2011-12-20
  去る12月8日と9日の2日間にわたり、OISTの若手研究員を中心とした研究集会「ジュニア・リサーチャーズ・リトリート(JRR)」が行われました。 本イベントのオーガナイザーの一人で、マリンゲノミックスユニットのグループリーダーを務める川島武士博士は、 「同じ分野の専門家集団が集まり情報を共有する従来型の集会と違って、OISTでは分野を横断した学際的な交流を推進しています」...
Type: Event Report
2011-12-16
  今日のコンピュータ社会の特徴の1つは、増大するソフトウェアのアップグレードの頻度です。研究者も、研究方法を向上させる可能性を秘めたソフトウェアのアップグレードと無関係ではいられません。...
Type: Event Report
2011-12-05
  「本質的に予測不可能な事象が数多く集まった結果、心臓が血液を送り出したり、脳が決定を下したりしていると思うと、びっくりしてしまうのです」と話すのは、2011年10月にOISTに着任したばかりのタティアナ・マルケス-ラゴ博士です。同博士が率いるのが...
Type: Event Report
2011-11-04
  OIST物理生物学ユニットのエディ・タユフェール研究員が本年10月21日~22日にかけてエジプトの首都カイロで開催されたコンピュータエンジニアリング・バイオインフォマティクス国際会議で、優秀論文賞を受賞しました。 エディ・タユフェール研究員-優秀論文賞証を前に   学会2日目に発表した「...
Type: ニュース記事
2011-10-18
もしあなたが水泳3.9キロメートル、自転車180キロ、フルマラソンを走るというとてつもない大会に出場することになったらどうしますか?今秋、OIST神経計算ユニット...
Type: ニュース記事
2011-09-30
   この度、植物エピジェネティクスユニット代表研究者の佐瀬英俊博士が、日本遺伝学会より2011年度奨励賞を受賞しました。本年9月にOISTに着任した佐瀬博士。ここ沖縄では、植物の遺伝子活性のエピジェネティック制御や世代を超えたエピジェネティック記憶の伝達の分子機構について研究を行っています。  日本遺伝学会は、遺伝学の特定の分野で優れた研究を活発に行い、...
Type: ニュース記事
2011-09-21
  OISTでは、昨夏より物理科学分野で優れた研究業績とリーダーシップを備えた研究者の採用活動を積極的に進めてきました。そして、今月新たにOISTに着任することとなった代表研究者が、新竹積博士です。   OIST着任前は、理化学研究所大型放射光施設(SPring-8)のX線自由電子レーザー施設「SACLA(さくら)」...
Type: ニュース記事
2011-09-15
OISTでは9月1日~4日にかけて、情報生物学分野の若手研究者によって構成される生命情報科学若手の会とともに、「生命情報科学若手の会・沖縄セミナー」*** を開催しました。本年3 月の東日本大震災では、東北地方の大学や研究機関に大きな被害があり、OISTでは、被災された学生や研究者を支援する意思を表明してきました。今回のセミナーは、...
Type: ニュース記事
2011-08-10
   8月1日から4日間(台風のため5日目は中止しました。)、昨年度からOISTと恩納村が協力して開催している「OIST・恩納村こどもかがく教室」が、ふれあい体験学習センターにて開催されました。今年から1クラス増え、ますます賑やかになったこの教室には、村内の小学校に通う1年生から6年生までの好奇心旺盛な総勢55名の児童が集まりました。参加児童は、1~2年生、3~4年生、5~...
Type: Event Report
2011-04-15
 この度、米国生態学会(ESA)は、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)若手代表研究者(海洋生態物理学ユニット)の御手洗哲司博士らに、理論生態学分野の2011年優秀論文賞を授与すると発表しました。  2010年3月、御手洗博士は、米国の学術誌「Ecology Letters(エコロジー・レターズ)」に、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者と共に「...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究員