光ベルトコンベヤー

2012-11-30

光・物質相互作用ユニットでは、光ナノファイバーとレーザーを使用して人間の赤血球大のプラスチックボールを「光ベルトコンベヤー」と呼ばれるものの上にトラップします。同ユニットでは、OISTの生物学者との共同研究により、プラスチックボールを実際の細胞に置き換え、生物サンプルに含まれるさまざまな細胞を選別するためのより優れた技術を開発することを目指しています。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。