2020-08-11
記憶は私たちのアイデンティティの中核をなしています。様々な意味で、記憶は私たちの人生の記録だということができます。出来事や会話、人々、事実を記憶する能力は、私たちが周りの世界にどのように反応するかの重要な部分を形成しています。記憶はまた、過去の教訓や警告を思い出させる役割を持ち、それによって私たちは時に笑い、時に恐怖に身をすくめるのです。このように記憶は重要であるにもかかわらず、...
Type: ニュース記事
2020-08-11
OISTで新たに立ち上げた研究室で、顕微鏡でサンプルを観察する田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-11
田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-11
記憶研究ユニットのメンバーと研究について議論する田中和正准教授
Type: 写真
2020-08-03
左から:シモーネ・ピゴロッティ准教授(OIST生物複雑性ユニット)、徳田岳教授(琉球大学熱帯生物圏研究センター)、金城幸宏博士(OIST進化ゲノミクスユニット)、トーマ・ブーギニョン准教授(同)
Type: 写真
2020-07-27
1ミリメートルの1000分の1しかないナノ粒子は、非常に小さいため、私たちの肉眼で見ることはできません。しかし、サイズは小さくても、多くの点で非常に重要な役割を果たしています。例えばDNAやタンパク質、ウイルスを詳しく調べるのであれば、ナノ粒子を分離して観察することが不可欠です。 ナノ粒子を捕捉するには、強電磁場が発生するポイントにレーザービームを強収束させる必要があります。...
Type: ニュース記事
2020-07-27
左右非対称スプリットリングは特定の領域で20nmのポリスチレン粒子の捕捉に成功。
Type: 写真
2020-07-27
実験手法を説明するドムナ・コツィファキ博士
Type: 写真
2020-07-27
メタマテリアルを使ってナノ粒子を捕まえる。
Type: 写真
2020-07-16
海洋プランクトンは、海における漂流者です。プランクトンには、藻類、動物、細菌、原生生物があり、潮流と海流によって漂っています。多くのプランクトンは肉眼ではほとんど観察できないくらい小さいですが、中にはクラゲのように比較的大きく成長するものもあります。 海洋プランクトンの多様性は予想をはるかに上回ります。これは何十年もの間、生態学者を悩ませてきた、海を漂流する生き物についての一つの事実です。...
Type: プレスリリース
2020-07-15
(左から)ヤビン・チー教授、ゾンハオ・リウ博士、小野勝也博士、デヨン・ソン博士、スースー・ホォ博士、ロンビン・チュウ博士
Type: 写真
Subscribe to 研究員