2021-02-08
清光智美准教授
Type: 写真
2021-02-08
細胞が分裂して2つの娘細胞を作るとき、すべての遺伝物質が均等に2つに分かれなければなりません。これが正しく行われるためには、紡錘体形成が非常に重要です。
Type: 写真
2021-02-08
RAN経路の分解除去によって、NuMAタンパク質は影響を受けなかったが、HURPタンパク質は影響を受けたことが明らかになった。
Type: 写真
2021-02-05
本技術は、数あるOISTによるライセンシング可能なシーズの一例です。ライセンスに関する詳細は以下をご覧ください。...
Type: プレスリリース
2021-02-05
ナノ粒子があるとシリコン原子は倒立円錐形の柱を形成しながら堆積することを示す動画。
Type: ビデオ
2021-02-02
沖縄科学技術大学院大学(OIST)の新たな研究によると、流体が障害物を避けて通過する際、その経路は障害物同士の間隔によって変化するという意外な無作為性があることが判明しました。この発見は、原油採収や地下水の浄化から、生体システムを通過する流体の動きの理解まで、さまざまな場面で重要な意味を持ちます。本研究は、...
Type: プレスリリース
2021-01-29
塩化アンモニウムを添加することで、ペロブスカイト膜の粒が顕著に増大し、個数が減少した。その結果、粒界の数も減少した。
Type: 写真
2021-01-29
研究者チームは、5x5平方センチメートルと10x10平方センチメートルの太陽電池モジュールを製作した。これは、従来研究室で作られていた1.5x1.5平方センチメートルのものよりもはるかに大きいが、市販のソーラーパネルよりは小さい。
Type: 写真
2021-01-29
ペロブスカイト太陽電池デバイスが機能するためには、複数の層が必要である。ペロブスカイト活性層は太陽光を吸収して電荷キャリアを発生させる。輸送層は、電荷キャリアを電極に輸送して電流を流す。ペロブスカイト活性層は、多数の結晶粒で形成されている。これらの結晶粒同士の境界や、ペロブスカイト膜のピンホールなどの欠陥によって、太陽電池デバイスの効率と寿命が低下する。
Type: 写真
2021-01-29
ポイント ペロブスカイト太陽電池は、将来の太陽電池技術を大きく変えると予測されているが、現在のところ、動作時間が短く、大型化すると効率が低下するという課題がある。 製造過程で前駆体材料に塩化アンモニウムを混合することで、太陽電池モジュールの安定性と効率を向上させた。 改良された太陽電池モジュールのペロブスカイト活性層は、厚みが増し、粒が大きくなり、欠陥が低減した...
Type: プレスリリース
2021-01-20
この実験では、マウスは飼育箱の開口部を介して手を伸ばし、餌(ここではプレゼントと表現)をつかむように訓練されています。研究者らは、2種類の異なるニューロンを抑制したり、興奮させたりすることで、タスクの成功率や失敗の仕方に影響を与えるかどうかに関心を持っていました。D1ニューロンは緑色、D2ニューロンは赤色で示されています。
Type: 写真
2021-01-20
ポイント 本研究では、脳の一部である大脳基底核に存在するニューロンを調べた。大脳基底核は、損傷を受けると人の運動能力に深刻な影響を与え、一見簡単な「手を伸ばして握る」という動作が非常に困難になることがある。 研究員たちは大脳基底核上に存在する線条体のD1直接路出力ニューロンとD2間接路出力ニューロンに注目して研究を行った。 これらのニューロンは、...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究