2022-03-31
本研究のポイント ポックスウイルス科のワクシニアウイルスが、D13と呼ばれる構成要素を用いてタンパク質の足場をどのように組み立てるかを明らかにした。 研究チームはクライオ電子顕微鏡を使って、D13が組み立てられた状態とバラバラになった状態の3D画像を高い解像度で撮影した。 D13タンパク質が相互作用するには、小さならせん構造が移動する必要があることを発見した。...
Type: プレスリリース
2022-03-24
サンプルを分析して鏡像体の一方だけが存在することを確認する博士課程学生で筆頭著者のサンタヌ・モンダル。本画像は、プレスリリース「安価で安全な、環境にも優しい触媒が、有機分子の合成の新たな可能性を開く」の関連画像です。
Type: 写真
2022-03-24
ある分子の鏡像体は、見た目は似ているが、異なる特性を持っている。リモネンを例にとると、一方はレモンの風味がするが、その鏡像体はオレンジの風味がする。本画像は、プレスリリース「安価で安全な、環境にも優しい触媒が、...
Type: 写真
2022-03-24
新たに設計した有機触媒システムのモデルを参考に、ピルビン酸エステルの反応をスケッチする博士課程学生で本研究論文の筆頭著者のサンタヌ・モンダル。本画像は、プレスリリース「安価で安全な、環境にも優しい触媒が、...
Type: 写真
2022-03-24
本研究のポイント ピルビン酸エステルから価値ある有機分子をつくる工程を改善する有機触媒システムを開発した。 ピルビン酸からつくられるグリコール酸やアミノ酸などの分子は、生物医学研究や医薬品に使われている。 有機触媒は、これまで使われてきた金属触媒よりも安価で、取扱う上で安定しており、安全で、環境に優しい触媒である。 開発した有機触媒システムを使用すると、...
Type: プレスリリース
2022-03-22
論文共著者3名。ゼブラフィッシュ飼育施設にて。左から順番に、小島豊技術員、OIST博士学生のマイ・アーメッドさん、政井一郎教授。本画像は、プレスリリース「生き続ける:網膜神経細胞の生存に必要な遺伝子に注視」の関連画像です。
Type: 写真
2022-03-22
Strip1は、正しい網膜構造の形成に必要な細胞である網膜神経節細胞の生存に不可欠である。Strip1が欠損すると、網膜神経節細胞は死滅し、他の神経細胞がこれに置き換わるために内網状層に欠陥が生じる。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-22
眼は、眼球の奥に光の焦点を合わすことで機能します。そこには光受容体と呼ばれる光を感知する細胞が存在します。これによって活性化された電気信号が神経細胞の層を介して伝達されます。内網状層では、網膜神経節細胞を含む3種類の神経細胞が神経回路を形成しています。特に、網膜神経節細胞の長い突起は軸索と呼ばれ、視神経を形成し、脳の視覚中枢に投射しています。本画像は、プレスリリース「...
Type: 写真
2022-03-22
本研究のポイント 網膜神経節細胞は眼に存在する神経細胞の一種で、視覚に不可欠な細胞である ゼブラフィッシュを用いた新しい研究により、発生中および発生後のこれらの細胞の生存維持には、Strip1と呼ばれるタンパク質が必要であることが明らかになった 網膜神経節細胞内にStrip1が存在しない場合、Junタンパク質が活性化し、これが最終的には細胞の死を誘起する 網膜神経節細胞が死滅すると、...
Type: プレスリリース
2022-03-22
本研究のポイント 生物の遺伝的多様性に境界面が影響を与えることはよく知られているが、細菌のような小さな生物での動態は十分に研究されてこなかった。 本研究では、理論モデルと実験を組み合わせて、遺伝子的に異なる2種類の大腸菌群がチャネル(流路)内でどのように増殖するかを詳細に調べた。 赤色と緑色に蛍光する2種類の菌株を使用することで、個体群構造を観察した。 その結果、両菌株群は、...
Type: プレスリリース
2022-03-22
実験の1つを収めた動画では、2種類の大腸菌株が最初の10時間で列状パターンを形成しているのがわかります。録画時間は40時間でしたが、実験は80時間継続して行われました。本動画は、プレスリリース...
Type: ビデオ
2022-03-10
半導体材料に光を照射すると、光の粒子が材料中の電子(図中の青色の粒)と相互作用します。その結果、電子は高いエネルギー準位に励起し、その際にエネルギー準位の低い元の場所に正孔が空きます。この電子と正孔は逆に帯電しているため、お互いの周りを回転し、一瞬の間、励起子を形成します。本画像は、プレスリリース...
Type: 写真
Subscribe to 研究