2011-12-13
  子どもたちに科学の面白さを知ってもらい、OISTについて理解を深めてもらおうと、OISTは様々なイベントや、出前授業を行っています。12月8日、 OISTの「エネルギー材料と表面科学ユニット」を率いるヤビン・チー准教授は、恩納村立山田中学校を訪れ、講演を行いました。会場となった体育館には、中学1年生と2年生の合計46名の生徒が集まりました。...
Type: Event Report
2011-08-26
 8月23日、沖縄工業高等専門学校の学生7名が、山城英之教授(生物資源工学科)の引率でOISTを訪れ、OIST運営委員会共同議長の有馬朗人博士(日本科学技術振興財団会長、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム会長)を囲む懇談会「サイエンストーク」に参加しました。  冒頭、沖縄科学技術大学院大学学長予定者のジョナサン・ドーファン博士が御挨拶に立ち、この中で有馬博士について、「...
Type: ニュース記事
2010-07-14
 去る7月10日、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)は、沖縄科学技術大学院大学設置促進県民会議(会長・仲井眞弘多知事)と共催で、OIST運営委員のティム・ハント博士(2001年ノーベル生理学・医学賞受賞)の講演会を沖縄都ホテル(那覇市)で開催しました。「クリエイティブサイエンス~最高の研究をめざして~」と題された講演会にはおよそ150人の人々が来場し、...
Type: Event Report
2008-03-11
行動の脳機構 行動の脳機構ユニット 代表研究者 ゴードン・アーバスノット博士 3月12日 昭和薬科大学附属高等学校 アーバスノット博士の講義は医学系か薬学系への進学を志望する80名の学生を前に、今年の世界脳週間 (Brain Awareness Week) にちょうど重なるかたちで開催されました。スコットランド出身の同博士。講義は、...
Type: Event Report
2008-02-28
私が科学者になった理由 発生分化シグナル研究ユニット 代表研究者 メリー・アン・プライス博士 2月29日 恩納村立安富祖中学校 プライス博士の講義は、試験管に入った生きた ショウジョウバエのサンプルをおよそ60人の全校生徒に回すことから始まりました。興味津々の生徒たちに対してプライス博士は、生物学的にはどのサンプル もショウジョウバエとして分類されるけれど、...
Type: Event Report
2008-02-24
遺伝学を使って発生の仕組みを探る 神経発生ユニット 代表研究者 政井一郎博士 2月25日 恩納村立山田中学校 2006年10月のユニット発足以来、学校での講義は初めてであったという政井博士。全校生徒およそ60 人を前に、かつて大学の授業で生物の体が遺伝子によって形成されることを学び、その神秘的な仕組みを解明したくて生物学を専攻したエピソードを紹介しました。また政井博士は、...
Type: Event Report
Subscribe to 学校訪問