海洋気候変動ユニットでは、気候変動、熱波、乱獲、都市化などの環境の変化にサンゴ礁魚類がどのように適応しているかを明らかにする研究を行っています。

地球規模の海洋生態系問題に取り組むためには、国際的な協力者とのパートナーシップが不可欠です。

海洋生態系の個体群のコネクティビティを定量化することは、海洋生態系のグローバルかつ長期的な変化を理解する上で重要です。

OISTの海洋生態物理学ユニットは、沖縄の自然資源や OISTの研究資源 を最大限に活用するため、実験や数値モデルに裏打ちされたフィールド調査を行っています。

谷茶ビーチクリーニングは、OISTコミュニティのボランティアが主に谷茶区で定期的に行っているビーチクリーン活動です。海洋から汚染物質を物理的に取り除くだけでなく、地域コミュニティとの関係を育み、使い捨てプラスチックの廃棄物がもたらす影響について認識を高める機会にもなっています。