グラファイトに蒸着させた金属ナノ粒子の3D原子間力顕微鏡トポグラフィ画像
2012-09-19
グラファイトに蒸着させた金属ナノ粒子の3D原子間力顕微鏡トポグラフィ画像
Type: 写真
レーザーを調整する準研究員のキャサリン・チンとアリソン・クロス
2012-09-10
レーザーを調整する準研究員のキャサリン・チンとアリソン・クロス
Type: 写真
2012-09-03
 当初、生理学の研究は、生体機能の現象に着目して生命の本質の解明に挑むというものでした。その後、分子生物学の発展に伴い、科学者たちは細胞の生理現象の背後に横たわるメカニズムに分子レベルでアプローチできるようになりました。しかし、ヒトゲノムの全塩基配列が解読されてからほぼ10年が経つものの、生命機能を構成する多くの要素が全体としてどのように相互作用し、どのように機能発現に至っているのか、...
Type: ニュース記事
多階層モデルにおける階層マッピングの概念図.
2012-09-03
多階層モデルにおける階層マッピングの概念図。 複数のモジュールの集合として上位モジュールを表現することで、階層構造をモデル化する。
Type: 写真
PhysioDesigner のスナップショット
2012-08-31
メインキャンバスに表示されているのは神経ネットワークモデル。右上は、オープンバイオロジーユニットが同時に開発しているシミュレータFlint上での計算の一例。
Type: 写真
2012-08-26
 我々の先祖が初めて道具を使って虫を掘り出したり、敵と戦ったりした時から、我々は物質の基本的な性質という制約を受けてきました。例えば、光はガラスを透過するときに特定の方向に曲がり、物はエネルギーを与えられると熱くなります。そして、ここ数十年間で、物質をナノスケールで操作する技術が物質科学の基本原則を書き換えてきました。例えば、金粒子の色は必ずしも黄色ではなく、粒子のサイズによって変化します。近年...
Type: ニュース記事
顕微鏡室
2012-08-24
Type: 写真
2012-08-20
 今から60年前のことになりますが、電子顕微鏡像を観察していた研究者たちは、ある種の細胞の「外皮」である細胞膜が高密度に局在し窪んだ構造を形成しているのに気づきました。小さなくぼみのようなかたちから、発見者によって小さな洞窟を意味するカベオラと名付けられたその構造体は、のちにほかの種類の細胞にも多数見つかりました。数ある機能のなかには細胞膜に新しいパッチを輸送する働きがあり、...
Type: ニュース記事
細胞膜
2012-08-20
細胞膜と同化しているカベオラ(矢印)および2つの細胞内に浮遊するカベオラ
Type: 写真
2012-08-15
 最近発表された2つの論文で、OISTのベアン・クン准教授を含む研究チームは最新技術を用いて、タンパク質結晶内のpHと小脳皮質の神経細胞という全く異なる2つの物質を可視化したことを発表しました。  これら2つの研究成果はほぼ同時期に発表されましたが、それぞれの研究プロジェクトの内容は完全に異なります。...
Type: ニュース記事
タンパク質結晶内のpHを可視化
2012-08-10
 タンパク質は生命の分子機構を構成しています。タンパク質は細胞の構造を形成したり、イオンを汲み出したり、反応を触媒したり、メッセンジャーを認識するといった役割を果たしています。  タンパク質の構造を解明するため、研究者はタンパク質を結晶化したのち、X線回折技術を利用します。しかし、タンパク質の構造や機能は、たんぱく質を取り囲む溶液中のpH(水素イオン指数=物質の酸性・...
Type: 写真
Subscribe to 研究