2021-10-05
ヨロイボウズハゼのオスと、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中で新種記載された新種キジムナーボウズハゼのオス、そして種不明のメスの動画。これらのハゼは、特に流れの強い場所を好み、...
Type: ビデオ
2021-10-05
沖縄の川で観察されたヨロイボウズハゼの求愛行動。鮮やかな婚姻色を呈したオス(右)が、鰭を広げ、下半身を少し持ち上げ、種特有の模様をメス(左)にアピールする。この求愛行動は、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
ゲノム全体における特定部位の配列の変異を解析した結果、ヨロイボウズハゼ属のオスが4系統に区別され、それぞれ4つの色彩型と完全に一致することが示された。白抜き灰色のシンボルは各種のメスを示す。オスとは異なり、メスの体色には種による違いが見出されなかった。海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-10-05
(左)沖縄の川で見つかったブナガヤボウズハゼのオス。(右)フィリピンのパラワン島の川で見つかったLentipes palawanirufusのオス。両種とも海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
(左)ヨロイボウズハゼ属の日本唯一の既知種であったヨロイボウズハゼLentipes armatusのオス。(右)沖縄の川で見つかったキジムナーボウズハゼLentipes kijimunaのオス。後者は海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-10-05
本研究のポイント 沖縄から2種、フィリピンのパラワン島から1種の新種のハゼ(魚類)が発見されました。 3種は、既知のヨロイボウズハゼLentipes armatusによく似ていますが、オスはそれぞれ種特有の赤い模様を持っています。 沖縄で見つかった2種は、赤色で描かれることが多い沖縄の精霊、キジムナーやブナガヤを連想させることから、それぞれキジムナーボウズハゼLentipes...
Type: プレスリリース
2021-09-17
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームは、密閉した水槽内に乱流を発生させ、繊維の動きを追跡した。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-17
研究チームは、乱流に繊維を投入してシミュレーションを行った。繊維の動きから流体の流れの情報を得ることができた。本動画は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連動画です。
Type: ビデオ
2021-09-17
上のグラフは、唾液中の4種類の代謝物の量を測定するだけで、その人の年齢がおおよそわかることを示しています。青い点は27〜33歳の年齢層の参加者を、赤い点は72〜80歳の参加者をそれぞれ表しています。本図表は、プレスリリース 「...
Type: 写真
2021-09-17
ポイント 2つの異なる年齢層から採取した唾液検体を用いて、加齢に伴う唾液中の成分の変化を調査した。 扱いが困難である唾液より、検体中に99種類の代謝物を同定した。 99種類の代謝物中21種類において、2つの年齢層の間で量が異なっていた。 年齢層によって量が異なる代謝物の中には、味覚や筋肉の活動に関連するものがあり、加齢によって味覚や嚥下能力が低下することが示唆された。 研究チームは...
Type: プレスリリース
2021-09-17
さまざまな規模で発生する乱流の渦。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
2021-09-17
本研究のポイント 乱流は、ランダムかつカオス的であり、様々な規模で発生するため、計測が困難であることで知られている。 本研究では、トレーサー粒子ではなく、繊維を用いて新たな乱流計測方法を開発した。 本計測方法をコンピューターシミュレーションと実験の両方で検証した。 さまざまな長さの繊維を用いてさまざまな規模の乱流を計測した。 最小の繊維の動きから、...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究