2020-10-07
二重振り子には二つのパーツがある。最初は予想通りに揺れていても、その動きは不規則になりがちで、モデル化するのは難しい。
Type: 写真
2020-10-07
似たような状態にある二匹の線虫はある短い時間、似たような行動を続ける可能性が高い。
Type: 写真
2020-10-07
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生物物理理論ユニットの新研究によると、生物の挙動は、天気や惑星の運動などの物理現象と同じ数学的法則に従っている可能性があるといいます。 物理学には、分子からブラックホールの衝突まで、さまざまなスケールの運動を予測し、...
Type: プレスリリース
2020-10-07
線虫C. エレガンスの形状は、数学的に記述するのが比較的簡単な曲線となっている
Type: ビデオ
2020-10-06
アンドリュー・ロブ准教授は、ダラム大学准教授。2019年10月から2020年8月までOISTの客員数学教授プログラムに参加。
Type: 写真
2020-10-02
3つのシーバタフライのグループとシーエンジェルを含むすべての主要な翼足類の系統は、2つの大きな地球規模の危機を生き延びた。
Type: 写真
2020-10-02
翼足類は大きく分けて、有殻のシーバタフライ(左)と裸殻のシーエンジェル(右)の2つのグループに分かれる。進化の過程で海底での生活から海洋での生活に適応し、筋肉質の足が翼のような2つの構造に変化した。この翼のような構造は水中を上下に「飛ぶ」かのごとく使われている
Type: 写真
2020-10-02
翼のような足を持つことから翼足類と呼ばれるシーバタフライやシーエンジェルは、これまで考えられていたよりも酸性の海に耐性を持っている可能性がある、と科学者たちが報告しています。 研究チームは、翼足類の進化の歴史を掘り下げることで、これらの生き物が予想以上に古くから存在し、海水の温度上昇や酸性化といった過去の危機を生き延びてきたことを確認しました。 2020年9月24日に...
Type: プレスリリース
2020-09-30
バリアントはアフリカではほとんど見られず、バングラデシュでは最も高い頻度で出現している。出典:スバンテ・ペーボ教授、Hugo Zeberg教授。図はネイチャー誌掲載論文に使用された。
Type: 写真
2020-09-30
新型ウイルスSARS-CoV-2は、2019年末に初めて確認されてから、感染した人々にさまざまな影響を与えています。このウイルスが引き起こす新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を発症すると、重症化して入院が必要になる人がいる一方で、症状が軽い人や無症状で済む人もいます。 年齢や持病の有無など、重篤な反応を起こしやすいかどうかに影響を与える要因はいくつかあります。...
Type: プレスリリース
2020-09-29
ティモシー・ラバシ教授と博士課程の学生マイケル・イズミヤマさんが沖縄県にある活火山島の硫黄鳥島を訪れた際の様子。今年9月、ラバシ教授とマイケルさんは複数の研究機関による共同研究の一環として、将来海で起こりうる条件を模倣し、水中のCO2シープに対して魚類群集がどのように反応しているかを調べるために島を訪れました。
Type: 写真
2020-09-29
沖縄科学技術大学院大学(OIST)海洋気候変動ユニットの代表研究者であるティモシー・ラバシ教授が、ジェームズクック大学のオーストラリア研究会議(ARC)...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究