佐します。

2.4.5.2   研究科長

研究科長(Dean of the Graduate School:DGS)は、本学の研究科に学生が参加することをサポートする業務やプログラムの実施全般について所管します。研究科長は、学生の募集・選考から、学生の卒業、そして、卒業後の進路選択に至るまで、計画立案や学生へのサポートの提供等の全ての側面について責任を負います。さらに、研究科長は、各教員への指導科目の割り振りを含め、教育課程全体を統括します。

2.4.5.2.1  副研究科長

研究科長は、副研究科長に、その職務を代行させることができます。

2.4.5.3   教員担当学監

教員担当学監(Dean of Faculty Affairs: DFA)は、教員ハンドブックに詳述される次のような、教員に関する全般的な事項について責任を負います。

教員の採用及び任用
教員の研究ユニット評価、テニュア審査、昇進に関する事務
教員の休業・休職・サバティカルを含む休暇の管理及び教員の報酬設定
教員以外の研究員の任用
技術員及びリサーチユニットアドミニストレーターの任用及び評価
教授会及び代議員会の運営サポート
教員ハンドブック(PRP第3章)及び関連ハンドブックの維持管理
教員能力の開発
教員以外の研究員のキャリア開発支援
ディーンズ・リサーチ・グループの研究員の任用及び研究活動の事務サポート

さらに、教員担当学監は、大学図書館及び機関リポジトリの運営、サイエンス・テクノロジー・グループ(STG)の任用及び研究活動の事務サポートについても責任を負います。

2.4.5.3.1  教員担当副学監

教員担当学監は、教員担当副学監に、その職務の一部を行わせることができます。

2.4.5.4     研究担当ディーン

研究担当ディーン(Dean of Research: DR)は、学術研究に関する他大学及び研究機関とのネットワーク構築を所管します。また、外部研究資金の申請及び管理(副学長(技術開発イノベーション担当)の所管に含まれるものを除く。)にも責任を持ちます。

2.4.5.5 副学長(技術開発イノベーション担当)

副学長(技術開発イノベーション担当)は、沖縄の自立的発展を促進するという本学の使命をサポートする機能を統括します。この使命の重要な要素としては、知的財産、技術移転及び事業開発に関するマネジメントがあります。

2.4.5.5.1 准副学長(技術開発イノベーション担当)

副学長(技術開発イノベーション担当)は、准副学長(技術開発イノベーション担当)に、その職務の一部を行わせることができます。

2.4.5.6   副学長(財務担当)

副学長(財務担当)(Vice President for Financial Management:VPF)は、本学の予算及びその会計・経理の全般について所管します。また、入札、定例的な調達、学内の物品供給を含む調達全般についても責任を負います。

2.4.5.7   副学長(施設管理担当)

副学長(施設管理担当)(Vice President for Buildings and Facilities Management: VPBFM)は、工事計画から、入札・契約を経て、工事の実施、建物の竣工に至るまでの全ての新たな建設に関する業務を所管します。また、VPBFMは、本学の建物の改修を含め、建物、施設、敷地の維持管理の全ての業務についても所管します。

2.4.5.8   副学長(広報担当)

副学長(広報担当)(Vice President for Communication and Public Relations: VPCPR)は、広報全般について広く責任を負います。その範囲には、地域、沖縄県内、国内外のコミュニティーとの交流についても含まれます。また、VPCPRは、メディアや報道関連の業務全般についても所管します。さらに、各種ワークショップ、シンポジウム、講演会、式典、公開イベント等、本学の行事のロジスティクスに関する業務を所管します。

2.4.5.9     副学長(人事担当)

副学長(人事担当)(Vice President for Human Resource :VPHR)は、雇用・労務関係の管理、人事評価(業績評価)、労使協定、人材育成、教育研修、人事管理、採用・赴任支援を所管します。VPHR は質の高いキャリア開発の確立、また、管理職/専門職としてのキャリア開発を目指す職員の支援についても担当します。OIST におけるダイバーシティの推進及びワーク・ライフ・バランスの向上にも努めます。

2.4.5.8.1  准副学長(人事担当)

2.4.5.10     副学長(情報技術担当)

副学長(情報技術担当)(Vice President for Information Technology:

VPIT)は、IT サービスが適切に設計、実装、維持されることを保証する責任を有します。また、副学長(情報技術担当)は IT が大学の全ての分野への関与を継続すること、IT サービスが CIO によって設定されたプログラム及び方針を支援するよう開発されることを保証することに責任を有します。

2.4.5.11     シニア・ディレクター(大学コミュニティ支援担当)

シニア・ディレクター(大学コミュニティ支援担当)(Senior Director for University Community Services)は、教職員、学生及びその家族が本学において充実した生活を送ることができるよう、キャンパス内におけるコミュニティサービスの提供に責任を有します。

2.4.6  委員会

本学は、様々な業務遂行を補助するために必要な場合や、特定の事項に関して助言を得ようとする場合に、常設又はアドホックの委員会を置くことがあります。こうした委員会には、内部の者で構成されるものもあれば、外部の者で構成されるものもあります。各委員会は、その目的を問わず、委員会の設置、構成員、組織構成等について定めた委員会設置要綱に沿って運営されなければなりません。委員会設置要綱の作成については、設置要綱ひな形を参照してください。外部委員に対する謝金及びその他の費用については、第26章「財務及び会計」の別表[link:26.9]を参照してください。

Table of Contents