2016-09-06
 信頼できるデータは科学の基礎です。その基礎の上にこそ「知の聖堂」を築くことができます。この観点からすると、生物材料からの試料調製はやりがいのある難題です。「問題は試料の均質性です」と語るのは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の機器分析セクションでアシスタントマネージャーを務めるアレハンドロ・ビジャールブリオネス氏です。「この問題には人間の要素が関わっています。つまり、...
Type: ニュース記事
2016-08-30
   細菌をよく観察してみると、体からべん毛と呼ばれる長い毛のようなものがのびているのが分かります。べん毛は、細菌の推進力を発生させる重要な機能で、科学者はこれを「運動性」と呼んでいます。細菌はこのべん毛をプロペラのように回転させ、環境中を泳ぎまわることができます。べん毛の数は個々の細菌によって異なり、「運動性」と「感染」との間には明らかな相互関係が存在することからも、...
Type: ニュース記事
2016-08-03
Okinawa Prefecture decided to request for the Okinawa-related budget in the 300 billion yen range for FY2017. Separate from the Okinawa promotion budget, the prefecture will also ask that the funding...
Type: メディアリンク
2016-07-26
 私たちの眼球は、気付いていない間にも常に動いています。1つの物体から別の物体へと視覚対象を変え、視線を一点に集中させているときでさえも眼球の反射的運動は続いています。このような目の動きは衝動性眼球運動(サッカード)と呼ばれています。サッカードが生じているときは、能動的に目を動かそうと意識しなくとも私たちの脳は急速に反応し、話し相手の目を見るなど、...
Type: ニュース記事
2016-07-06
   化学分野では、有機化合物であるアルコールやエステルの効率的な生成法を発見することが共通の課題となっています。これらの化合物は様々な工業用途につながる重要な原料となるからです。アルコールは医薬品や凍結防止剤など、医療分野や産業分野において多数の用途があります。また、エステルは、食品や香水に特有の風味や香りを加える香料として食品・化粧品業界で広く利用されています。...
Type: ニュース記事
2016-06-23
 長い期間にわたってサンゴが自力で生存することはとても難しく、生存維持のため褐虫藻と共生関係を結ぶ必要があります。褐虫藻はサンゴが必要とする栄養の約90%を供給しているため、褐虫藻との共生を維持することはサンゴの健全な状態を保つためには欠かせません。...
Type: ニュース記事
2016-06-16
 量子力学の分野では、物理学者が光子や電子など微小な単一粒子や、少数粒子の集まりについて研究しています。これらの粒子は波動として振る舞うときがあり、その特殊な性質を利用して粒子を操作したり制御することが可能です。量子力学では、粒子が壁を通り抜けるといった非日常的な現象が起こります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、...
Type: ニュース記事
2016-06-02
   注意欠如多動性障害(ADHD)を持つ子供たちは、その場にそぐわない行動を取ることがよくあります。授業中に教室の中で動き回ったり、絶え間なくしゃべり続けたり、他人の会話に割って入ったりすることがあります。ADHDは神経発達障害の一つで、世界各地で約5パーセントの児童がこの障害を抱えていると報告されていますが、...
Type: ニュース記事
2016-05-31
 食べ物は想像以上に奥が深いものです。夕食で口にする食材に含まれる栄養素について考えてみたことはありますか。健康長寿につながる食材にはどのようなものがあるでしょうか。このような疑問に対して、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが興味深い答えを導き出しました。去る5月28日、「お皿の上の科学」と題されたイベントがOISTで開催され、同学の教授3名と研究員らが沖縄県立球陽高校(...
Type: ニュース記事
2016-05-25
   一酸化炭素(CO)は有毒ガスの一つで、その排出は大気汚染の原因にもなるため、空気中のCO濃度を素早く検知することは非常に重要です。しかし、炭素系燃料(調理用ガスやガソリン等)の不完全燃焼により発生するこの気体は、無味・無臭・無色であることから検出が難しいとされています。空気中のCO濃度を測定することができるセンサーの開発が複数の研究機関で進められている中、...
Type: ニュース記事
2016-05-20
   電気は細胞研究において非常に重要な役割を担っています。しかし、電気を使った研究で悩みのたねとなっているものがあります。それは研究者が細胞の培養に用いる培養皿の形状です。培養皿はプラスチック製の底が浅い円形の容器で、代表的なものとしてペトリ皿などが挙げられます。一般的な培養容器は丸い形をしていますが、...
Type: ニュース記事
2016-05-18
 何かについて知っていることと、それを証明できることとには重要な違いがあります。科学でも同様で、誰もが知っていても実証できないアイディアというものがあります。そのうちの一つが、粉粒体における無秩序と準安定状態との関係性です。これまで解明されなかったこの2つの現象の結びつきを、このほど3名の研究者が新たな実験法によって明らかにしました。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
Subscribe to 佐藤 リサ