2021-11-30
(共同プレスリリース:九州大学、OIST、科学技術振興機構、日本学術振興会) 概要 蓄光材料は非常誘導灯や時計、夜光塗料等に幅広く利用されていますが(図1)、現状の蓄光材料は結晶性無機材料で構成されており、高性能な蓄光材料はレアメタルや1000℃以上の高温処理を必要とします。...
Type: プレスリリース
2021-11-29
有機蓄光材料の発光の様子 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
2021-11-10
本研究のポイント 細胞内のタンパク質移動や相互作用を模倣した膜のない微小な液滴を作製した この液滴を使うことによって、システムの複雑さを損なうことなく、酵素反応を適切に制御して研究することができる 研究チームは、ポリエチレングリコール(PEG)と呼ばれるポリマーとタンパク質を水性緩衝液に混合させ、タンパク質を多く含む液滴を形成した これに酵素(...
Type: プレスリリース
2021-11-09
ウレアーゼという酵素を溶液に加えると、反応によってpH勾配が生じ、液滴内の全分子が流動するようになる。その様子が緑色蛍光色で示されている。 本画像は、プレスリリース「微小な液滴から生きた細胞内部の実像を垣間見る」の中に使用されたものです。
Type: ビデオ
2021-11-08
沖縄科学技術大学院大学(OIST)のマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授は、流体力学分野への多大な貢献が認められ、米国物理学会(APS)のフェローに選出されました。 物理学およびその関連分野の専門家による非営利団体であるAPSは、...
Type: ニュース記事
2021-11-08
OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授は、流体力学分野への多大な貢献が認められ、2021年米国物理学会のフェローに選出されました。この画像は「...
Type: 写真
2021-11-04
動画3/3:5000回の試行を経て、エージェントはボールを目的の位置に留めるために必要な力を加える方法を学習した。
Type: ビデオ
2021-11-04
動画2/3:試行錯誤の結果、エージェントはボールを制御する方法を学習し始め、同じ位置にボールを留めるために適切な力を加えるようになる。
Type: ビデオ
2021-11-04
「シュレディンガーの猫」の例は、重ね合わせのパラドックスを象徴している。箱の中に猫と毒の入ったフラスコを入れて蓋を閉じる。しばらくすると、猫は生きていると考えられると同時に死んでいるとも考えられる。これを量子力学に例えると、量子的粒子が2つの井戸に同時に存在している状態である。箱を完全に開けると、猫が生きているのか死んでいるのかが分かるため、日常の古典的な世界の法則に戻る。しかし、...
Type: 写真
2021-11-04
本研究のポイント 日本とオーストラリアの研究チームは、複雑な量子系の粒子を機械学習によって正確に制御できることを初めて明らかにした。 量子系ではあらゆるものによって物体の状態が乱れる可能性があり、制御が困難である。 一方、量子系の制御は、性能の高い量子コンピュータや医用画像処理などの量子技術に利用する上で不可欠である。 より複雑な系において量子の制御をする標準的な方法はないが、...
Type: プレスリリース
2021-10-20
賦活睡眠のような状態にある生後3カ月のコウイカ(セピア・ラティマヌス)。本画像は、ニュース記事「イカと話す研究者」の関連画像です。提供:テレサ・イグレシアス博士。
Type: 写真
Subscribe to 研究員