2021-09-15
ヒートマップ(代謝物の高値を赤色、低値を青色で示したもの)より、特定の代謝物と認知症との関連性が明らかになった。概して、サブグループAの代謝物は認知症患者で高値を示し、健康な高齢者で低値を示している。サブグループB〜Eの代謝物は、その逆の傾向を示した。
Type: 写真
2021-09-15
本研究のポイント 認知症に関連する33種類の代謝化合物を研究チームが発見した。 認知症患者では、7種類の代謝物が健康な高齢者よりも高い値で検出された。 これらの代謝物は、神経細胞に対して毒性を持つと考えられており、認知症の原因となっている可能性が示された。 一方、認知症患者では、26種類の代謝物が健康な高齢者よりも低い値で検出された。 これらの代謝物は、神経細胞がフリーラジカル(...
Type: プレスリリース
2021-09-14
ポイント クルマエビの「設計図」であるゲノム情報の概要を明らかにしました。 クルマエビゲノムの大きさ(約19億塩基対)はヒトゲノムの約6割で、約2万6000個の遺伝子が見つかりました。 このゲノム情報はクルマエビの感染症防除法の開発、品種改良や資源評価の情報基盤として役立つと期待されます。 プレスリリース 【共同プレスリリース】沖縄科学技術大学院大学 (以下、OIST)...
Type: プレスリリース
2021-09-10
アフシャン・ジャムシェイド博士が、OISTでの博士号取得における体験談を語っています。彼女の研究は、ヤビン・チー教授が率いるエネルギー材料・表面科学ユニットで行われ、ペロブスカイト太陽電池を原子レベルで調べました。
Type: ビデオ
2021-09-10
ペロブスカイト結晶構造に塩素が取り込まれると、ペロブスカイト層の表面にくぼみが生じる。これは、ヨウ素とより小さな塩素との間に高さの差が生じたためである。
Type: 写真
2021-09-10
塩素を添加したペロブスカイトの表層を走査型トンネル顕微鏡で撮影した画像。暗いくぼみは、ヨウ素(I)の代わりに塩素(Cl)が結晶格子内に取り込まれていることを示している。
Type: 写真
2021-09-09
ペロブスカイト太陽電池を紹介するアフシャン・ジャムシェイド博士。ペロブスカイト層は、太陽電池の中央で他の機能層に挟まれている。
Type: 写真
2021-09-09
本研究のポイント ペロブスカイトの表層にある原子を研究チームが撮影した。これは次世代太陽電池で光を取り込む画期的な結晶材料である。 ペロブスカイト層の安定性を高めるドーパントの塩素が、ペロブスカイト結晶構造にどのように組み込まれているかが、本研究で明らかになった。 結晶構造の中で塩素がヨウ素に置き換わった場所には、表面に暗いくぼみが観察された。...
Type: プレスリリース
2021-09-06
本研究のポイント: ベンヌとリュウグウは、無人探査機によって近年撮影された2つのラブルパイル(破砕集積体)小惑星である。 両小惑星とも特徴的なダイヤモンド形をしているが、その形状に至った理由については科学的に明らかになっていなかった。 今回、研究チームは、砂や砂糖などの粒状体の流れを説明するために設計された単純な粒状体の物理モデルを用いて、これらの小惑星の全体的な形状を説明した。...
Type: プレスリリース
2021-09-03
クルマエビは日本で広く食用にされている。本写真は、プレスリリース「クルマエビのゲノム解読に成功」に付随しているものです。
Type: 写真
2021-09-03
生物におけるゲノムと、クルマエビのゲノム解析の流れ。本研究の成果は、アメリカ遺伝学会が発行する学術誌G3オンライン版で発表されました。
Type: 写真
2021-08-26
本研究のポイント: 研究チームは、咳などの乱流パフが、異なる環境でどのように振る舞うかを説明する新モデルを構築し、スーパーコンピュータによるシミュレーションで、モデルの検証を行った。 15℃以下の環境では乱流パフの浮力が大きく、より遠くまで移動することを示す新たな力学的挙動を発見した。 今回の研究成果によって、乱流や環境が新型コロナウイルスSARS-Cov-...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究