巨大シナプス終末(calyx of Held)培養細胞の三次元構築

2011-05-02

Calyx of Heldは、中枢神経系において巨大なシナプス終末構造を持っています。このシナプスの特徴的な構造は、高効率のシナプス伝達、すなわち高速かつ信頼性の高いシナプス伝達に重要な役割を担うと考えられています。

映像は、蛍光免疫組織化学法を用いた3次元構築イメージです。「巨大シナプス終末に局在する、シナプトファイシン(銀)とVGLUT1(金);核(青)」

提供: Dimitar Dimitrov技術員, Laurent Guillaud研究員, 高橋智幸代表研究者
(OIST細胞分子シナプス機能ユニット)

沖縄科学技術大学院大学 細胞分子シナプス機能ユニットについてhttp://www.oist.jp

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。