2022-03-10
わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
2022-03-10
本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました...
Type: 写真
2022-03-10
本研究のポイント 本研究において、非常に効果的かつ正確な手法を用い、「モアレ励起子」と呼ばれる特殊な粒子を可視化に成功した。 励起子の研究は、ハイテクデバイスや量子デバイスに革命をもたらす可能性があると期待されているが、通常は一瞬で消えてしまうため、研究が困難であった。 モアレ励起子は、電子エネルギーがモアレ模様を描くように積層された2枚の半導体層の間で形成されるため、...
Type: プレスリリース
2022-02-18
OISTでテクノロジーパイオニア・フェローとして勤務する傍らでスタートアップ企業RyuDyn社を立ち上げたポール・シェーフ・サイ博士。
Type: 写真
2022-02-16
セージ・センティネルを創設した、キャシャヤー・ミサギャンさん、ジョスリン・フォベールさん、エドュワルド・ルーゴさん
Type: 写真
2022-02-16
KanjuBotを設立したオレグ・ニキチンさん、オリビア・ルキャノヴァさん、アレックス・クニンさん
Type: 写真
2022-02-15
【本記事は、広島大学が作成した共同プレスリリースです。】 本研究成果のポイント 背骨がある動物(脊椎動物)では、万能細胞として知られるiPS細胞(※1)は、数種類の因子を人為的に活性化することによってのみ得られるが、ギボシムシ(※2)は、そのiPS細胞を作り出すのに必要なリプログラミング因子(※3)を使って、再生していることを解明。 脊椎動物は、...
Type: プレスリリース
2022-02-15
本研究のポイント 本研究では、多孔質と無孔質の多結晶ダイヤモンド膜の両方を実験室でより効率的に合成させるため、シミュレーションを実施。 天然石の特性を多くもつ合成ダイヤモンド膜は、生物医学や量子学の分野等に応用できる可能性がある。 本研究のシミュレーションにより、理想的な結晶粒径や初期の粒度分布など、成膜の際にどのようなことができるか展望が見えた。 また、シミュレーションによって、...
Type: プレスリリース
2022-02-14
ギボシムシのリプログラミング因子をマウスの胚性がん細胞 (P19株)へ導入した図を示します。A-Dは導入された遺伝子が発現している細胞を、緑色の蛍光、E-Dは細胞核を青色の蛍光で可視化しています。AとEは空のベクターを導入したもの。BとFはマウスの内在性Oct4を導入したもの。CとGはギボシムシのOct4ホモログPf-Pou3を導入したもの。GとHはNanogホモログPf-...
Type: 写真
2022-02-14
ギボシムシの再生過程を表した図を示します。Aはギボシムシの正常個体。Bは切断直後。Cは切断後1日。傷が閉じ始めます。Dは切断後3日で、傷が閉じ、矢印の所に小さな再生芽が形成されているのが見えます。Eは切断後5日で、再生芽が急速に増殖しています。Fは切断後7日で、再生芽が吻(矢印)と襟(矢尻)部分に形を変えています。Gは切断後11日で、吻や襟が切断前と同等の大きさに再生しているのが分かります。...
Type: 写真
2022-02-10
本研究のポイント: 本研究では、新たなツールを開発し、覚醒しているマウスの脳内で単一アストロサイトをこれまでにないほど詳細に画像化することに成功した。 さらに本研究において、アストロサイトがニューロンと同様に300ミリ秒以下の速さでカルシウムシグナルを伝達することを、初めて“生体内で”明らかにした。 また、アストロサイトには、活動がさかんな「ホットスポット」があることもわかった。...
Type: プレスリリース
2022-02-07
アストロサイト(「星状の細胞」の意)はユニークな形態をしている。内側の構造は星形をしているが、外側では微細突起が雲のような領域を形成し、近傍のすべてのシナプスを取り囲む。シナプスとは、ニューロン同士がコミュニケーションをとる接合部である。マウスのアストロサイトは推定約30万個のシナプスに接触し、補助しているとみられる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
Subscribe to 研究