2011-09-30
   この度、植物エピジェネティクスユニット代表研究者の佐瀬英俊博士が、日本遺伝学会より2011年度奨励賞を受賞しました。本年9月にOISTに着任した佐瀬博士。ここ沖縄では、植物の遺伝子活性のエピジェネティック制御や世代を超えたエピジェネティック記憶の伝達の分子機構について研究を行っています。  日本遺伝学会は、遺伝学の特定の分野で優れた研究を活発に行い、...
Type: ニュース記事
2011-09-21
  OISTでは、昨夏より物理科学分野で優れた研究業績とリーダーシップを備えた研究者の採用活動を積極的に進めてきました。そして、今月新たにOISTに着任することとなった代表研究者が、新竹積博士です。   OIST着任前は、理化学研究所大型放射光施設(SPring-8)のX線自由電子レーザー施設「SACLA(さくら)」...
Type: ニュース記事
2011-09-15
OISTでは9月1日~4日にかけて、情報生物学分野の若手研究者によって構成される生命情報科学若手の会とともに、「生命情報科学若手の会・沖縄セミナー」*** を開催しました。本年3 月の東日本大震災では、東北地方の大学や研究機関に大きな被害があり、OISTでは、被災された学生や研究者を支援する意思を表明してきました。今回のセミナーは、...
Type: ニュース記事
2011-08-10
   8月1日から4日間(台風のため5日目は中止しました。)、昨年度からOISTと恩納村が協力して開催している「OIST・恩納村こどもかがく教室」が、ふれあい体験学習センターにて開催されました。今年から1クラス増え、ますます賑やかになったこの教室には、村内の小学校に通う1年生から6年生までの好奇心旺盛な総勢55名の児童が集まりました。参加児童は、1~2年生、3~4年生、5~...
Type: Event Report
2011-04-15
 この度、米国生態学会(ESA)は、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)若手代表研究者(海洋生態物理学ユニット)の御手洗哲司博士らに、理論生態学分野の2011年優秀論文賞を授与すると発表しました。  2010年3月、御手洗博士は、米国の学術誌「Ecology Letters(エコロジー・レターズ)」に、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者と共に「...
Type: プレスリリース
2011-02-15
  海洋生態物理学ユニット若手代表研究者・御手洗哲司博士の寄稿が2011年2月2日付の琉球新報「論壇」に掲載されました。 可能性に満ちた沖縄の海 ~世界的拠点目指すOIST~   沖縄は、この地球上で、最も海洋環境に恵まれた地域の一つである。美しい海は、豊かな文化を育み、多くの観光客を惹きつけてきた。その沖縄の海に、今、...
Type: ニュース記事
2010-12-03
この度、G0細胞ユニットのグループリーダー武田鋼二郎博士が公益財団法人アステラス病態代謝研究会の平成22年度研究助成金を取得することになりました。同助成金は、疾患の解明と画期的治療法の開発に関する研究に対し与えられるものです。 今回応募した武田博士の研究テーマは「...
Type: ニュース記事
2010-09-27
-- プレスリリース --     独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構 代表研究者 柳田充弘博士が 英国生物学会「名誉フェロー」の称号を受けます   この度、英国生物学会は、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)...
Type: プレスリリース
2010-07-05
プレスリリース この度、米国発生生物学会は本年(2010年)の「エドウィン・グラント・コンクリンメダル」を、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)マリンゲノミックスユニット代表研究者の佐藤矩行博士に授与すると発表しました。 米国発生生物学会は1939年に創立されました。現在世界中に2000名近い会員を有し、...
Type: プレスリリース
2010-06-29
OIST代表研究者 北野宏明博士 現代投資理論を生物学に融合した理論を構築    この度、沖縄科学技術研究基盤整備機構オープンバイオロジーユニット代表研究者の北野宏明博士は、生物学上の謎を解明するために、生物学とは一見かけ離れているように思われる現代投資理論の一部であるポートフォリオ選択の理論を発展させ、生物学に融合した理論を構築しました。この研究成果は最新号の...
Type: ニュース記事
2010-06-10
行動の脳機構ユニットの引間卓弥博士がJPS優秀論文賞を受賞しました。 引間博士は2009年4月に東北大学からOISTに移り、研究活動を行っています。 授賞式は5月に開催された...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究員