2022-03-22
Strip1は、正しい網膜構造の形成に必要な細胞である網膜神経節細胞の生存に不可欠である。Strip1が欠損すると、網膜神経節細胞は死滅し、他の神経細胞がこれに置き換わるために内網状層に欠陥が生じる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-22
眼は、眼球の奥に光の焦点を合わすことで機能します。そこには光受容体と呼ばれる光を感知する細胞が存在します。これによって活性化された電気信号が神経細胞の層を介して伝達されます。内網状層では、網膜神経節細胞を含む3種類の神経細胞が神経回路を形成しています。特に、網膜神経節細胞の長い突起は軸索と呼ばれ、視神経を形成し、脳の視覚中枢に投射しています。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-22
本研究のポイント 網膜神経節細胞は眼に存在する神経細胞の一種で、視覚に不可欠な細胞である ゼブラフィッシュを用いた新しい研究により、発生中および発生後のこれらの細胞の生存維持には、Strip1と呼ばれるタンパク質が必要であることが明らかになった 網膜神経節細胞内にStrip1が存在しない場合、Junタンパク質が活性化し、これが最終的には細胞の死を誘起する 網膜神経節細胞が死滅すると、...
Type: プレスリリース
2022-03-22
本研究のポイント 生物の遺伝的多様性に境界面が影響を与えることはよく知られているが、細菌のような小さな生物での動態は十分に研究されてこなかった。 本研究では、理論モデルと実験を組み合わせて、遺伝子的に異なる2種類の大腸菌群がチャネル(流路)内でどのように増殖するかを詳細に調べた。 赤色と緑色に蛍光する2種類の菌株を使用することで、個体群構造を観察した。 その結果、両菌株群は、...
Type: プレスリリース
2022-03-22
実験の1つを収めた動画では、2種類の大腸菌株が最初の10時間で列状パターンを形成しているのがわかります。録画時間は40時間でしたが、実験は80時間継続して行われました。本動画は、プレスリリース...
Type: ビデオ
2022-03-10
半導体材料に光を照射すると、光の粒子が材料中の電子(図中の青色の粒)と相互作用します。その結果、電子は高いエネルギー準位に励起し、その際にエネルギー準位の低い元の場所に正孔が空きます。この電子と正孔は逆に帯電しているため、お互いの周りを回転し、一瞬の間、励起子を形成します。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-03-10
本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました...
Type: 写真
2022-03-10
本研究のポイント 本研究において、非常に効果的かつ正確な手法を用い、「モアレ励起子」と呼ばれる特殊な粒子を可視化に成功した。 励起子の研究は、ハイテクデバイスや量子デバイスに革命をもたらす可能性があると期待されているが、通常は一瞬で消えてしまうため、研究が困難であった。 モアレ励起子は、電子エネルギーがモアレ模様を描くように積層された2枚の半導体層の間で形成されるため、...
Type: プレスリリース
2022-02-18
OISTでテクノロジーパイオニア・フェローとして勤務する傍らでスタートアップ企業RyuDyn社を立ち上げたポール・シェーフ・サイ博士。
Type: 写真
2022-02-16
セージ・センティネルを創設した、キャシャヤー・ミサギャンさん、ジョスリン・フォベールさん、エドュワルド・ルーゴさん
Type: 写真
2022-02-16
KanjuBotを設立したオレグ・ニキチンさん、オリビア・ルキャノヴァさん、アレックス・クニンさん
Type: 写真
Subscribe to 研究