2021-12-07
本研究のポイント 世界的なサンゴ礁生態系の減少を食い止めるためには、サンゴの多様性をより深く理解する必要があります。 本研究では、「PCRプライマー」という短いDNA断片を用いて、サンゴ礁の表面から採取した海水1Lがあれば、そこに棲息する造礁サンゴの多様性を調べることができる技術を開発しました。 沖縄県恩納村近海の3つの異なるサンゴ礁を対象に、...
Type: プレスリリース
2021-11-30
一般的な蓄光材料 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
2021-11-30
(共同プレスリリース:九州大学、OIST、科学技術振興機構、日本学術振興会) 概要 蓄光材料は非常誘導灯や時計、夜光塗料等に幅広く利用されていますが(図1)、現状の蓄光材料は結晶性無機材料で構成されており、高性能な蓄光材料はレアメタルや1000℃以上の高温処理を必要とします。...
Type: プレスリリース
2021-11-29
(a)用いた分子の構造。(b)電子拡散機構とホール拡散機構。ホール拡散機構により、不安定な電子(アクセプター分子のラジカルアニオン状態)と酸素の反応を低減。(c)ホールトラップ材料による電荷分離状態の安定化。 本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2021-11-29
有機蓄光材料の発光の様子 本画像は、プレスリリース「有機材料を用いた蓄光デバイスの高性能化に成功」に添付の画像です。
Type: 写真
2021-11-25
スキャフォールドを貫通するように伸展したニューロンを共焦点顕微鏡で撮影した画像。ニューロンの色の違いは、足場の奥行きを表している。
Type: 写真
2021-11-25
スキャフォールド上での培養に成功した感覚ニューロンを共焦点顕微鏡で可視化した画像。
Type: ビデオ
2021-11-25
二光子リソグラフィーを用いてポリマーを印刷して硬化させ、詳細に設計された構造を形成するNanoscribeプリンター。
Type: 写真
2021-11-25
電子顕微鏡で撮影したスキャフォールドは、再生するニューロンの伸展方向を誘導する構造に設計されている。画像A:スケールバー=100µm。画像B:スケールバー=1µm。
Type: 写真
2021-11-25
本研究のポイント 最先端の技術により、ニューロン再生のためのより精密な「足場」であるスキャフォールドを人工的に構築した。 スキャフォールドは、ニューロンの正確な伸展に必要な線維構造である細胞外マトリックスを模倣して設計したものである。 二光子リソグラフィーと呼ばれる技術で、3Dプリンターの手法を用いて感光性樹脂をレーザーで硬化させて構造を形成。 研究チームは、...
Type: プレスリリース
2021-11-10
ポリエチレングリコール(PEG)というポリマーとウシ血清アルブミンというタンパク質を緩衝液中で混ぜ合わせると、膜のない液滴が形成される。同溶液に乳酸脱水素酵素(赤色)を加えると、乳酸脱水素酵素が液滴に取り込まれ、液滴内で反応が起こった。 本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2021-11-10
本研究のポイント 細胞内のタンパク質移動や相互作用を模倣した膜のない微小な液滴を作製した この液滴を使うことによって、システムの複雑さを損なうことなく、酵素反応を適切に制御して研究することができる 研究チームは、ポリエチレングリコール(PEG)と呼ばれるポリマーとタンパク質を水性緩衝液に混合させ、タンパク質を多く含む液滴を形成した これに酵素(...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究