神経生物学研究ユニット

neurons

神経生物学研究ユニットの目標は、脳における学習の神経メカニズムを解明することです。本ユニットは学習経験の結果シナプスで起こる物理的な変化、またこれらの変化が、動機付けに重要な役割を果たす化学物質であるドーパミンに依存する仕組みを研究しています。この研究ではさらに、パーキンソン病や注意欠陥多動性障害といった疾患に対するより良い治療法の開発を目指しています。

詳しく見る

専門分野