2022-06-09
PCRにより、単相の雄か雌か、複相かを判別できるようになり、交雑育種や適切な盤状体をモズク養殖に用いることが可能になる。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-06-09
種付け・芽出しでは芽が出ないモズク、沖出しでは網からモズクが落ちる芽落ち、高水温等の影響に収穫できない、などの問題がある。そのため生産量は安定していない。プレスリリース「...
Type: 写真
2022-06-09
オキナワモズクは単相 (雌雄)、複相の両方で盤状体が存在する。これらは見た目で判別することができない。プレスリリース「オキナワモズクの交雑育種や収穫量増に役立つPCR検査法の開発に成功」の関連画像です。
Type: 写真
2022-06-03
オレフィンメタセシス反応は炭素-炭素二重結合の切断と再生成によって、新しい組み合わせの炭素-炭素二重結合を生成する。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
2022-06-03
ルテニウムと鉄は周期表で同じ族に属しているため、似たような性質を持つことが予想される。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
2022-06-03
新しい鉄触媒を用いて、炭素-炭素二重結合から成る鎖状分子を合成した。 貴金属よりも鉄:重要な化学反応を低コストで環境に優しくする鉄触媒
Type: 写真
2022-06-03
触媒は、多くの化学反応において重要な役割を果たします。ある分子が別の分子に変化するのを助け、それ自身は変化しないため、繰り返し使用することができます。しかし、多くの触媒は貴金属でできているため、コストが高く、環境に悪影響を与える可能性もあります。そこで研究チームは、より豊富にある金属である鉄を用いて「オレフィンメタセシス反応」という重要な化学反応を促進する触媒を設計し、その研究成果を...
Type: プレスリリース
2022-05-23
本研究のポイント シロアリの仲間の中で2番目に多いレイビシロアリ科の自然史を明らかにする新しい研究成果が発表された。 主に木材の中に小さなコロニーを形成するレイビシロアリは、一般に原始的なシロアリと考えられているが、実はこの科について分かっていることはわずかである。 研究チームは、世界中で見つかった120種のシロアリのミトコンドリアゲノムを解読し、...
Type: プレスリリース
2022-04-25
共同プレスリリース 沖縄科学技術大学院大学( 以下OIST、学長 ピーター・グルース、沖縄県恩納村)および株式会社コランダム・システム・バイオロジー(以下コランダム・システム・バイオロジー、代表取締役 大竹秀彦、東京都港区)は、2024年度までに腸内細菌やゲノムなど多角的な網羅的解析を高度に自動化し、疾病の予測や治療法の発見を目指す研究プロジェクトを開始しました。第一期の3年間で、...
Type: プレスリリース
2022-04-19
沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、ノバルティスバイオメディカル研究所(NIBR)によるGlobal Scholars Program(...
Type: ニュース記事
2022-04-18
好白蟻性ハネカクシがコロニーに侵入する過程を感染症モデルに当てはめた枠組み  本画像は、共同プレスリリース「シロアリの巣に住む昆虫の進化を促すものは何か?」の関連画像です。
Type: 写真
2022-04-18
共同プレスリリース(山形大学/沖縄科学技術大学院大学) 本研究のポイント シロアリの巣にはハネカクシなどのシロアリではない昆虫(好白蟻性昆虫)も住んでいる。 これまでに見つかっている全ての好白蟻性ハネカクシの情報をまとめ、そのほとんどが複雑な巣をつくるシロアリの巣に住んでいることを見つけた。 好白蟻性昆虫によるシロアリの巣への侵入を感染症に見立てて数理モデルを構築し、...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究