2021-07-26
 シークワーサーは、沖縄経済において重要な特産品であり、様々な製品の原料として利用されています。県内では、大宜味村と名護市勝山が最大の生産地です。写真(上):名護市勝山産の製品。出典:有限会社勝山シークヮーサー 。写真(下): 大宜味村産の製品。 出典:  Hidekazu Sumi 本画像は、プレスリリース「沖縄の「シークワーサー」、出自の謎が明らかに」に掲載されています。
Type: 写真
2021-07-26
本研究のポイント マンダリン類に属する柑橘類は、農産品として経済的に重要な価値を持っているが、種の多様化の過程については謎であった。 研究チームは、東アジアの品種のゲノムを解析し、これまで多様性の中心として知られていた中国南部の山岳地帯に加えて、琉球列島にも豊かな多様性の中心があることを発見した。 沖縄の在来種が、...
Type: プレスリリース
2021-07-02
Type: ニュース記事
2021-07-02
2019年のOISTの研究論文に記載されたダンゴイカの新種であるブレナーミミイカを同論文の共著者であるジェフリー・ジョリーさんが撮影した画像です。本画像は、プレスリリース「ダンゴイカ類の多様性が約6,600万年前の生物大量絶滅に起因していることを発見」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-02
スタッフサイエンティストのダン・ウォーレン博士とサイエンスコミュニケーターのルシー・ディッキーは、収録スタジオのすぐ外でポケモン探しを行いました。本画像は、ニュース記事「『ポケモンGO』からサンゴ礁魚類まで」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-02
ダンゴイカ類とミミイカダマシ類は、世界各地の海に生息する小さな海洋無脊椎動物で、研究に有用なモデル動物でもある。 ダンゴイカ類は68種、ミミイカダマシ類は5種が確認されているが、それら分化した時期は明らかになっていない。 OISTは、広島大学やアイルランド国立大学ゴールウェイ校の研究チームと共に32種のダンゴイカ類やミミイカダマシ類を採取した。 進化における各種の関係を推定するために、...
Type: プレスリリース
2021-06-22
5×5平方センチメートルのペロブスカイト太陽電池モジュールを使用してリチウムイオン電池を充電する実証実験装置。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットが製作した実証実験装置では、ペロブスカイト太陽電池モジュールを使用してリチウムイオン電池を充電します。 本動画は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連動画です。
Type: ビデオ
2021-06-22
研究チームは、粉末製造法を用いて、高品質なFAPbI3を合成しました。まず、酢酸ホルムアミジン(FAAc)とヨウ化水素酸(HI)を混合しました。次に、ヨウ化鉛(II)(PbI2)を加え、この混合物を90℃まで加熱しました。最後に、残った不純物や未反応物を水に溶かしてろ過しました。本図は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」の関連画像です。
Type: 写真
2021-06-22
太陽光を電気に変換する太陽電池は、長年、再生可能エネルギーとして世界的に注目されてきました。太陽電池は、その1枚1枚は非常に小さいですが、モジュールにスケールアップすることでバッテリーの充電や照明の点灯などに利用することができます。また、将来的には太陽電池モジュールを並べて建物の主要なエネルギー源として利用できるようになる可能性もあります。しかし、...
Type: プレスリリース
2021-06-22
OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットでは、さまざまなサイズのペロブスカイト太陽電池およびモジュールを用いて研究しています。 本画像は、プレスリリース「ペロブスカイト太陽電池の未来がさらに明るく」関連画像です。
Type: 写真
2021-06-08
マリン・サイエンス・ステーションでカクレクマノミを観察する海洋気候変動ユニットの魚類飼育担当者であるラドミラ・ネイマンさん
Type: 写真
Subscribe to 研究員