2011-05-13
  グルコースは細胞のエネルギー産生に不可欠であり、ヒトの体細胞は血液からグルコースを取り込むことによってエネルギーを作り出している。ヒトが健康でいるためには血液中のグルコース濃度は4-6 mmol/Lに維持されなければならない。これが維持できず、血液中のグルコース濃度が上昇するのが糖尿病である。細胞周期研究でよく用いられるモデル生物、分裂酵母を培養する培地は通常100...
Type: ニュース記事
2011-05-13
分裂酵母はヒトの血液と同程度のグルコース(4.4 mmol/L)を含む培地でもきちんと成長し、増殖する。 グルコースは細胞のエネルギー産生に不可欠であり、ヒトの体細胞は血液からグルコースを取り込むことによってエネルギーを作り出している。ヒトが健康でいるためには血液中のグルコース濃度は4-6 mmol/Lに維持されなければならない。これが維持できず、...
Type: ビデオ
2011-05-06
  ...
Type: ニュース記事
2011-05-02
Calyx of Heldは、中枢神経系において巨大なシナプス終末構造を持っています。このシナプスの特徴的な構造は、高効率のシナプス伝達、すなわち高速かつ信頼性の高いシナプス伝達に重要な役割を担うと考えられています。 映像は、蛍光免疫組織化学法を用いた3次元構築イメージです。「巨大シナプス終末に局在する、シナプトファイシン(銀)とVGLUT1(金);核(青)」 提供: Dimitar...
Type: ビデオ
2011-04-15
 この度、米国生態学会(ESA)は、沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)若手代表研究者(海洋生態物理学ユニット)の御手洗哲司博士らに、理論生態学分野の2011年優秀論文賞を授与すると発表しました。  2010年3月、御手洗博士は、米国の学術誌「Ecology Letters(エコロジー・レターズ)」に、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者と共に「...
Type: プレスリリース
2011-04-01
  去る3月29日(火)、(独)沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)は、機構のシーサイドハウスにおいて、中学生・高校生や一般の方々を対象に、映画を鑑賞し、サイエンスについて語り合う「サイエンス・フィルムショー」を開催しました。このイベントには地元恩納村や近隣市町村から30名の方々にお越しいただき、映画「レナードの朝」の上映に先立ち、...
Type: ニュース記事
2011-03-30
熱水噴出孔(ブラックスモーカー) 出典:米国海洋大気庁     1977年に東太平洋海嶺で発見されて以来、熱水噴出孔は多くの科学者を魅了してきました。熱水噴出孔は地球内部から熱や鉱物を海底にくみ出し、豊かで独特な生態系を育む自然システムです。...
Type: ニュース記事
2011-03-30
去る3月29日(火)、(独)沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)は、機構のシーサイドハウスにおいて、中学生・高校生や一般の方々を対象に、映画を鑑賞し、サイエンスについて語り合う「サイエンス・フィルムショー」を開催しました。このイベントには地元恩納村や近隣市町村から30名の方々にお越しいただき、映画「レナードの朝」の上映に先立ち、OISTコモンリソースグループ統括の山田真久博士が、...
Type: ニュース記事
2011-03-23
沖縄近海水面温度変化のシミュレーション(開発中)。このシミュレーションをもとにサンゴの幼生の分散パターンを予測し、沖縄のサンゴが近隣地域とどのように繋がっているかを調べていく予定です。制作:独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)海洋生態物理学ユニット(若手代表研究者:御手洗哲司博士)坂上太一郎技術員。
Type: ビデオ
2011-03-16
南カリフォルニア沿岸沖合の島周辺における幼生輸送パターンのシミュレーション(制作者:御手洗博士など) 沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)若手代表研究者(海洋生態物理学ユニット)の御手洗哲司博士 海洋生態物理学ユニットについてもっと知りたい方は: http://www.oist.jp
Type: ビデオ
2011-03-03
脳内ではニューロンという名の細胞がイオンと神経伝達物質を利用しお互いに伝達し合う。また、もう一つの細胞であるグリア細胞(神経膠細胞)がニューロンをいろんな形でサポートしている。 この映像では研究者によりイメージ化された細胞内のカルシウムにより、脳内の電気活動がわかり易く見ることができる。高速の明るい光はニューロンによって作り出されたもの、...
Type: ビデオ
2011-03-01
  2011年OIST英文懸賞論文に入選した学生の皆さん、おめでとうございます。 沖縄で開催する4Sワークショップ(3/14-3/18)に皆さんを招待します。   昨年12月、OISTは日本在住で自然科学分野の博士課程に進学希望の大学院生又は学部生(高等専門学校の専攻科の学生を含む。)を対象に、「...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究