2019-09-06
    量子コンピューティングは、微細粒子の謎めいた特性を利用して複雑な情報を処理します。しかしこの量子システムは脆弱でエラーが発生しやすく、役立つ量子コンピューターはいまだに実現していません。     この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
2019-09-04
今回の研究論文の著者(左から):アセム・エルアラビ博士、川上恵里加博士、デニス・コンスタンチノフ准教授
Type: 写真
2019-08-19
本研究の著者のひとりであるムハンマド・ソハイル博士
Type: 写真
2019-07-30
 微小な寄生動物であるニハイチュウ(二胚動物)はわずか30個の細胞からなるため、単細胞動物である原生動物と多細胞動物である後生動物の中間的な位置にある動物とされており、中生動物と言われています。体は基本的に3つの部分から構成されていますが、動物界にいる普通の動物よりもずっと単純です。しかし、もとは海にいる普通の無脊椎動物と同じような体をもっていたということが、最近明らかになりました。...
Type: プレスリリース
2019-07-25
膜電位イメージング法についての入門部分の章を共同執筆したベアン・クン准教授とクリストファー・ルーム博士。
Type: 写真
2019-07-24
強磁場研究所(HFML)の37.5テスラの電磁石の前に立つ、本研究の筆頭著者であるリサ・ロッシ女史。
Type: 写真
2019-07-23
OIST波力発電プロジェクトが開発した波力発電機が、波の力を安定した電力に変えます。
Type: ビデオ
2019-07-22
ボートで運んだ波力発電機をサンゴ石灰岩に固定する。
Type: 写真
2019-07-22
タービン、ダクト、支えのコンクリートブロックを船で曳航して沿岸に運ぶ。その後、潮が引いて波力発電機が着底するのを待った。
Type: 写真
2019-07-22
新型波力発電機を設置する沖縄県恩納村瀬良垣にて海を見つめる新竹積教授。
Type: 写真
2019-07-18
量子輸送と電子状態理論ユニットを率いるファビアン・パウリー准教授は、2019年7月17日付の英科学誌...
Type: 写真
2019-07-18
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らを含む国際研究者チームは、数年にわたって2つの金の電極間に接合された単一分子を通る熱伝達の問題に取り組んできた結果、ついにその測定と理論化に成功しました。 この成果は2019年7月17日付の...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究員