生物学的分岐パターン

2012-04-25

葉を落とした樹を眺める時、数理生物学ユニットを率いるロバート・シンクレア教授が気づくのは、春がまだ来ていないことだけではありません。この樹は博士に、生物系における分岐点は平面をなす傾向があるという自然界の基本原則を観察する機会を与えてくれます。PLoS Computational Biologyに最近掲載された論文で、シンクレア教授らは、この原則がさまざまな生物系にあてはまることを示し、これを数学的に解き明かしました。

記事を読む

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。