2017-07-07
   二酸化炭素は温室効果ガスの一つとして知られ、気候変動の一要因です。これまで、科学者たちは大気中への二酸化炭素の排出を抑える方法を模索してきました。しかしここ数年、安価で手軽に手に入り、無害な炭素源である二酸化炭素を、優れた商品や付加価値製品へと変換する取組みが進められています。    例えば、二酸化炭素を水素ガスと反応させれば、...
Type: ニュース記事
2017-06-27
  この度、グルース学長に権威ある賞が授与されたことを受け、OISTの職員一同も心から祝福しています。   ドイツにおける最高峰の研究機関であるマックス・プランク学術振興協会(以下、「マックス・プランク協会」)が創設した最高の栄誉である...
Type: ニュース記事
2017-04-24
   将来の医療分野にとって重要なコンセプトとなるのが、「ラボ・オン・チップ(LOC)」と呼ばれる装置の開発です。「チップ」と言っても、LOCはコンピュータに内蔵されている電子チップのことではなく、血液や尿など体液を流し込む特殊なマイクロスケールの流路(マイクロ流路)が加工された小さな装置のことを指します。このマイクロ流路に取り付けられたバイオセンサーにより、例えば、...
Type: ニュース記事
2017-04-14
   沖縄科学技術大学院大学(OIST)は今後2022年までに、研究ユニットを率いる教員数を100人体制まで拡充するという野心的な目標を掲げており、今後の教職員や学生の増加を視野に、キャンパス敷地内に新たな研究施設を整備する計画を進めています。この度、第3研究棟の東南側に第4研究棟が整備されることになり、4月13日には安全祈願のための地鎮祭が行われました。...
Type: ニュース記事
2017-02-23
   このたび、沖縄科学技術大学院大学のロバート・シンクレア准教授が、ヘルシンキ大学のDennis Bamford教授およびJanne Ravantti博士と共同で、ウイルスの構造に基づいたウイルス分類システムの有用性を裏付けることに成功しました。    研究チームは、新たな高精度計算ツールを試作し、類似した外部構造をもつウイルス間では、...
Type: ニュース記事
2017-02-14
  ヒトの目には数多くの組織があり、それらが連動して機能することで私たちはモノを見ることができます。脊椎動物の間では、眼の構造は驚くほどよく似ており、例えば、小型魚類のゼブラフィッシュとヒトの眼の構造においても大きな類似性が見られます。モノを見るのに必要な眼球の適切な大きさと形は、眼球組織の発達が正しく制御されることで保たれています。この緻密な発達制御の仕組みは、...
Type: ニュース記事
2017-01-30
   高速で生じる物理現象の持続時間を測定するとなると、高性能のストップウォッチやオシロスコープ(電気信号の変化を観測する装置)ではとても歯が立ちません。オシロスコープは、周波数がギガヘルツ(GHz)の電気信号を検出することはできますが、超高速の光学的現象の測定には十分とは言えません。そこで登場するのが、光コム(光周波数コム)です。通常のレーザーが単色性(...
Type: ニュース記事
2016-12-26
  産業界や政府系機関で太陽電池技術の普及が進む一方で、個人消費者には高額すぎて手が届かないという現状があります。より多くの人が利用できるようにするためには、従来のシリコン系(Si)太陽電池よりも安価でエネルギー効率の高い、新しいタイプの太陽電池が必要です。太陽光発電技術の分野でいま話題となっている研究テーマの1つが、優れた電力変換効率と、...
Type: ニュース記事
2016-12-22
   近年、マイクロ流体プラットフォームと呼ばれる技術によって、医療診断は革命的な進歩を遂げています。例えば、血液や尿サンプルを専門の分析機関に送ることが不要となり、医者は患者からの一滴の血液や尿サンプルから様々な疾患を診断することが可能となってきました。これらの診断技術は高価な機器は不要で、簡便で迅速な診断法「ポイント・オブ・ケア(Point Of Care:POC)」...
Type: ニュース記事
2016-11-22
 液体は私たちの生活と重要な関わりを持っています。水のような液体はニュートン流体と呼ばれ、それらの粘性は良く知られています。しかしながら、多くの流体は、粘性と同時に弾性も持ち合わせています。そのような流体は、身近な化粧品や洗剤、塗料などに多くみられ、液体とも固体ともとれる粘弾性(粘性と弾性が合わさった性質)の性質を持っています。しかし、それらの流体質がどのように流れを生じるのか、...
Type: ニュース記事
2016-11-07
  適度なフラストレーション(不安・苛立ち)は人生に奥行きを与えてくれます。これは物理の世界にも当てはまります。競合する力が複数あって、同時にどちらの安定性も満たすことができない状態はフラストレーション」と呼ばれ、このような状態にある物質には特殊な性質が見られます。通常、水を構成している水分子は温度が下がると規則正しく整列し、氷の結晶を構成します。磁性体を構成する原子もまた、...
Type: ニュース記事
2016-09-12
  8 月 27 日(土)、OISTマリンゲノミックスユニットの井上潤研究員が魚類の系統とゲノムの進化研究について評価され、日本進化学会の研究奨励賞を受賞しました。本賞は進化に関連する研究分野において、大きな発展が期待される若手の学会員に授与されます。今回の受賞に際して井上博士は、「嬉しい。自分の地道な研究を誰かが見てくれていると感じた。」とコメントしました。    ...
Type: ニュース記事
Subscribe to 佐藤 リサ