2020-12-02
T細胞特異的なCNOT3欠損マウス(Cnot3fl/fl CD4-Cre)の胸腺では、コントロール(Cnot3fl/fl)に比べて、CD4陽性CD8陰性あるいはCD4陰性CD8陽性の成熟したTリンパ球が減少する。
Type: 写真
2020-12-02
T細胞特異的なCNOT3欠損マウス(Cnot3fl/fl CD4-Cre)では、赤字で示した細胞死誘導因子の遺伝子(Bbc3、Dap2ip)の発現が上昇する。
Type: 写真
2020-12-02
T細胞特異的なCNOT3欠損マウス(Cnot3fl/fl CD4-Cre)の胸腺では、コントロール(Cnot3fl/fl)に比べて、細胞死誘導因子mRNAのポリA鎖が伸長する。電気泳動の図(左)と各ポリA鎖の長さを持つmRNAの相対的存在比のプロット(右)。
Type: 写真
2020-12-02
【共同プレスリリース】理化学研究所(理研)生命医科学研究センター免疫恒常性研究チームの秋山 泰身チームリーダー、疾患遺伝研究チームの山本雅チームリーダー(沖縄科学技術大学院大学(OIST)教授)らの国際共同研究グループ※は、メッセンジャーRNA(mRNA)[1]の分解を制御するタンパク質複合体が、異常な細胞死を防ぐことでTリンパ球[2]の正常な発生を促すことを発見しました。 本研究成果は、...
Type: プレスリリース
2020-12-01
研究者らは励起子を発生させるポンプパルスと電子を取り出す極端紫外光パルス間の時間を変えることで、暗い励起子(赤)と明るい励起子(青)が時間の経過とともにどのように変化するかを示すビデオを作成した。
Type: ビデオ
2020-11-30
電子顕微鏡に半導体材料のサンプルをセットする、フェムト秒分光ユニットのスタッフサイエンティストで論文共同筆頭著者であるマイケル・マン博士。
Type: 写真
2020-11-30
まず光ポンプパルスで電子を励起して励起子を生成する。その後、極端紫外光パルスの光子が励起子内の電子を物質から電子顕微鏡内の真空中に取り出す。飛び出してきた電子のエネルギーと角度を電子顕微鏡で測定する。
Type: 写真
2020-11-30
極端紫外光のビームを整える、フェムト秒分光法ユニットのスタッフサイエンティストで共同筆頭著者のジュリアン・マデオ博士。
Type: 写真
2020-11-30
遷移金属ダイカルコゲナイド単層(TMDs)として知られる新たなクラスの半導体は、グラフェンに似た構造を持っています。 TMDsは、六方晶の結晶格子を形成するように配置された原子1層のみで構成されています。
Type: 写真
2020-11-28
渋滞に巻き込まれたバスを待ちぼうけたり、大好きな新しい本や映画、アルバムのリリースを辛抱強く待たなければならなかったり。このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。早く良い結果を得たいという衝動を抑制することを学ぶことは、未来の成功のために不可欠であることはよくありますが、辛抱強さが脳でどのように調節されているかは、いまだによくわかっていません。 沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: プレスリリース
2020-11-26
内側前頭前野(mPFC)、前頭眼窩野(OFC)、側坐核(NAc)それぞれに投射するセロトニン神経(黒い矢印)を刺激したときに、不確実なタイミングでエサが出る課題(例:エサが2、6、10秒後のいずれかで出る)と、一定のタイミングでエサが出る課題(例:エサが必ず6秒後に出る)とで報酬を待つ行動にどのような影響が生じるのかを調べました。その結果、...
Type: 写真
2020-11-26
背側縫線核(DRN)のセロトニン神経(緑色の矢印)は、側坐核(NAc)、前頭眼窩野(OFC)、内側前頭前野(mPFC)など複数の脳領域に投射する。
Type: 写真
Subscribe to 研究