2022-07-26
宮崎佳代子博士(左)と宮崎勝彦博士(右) 「科学技術はこころの活力向上に貢献できるのか?」の記事より
Type: 写真
2022-07-11
パオラ・ラウリーノ准教授は、2022年度の「Faculty Excellence in Mentoring Award(最優秀メンタリング賞)」を受賞し、OISTのピーター・グルース学長より賞状を授与されました。本画像は、ニュース記事...
Type: 写真
2022-07-11
沖縄科学技術大学院大学(OIST)のタンパク質工学・進化ユニットを率いるパオラ・ラウリーノ准教授は、タンパク質に魅せられ、生物にとって重要な化学反応を促進するタンパク質群である酵素の構造、機能、進化の研究にキャリアの大半を費やしてきました。そんなラウリーノ准教授ですが、...
Type: ニュース記事
2022-07-02
コンスタンチン・カールツリン博士と佐藤矩行教授は、本研究に携わった研究チームのメンバーです。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-07-02
本研究のポイント: 曲形(きょくけい)動物(あるいは内肛動物)と苔虫(コケムシ)動物は、小型の水生無脊椎動物で、これら2つの系統は、カタツムリやミミズ・ヒル、ヒモムシなどの近縁である。 これらの系統が生物の系統樹で正確にどこに位置づけられるかということや、他の動物とどの程度近い関係にあるのかということに関しては、動物進化生物学者たちも頭を悩ませてきた。 これらの疑問に答えるため、...
Type: プレスリリース
2022-07-02
曲形動物と苔虫動物の関係と進化系統樹における位置づけが、研究で明らかになりました。本研究により、これらがこれまで考えられていたよりも早い時期に軟体動物やミミズから分岐し、「ポリゾア」と呼ばれる別のグループに属することが明らかになりました。本画像は、...
Type: 写真
2022-07-02
小型の水生無脊椎動物である曲形動物の拡大画像。ナタリア・コシキナ博士が走査電子顕微鏡を使用して撮影。本画像は、プレスリリース「150年来解釈が分かれていた古代の無脊椎動物の進化の関係に最適解を出した最新の分子遺伝学」...
Type: 写真
2022-06-30
日本の最南端に位置する沖縄県は、夏になると高温多湿になることで知られています。今日の沖縄では地元の人々も観光客も冷房が効いた屋内で暑さをしのぐことができますが、琉球王国時代、人々は、「芭蕉布」と呼ばれる織物をまとって涼をとっていました。 伝統的な衣服に使われていた芭蕉布は、沖縄に自生する、バナナと同じバショウ科のイトバショウ(糸芭蕉)を原料としています。...
Type: ニュース記事
2022-06-03
触媒は、多くの化学反応において重要な役割を果たします。ある分子が別の分子に変化するのを助け、それ自身は変化しないため、繰り返し使用することができます。しかし、多くの触媒は貴金属でできているため、コストが高く、環境に悪影響を与える可能性もあります。そこで研究チームは、より豊富にある金属である鉄を用いて「オレフィンメタセシス反応」という重要な化学反応を促進する触媒を設計し、その研究成果を...
Type: プレスリリース
2022-06-03
新しい鉄触媒を用いて、炭素-炭素二重結合から成る鎖状分子を合成した。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
2022-06-03
オレフィンメタセシス反応は炭素-炭素二重結合の切断と再生成によって、新しい組み合わせの炭素-炭素二重結合を生成する。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
2022-06-03
ルテニウムと鉄は周期表で同じ族に属しているため、似たような性質を持つことが予想される。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
Subscribe to 研究員