2021-04-16
従来のコロナウイルス粒子の形状は、大きな球体に多数の小球が均等に分布しているものだったが、実際の形状は顕著に異なることがわかった。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2021-04-16
新型コロナウイルス感染症についての説明はもはや必要ないでしょう。SARS-CoV-2というウイルスによって惹き起こされる感染症が、昨年から全世界に拡散しています。2021年3月末時点での記録によると、推定1億2800万人が同ウイルスに感染し、そのうちの約300万人が死亡に至っています。科学者や政治家がワクチンの開発や配布に奔走する一方で、...
Type: ニュース記事
2021-04-16
より正確なコロナウイルス粒子の形状は、三角形状のスパイクがある。OISTとクイーンズ大学の研究チームは、この形状によってコロナウイルスが人から人へ伝播しやすくなっている可能性があることを発見した。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2021-04-01
ポイント 「ポケモンGO」に登場するポケモン「ガルーラ」は、オーストラリア限定のポケモン。ポケモントレーナーは、彼らその「ガルーラ」を密猟してバトルで戦わせることがよくある。 本研究では、実際の研究で使われるいくつかの種分布モデルのアルゴリズムを用い、既存の人為的影響に加えて気候変動が起こると、将来的にガルーラの分布にどのような影響が出るかを予測した。...
Type: プレスリリース
2021-04-01
オーストラリアに生息する高さ2mのポケモン「ガルーラ」を描いた作品      提供:Katerina Zapfeさん
Type: 写真
2021-03-22
マイヤーズ教授は小規模で的を絞った研究チームを組織し、OISTの3つの研究ユニットと共同研究を行っています。写真(左から):ガウラブ・アガヴェガーさん(エヴァン・エコノモ教授率いる生物多様性・複雑性研究ユニット所属);トゥレイシィー・エディシオさん(トマ・ブーギニョン准教授率いる進化ゲノミクスユニット所属);竹内猛博士(佐藤矩行教授率いるマリンゲノミックスユニット所属);鈴木慶彦博士(ジーン・...
Type: 写真
2021-03-17
サイエンス・テクノロジー・グループのアソシエイト研究員である小宮怜奈博士
Type: 写真
2021-03-17
山田洋輔博士は、海洋生態物理学ユニットのポストドクトラルスカラーとして働いている。
Type: 写真
2021-03-17
2021年2月、科学技術振興機構(JST)の創発的研究支援事業(FOREST)採択者が発表され、OISTの山田洋輔博士、小宮怜奈博士、嘉部量太准教授の研究課題が採択されました。 JSTが運営する同事業は、日本の研究機関に所属する若手研究者による、破壊的かつ学際的な研究を促進することを目的としています...
Type: ニュース記事
2021-03-05
一定の体積を囲む表面積が最小となる形は何か?これは、理論数学のこの分野で広く研究されている等周問題である。古典的な空間(ユークリッド空間)では、この問いの答えとなる形は測地線球(左図)である。しかし、これを典型的なサブリーマン多様体であるハイゼンベルク群に移動させると、性質も距離も全く異なるため、測地線球は最適解ではなくなる(右図)。ハイゼンベルク群では、等周問題の解は見つかっていない。
Type: 写真
2021-03-05
2020年11月、シャオダン・ジョウ准教授はOISTに着任。
Type: 写真
2021-03-05
新しい建物の設計から車両での移動時間の計算まで、数式は私たちの世界のあらゆるところで使われています。数字と、確立された数式を利用すれば、あらゆるバックグラウンドを持つ多種多様な人々が生産性と効率性を高めるプロセスを作ることができます。しかし、数学の優れた点は、直接観察可能な世界を越えて、実際には手の届かない空間にまで踏み込んでいくことができることです。このような大まかな構造を研究するために、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究員