桜の木の量子現象
2013-01-23
クロロフィル分子は光子を吸収し、反応中心クロロフィルにエネルギーを移す。光合成の効率の良さは、光子エネルギーが常に最短のルートを見つけ出して複数のクロロフィルを利用することで実現する量子現象といえる。光子が反応中心クロロフィルに到達すると、電子は次々に電子受容体へ受け渡される。クロロフィル分子が1個の光子を吸収して1個の電子を失うことで、...
Type: 写真
2012-12-25
 液体がパイプラインの中を高速で流れるとき、あるいは高速で河床に流れ落ちる瞬間に、渦巻き状の流れが形成され、乱流が生じます。この流れは「渦」と呼ばれ、摩擦抗力を著しく増加させます。摩擦抗力は石油のパイプライン輸送のコストや河川の排水能力を左右する性質を持ち、工学分野で広く応用されていることから、これを解明するためこれまで数多くの研究が行われてきました。  OISTの...
Type: ニュース記事
石鹸水の薄膜に見られる渦
2012-12-25
石鹸水の薄膜上に様々な大きさの渦となって乱流が生じる。写真:Hamid Kellay(仏ボルドー大学)撮影
Type: 写真
水がよどみに現れる乱流の渦
2012-12-25
水流がよどむ場所では様々な大きさの渦となって乱流が生じる。15世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチによるスケッチ
Type: 写真
2012-12-20
水面に浮かぶ疎水性の粒子に、布のようなしわを作っているバンディ准教授。
Type: 写真
2012-12-20
「ワインの涙」の再現。指状になった液体が分裂し、ワイングラスの壁に沿って集まっていく。 Photo by: Mahesh Bandi
Type: 写真
2012-12-19
 世界水準の研究を行うことはOISTの主な目的のひとつです。それと同時に、地元沖縄の地域社会への貢献もまた、OISTおよび本学の研究者にとって重要なことです。2012年12月16日、県内の子供たちに科学の素晴らしさを体験してもらうため、OISTの生物多様性・複雑性研究ユニットのメンバーらは、...
Type: ニュース記事
将来は科学者?
2012-12-19
Type: 写真
Subscribe to 研究員