2011-11-07
  化石燃料には限りが有り、いつかは枯渇するため、深刻化するエネルギー問題に直面する各国は太陽光をはじめとする代替エネルギーの活用を迫られています。OISTのエネルギー材料と表面科学ユニットを率いるアシスタント・プロフェッサーのヤビン・チー博士は、低い生産コストでしかも非常に効率的なハイブリッド太陽電池(ソーラーセル)の開発に取り組んでいます。  ...
Type: ニュース記事
2011-10-26
  G0細胞ユニット代表研究者の柳田充弘博士(京都大学名誉教授)が、平成23年度の文化勲章を受章し、去る11月3日、皇居において天皇陛下から親授されました。...
Type: ニュース記事
2011-10-17
  人間にも鳴き鳥にも、生涯の早い段階で驚くべき学習期がありますが、残念ながら早い時期で終わってしまいます。この仕組みが解明されれば、大人になってからの語学学習や楽器の練習が大変である理由を説明できるかもしれません。...
Type: ニュース記事
2011-10-15
長寿で有名な沖縄。多くの理由が挙げられているが、その一つが食生活。 自由に踊る沖縄の民族舞踊、カチャーシーを踊る喜名カメさん   沖縄科学技術研究基盤整備機構(OIST)...
Type: ニュース記事
2011-10-12
  駐車場からエレベーターへと向かうトンネル通路を通っていくと、トンネル内に設置された動作感知プロジェクターが目に入ります。しかし、通路の屋根に設置されたソーラーパネルと風車には誰も気付いていないかもしれませんね。...
Type: ニュース記事
2011-10-03
  OISTにとってなくてはならないのは、世界水準の学際的研究機関にふさわしい強靭な「筋肉」です。筋肉と言っても腕の三頭筋や二頭筋ではありません。高性能計算機(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング:HPC)です。HPCシステムとは複数のスーパーコンピュータやコンピュータ・クラスタを活用して高水準の科学的研究、とりわけ計算科学に必要な計算能力を実現する計算機です。...
Type: ニュース記事
2011-09-30
動画を見る   OISTのヘルミナ・ネドレスク(...
Type: ニュース記事
2011-09-30
   この度、植物エピジェネティクスユニット代表研究者の佐瀬英俊博士が、日本遺伝学会より2011年度奨励賞を受賞しました。本年9月にOISTに着任した佐瀬博士。ここ沖縄では、植物の遺伝子活性のエピジェネティック制御や世代を超えたエピジェネティック記憶の伝達の分子機構について研究を行っています。  日本遺伝学会は、遺伝学の特定の分野で優れた研究を活発に行い、...
Type: ニュース記事
2011-09-24
OISTのヘルミナ・ネデレスク(Hermina Nedelescu)研究員は、成体小脳内のプルキンエ細胞が密集した「ニューロンの森」の謎を解明するため、遺伝学、顕微解剖学、そして計算解剖学を組み合わせた研究を行っています。 プルキンエ細胞は、小脳に存在する大型のニューロン(神経細胞)です。長く伸びて樹枝状に分枝する「樹状突起」と呼ばれる構造を持ち、...
Type: ビデオ
2011-09-15
OISTでは9月1日~4日にかけて、情報生物学分野の若手研究者によって構成される生命情報科学若手の会とともに、「生命情報科学若手の会・沖縄セミナー」*** を開催しました。本年3 月の東日本大震災では、東北地方の大学や研究機関に大きな被害があり、OISTでは、被災された学生や研究者を支援する意思を表明してきました。今回のセミナーは、...
Type: ニュース記事
2011-09-15
Video by the Tonan Maru.独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構 海洋生態物理学ユニット この研究について詳しく知るには下記リンクへ: http://www.oist.jp/ja/press-room/news-articles/151/1064-float-okinawa-trough.html (撮影:図南丸)
Type: ビデオ
Subscribe to 研究