2021-12-13
元ポスドク研究員のHendry Chame博士がヒューマノイドのToroboと物理的に相互作用する。 予測と現実:ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み
Type: ビデオ
2021-12-13
ロボットを使用して意思決定の基底にある神経ネットワークを解明しようとしているOISTの認知脳ロボティクス研究ユニットのチーム。 ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み
Type: 写真
2021-12-13
この度、谷淳教授の研究に対して、Google Asia Pacific社より使途の制約を設けない3万米ドルの寄付が行われました。沖縄科学技術大学院大学(OIST)より、Google Asia Pacific社に感謝申し上げます。 人類は常に、自己を定義するものが何であるか、何が私たちの意思決定、世界認識、自己意識の原動力となるのかを問い続けてきました。...
Type: ニュース記事
2021-12-10
研究チームは、どの種類の欠陥が最も悪影響を及ぼすかを時間分解光電子分光実験によって調査した。右のグラフからわかるように、結晶粒界の欠陥は小さいにもかかわらず、電流と太陽電池の効率に最も大きな悪影響を与えていた。
Type: 写真
2021-12-10
本研究のポイント ハイブリッドペロブスカイトは、有機材料と無機材料の両方の利点を兼ね備えた次世代太陽電池の材料として有望視されている。 ハイブリッドペロブスカイト太陽電池の効率は、現在20%から約25%の間に留まっているが、理論上の限界は約30%であり、産業利用に有望視されている。 研究チームは、...
Type: プレスリリース
2021-12-09
沖縄科学技術大学院大学(OIST)設立10周年の節目にあたり、学長のピーター・グルース博士が、経済・教育・環境・健康の4つのテーマにおけるOISTと沖縄社会とのつながりについて振り返ります。シリーズの最終回は「新型コロナウイルス感染症」がテーマです。 沖縄県は、他都道府県の例に漏れず、新型コロナウイルス感染症の流行により、深刻な影響を受けてきました。特に、国際的に観光地として知られる沖縄では、...
Type: ニュース記事
2021-12-08
ペロブスカイトが中央に位置することを示すペロブスカイト太陽電池の模式図。太陽光を吸収すると、電子が励起し、元の場所に正孔ができる。電子と正孔がさらに離れると、電流が発生する。電子や正孔を閉じ込める欠陥があると、太陽電池全体の効率を低下させる可能性がある。
Type: 写真
2021-12-07
本研究のポイント 脳の免疫細胞であるミクログリア(または、小膠細胞(しょうこうさいぼう))は、神経変性疾患や外傷性脳損傷に対する第一の防衛線である。 しかし、ミクログリアの前駆細胞が発生過程でどのようにして脳のさまざまな領域に移動するのかについて知られていなかった。 本研究では、受精後24時間から60時間のゼブラフィッシュ胚において前駆細胞を追跡し、...
Type: プレスリリース
2021-12-07
環境DNA解析のための採水を行なった3地点のうちの1つ。研究員の西辻光希博士は「サンゴが美しいことは誰もが認めるところですが、その多様性や重要性は一般にはあまり知られていません」と語ります。
Type: 写真
2021-12-07
本研究のポイント 世界的なサンゴ礁生態系の減少を食い止めるためには、サンゴの多様性をより深く理解する必要があります。 本研究では、「PCRプライマー」という短いDNA断片を用いて、サンゴ礁の表面から採取した海水1Lがあれば、そこに棲息する造礁サンゴの多様性を調べることができる技術を開発しました。 沖縄県恩納村近海の3つの異なるサンゴ礁を対象に、...
Type: プレスリリース
2021-11-30
一般的な蓄光材料 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
Subscribe to 研究員