2018-12-13
(左から) OISTマリンゲノミックスユニットの佐藤矩行教授と井上潤研究員。両研究者によって、遺伝子の由来を推定し、ゲノムデータを種間で比較するウェブツールが新たに開発された。
Type: 写真
2018-12-06
自然界に良く見られるタンパク質のロスマンフォールドの画像を見せるタンパク質工学・進化ユニットのパオラ・ラウリーノ准教授(左)とパヌ・プラタップ・チョハン博士。
Type: 写真
2018-11-12
半月とピンチポイントの統一理論を初めて提示した論文の筆頭著者であるOIST博士課程学生ハン・ヤンさん。
Type: 写真
2018-10-30
本研究に携わったOIST研究者の徳田智磯博士(左)と銅谷賢治教授(右)。
Type: 写真
2018-10-24
OIST生体分子電子顕微鏡解析ユニットのマティアス・ウォルフ准教授。セネカバレーウイルスと受容体ANTXR1との相互作用の詳細を明らかにした本論文の共同責任著者。
Type: 写真
2018-10-23
(左から)西辻光希研究員、久田香奈子技術員、將口栄一研究員、井上潤研究員、佐藤矩行教授
Type: 写真
2018-10-23
ベトナム科学技術アカデミーの科学者たちとの共同研究でカイヤンのゲノムが解読されました。写真最右端のPhuong T. Nguyen博士と右から3番目のOanh T. P. Kim博士が論文筆頭共同著者。
Type: 写真
2018-10-18
顕微鏡検査室で細菌Zリングを分析する研究者ビル・セダーストゥル博士(右)と共著者ヘレナ・チャン博士(左)。    
Type: 写真
2018-10-18
  甘くて美味しいスイカと細菌の共通点とは何でしょう。科学誌Nature Communicationsに掲載された研究によれば、微生物もスイカと同じように変わった形に育てることができることが分かりました。沖縄科学技術大学院大学(OIST...
Type: ニュース記事
2018-10-18
概要  沖縄科学技術大学院大学(OIST)生体分子電子顕微鏡解析ユニット(代表:マティアス・ウォルフ准教授)の杉田征彦研究員(現所属:大阪大学蛋白質研究所)らは、最先端のクライオ電子顕微鏡解析により、...
Type: プレスリリース
2018-10-18
左:現所属の大阪大学蛋白質研究所にて撮影(研究時、沖縄科学技術大学院(OIST)所属)、右:OISTのクライオEM顕微鏡の前で。    
Type: 写真
2018-08-27
At OIST, scientists are looking at the tiniest creatures to unlock the secrets of biology. In part one of this three-part series, we follow one scientist to uncover the hidden world of plankton.
Type: ビデオ
Subscribe to 研究員