スピンアイスの四面体格子
2012-10-22
Type: 写真
2012-10-11
 海洋生態物理学ユニットの御手洗哲司准教授は、世界中の名だたる海洋研究機関と連携を進める、人脈作りの達人と言えます。同准教授はOISTに2009年9月に着任以来、ウッズホール海洋研究所...
Type: ニュース記事
2012-10-09
細胞内mRNA処理工場。緑やピンクが細胞内の使われないmRNAを分解したり、分解する前に蓄えたリする場所を示している。
Type: 写真
細胞内リン酸化シグナル分子
2012-10-09
細胞内リン酸化シグナル分子。大小の緑が特定のリン酸化シグナル分子の集まりを示している。
Type: 写真
2012-10-09
 細胞は体からの要求に応答するために、常に特定の遺伝子のスイッチを入れたり切ったりしています。そのスイッチの切り替えは、細胞がRNAと呼ばれる遺伝子のコピーを作成するプロセスを開始または停止することに相当します。タンパク質を製造する装置がその「転写産物」を読みとり、その遺伝子に対応した最終産物を作ります。  しかし、遺伝子のスイッチを適切かつ完全に切るには、...
Type: ニュース記事
沖縄県水産海洋研究センターの漁業調査船「図南丸」(となんまる)
2012-10-05
沖縄県水産海洋研究センターの漁業調査船「図南丸」(となんまる)
Type: 写真
OISTのオープンキャンパスの際に小学生がイラストを書き組み立てたサンゴ幼生の加入調査用プレート
2012-10-05
サンゴ礁のサンプリング:OISTのオープンキャンパスの際に小学生がイラストを書き組み立てたサンゴ幼生の加入調査用プレート
Type: 写真
海洋研究開発機構・学術調査船「淡青丸」にて
2012-10-05
淡青丸(たんせいまる)に乗船: 2011年11月下旬、海洋研究開発機構・学術調査船「淡青丸」にて深海生物サンプリング用のプランクトンネットを準備する研究者達
Type: 写真
御手洗 哲司准教授
2012-10-05
Type: 写真
2012-10-03
 OISTシーサイドハウスの2階へと続く階段を上り、発達神経生物学ユニットのオフィスを訪れると、まず、研究機関のイメージとは程遠い玩具や子どもサイズの家具が揃う色鮮やかな待合室が温かく迎え入れてくれます。その印象通り、同ユニットは、OISTの研究チームの中でも特殊な研究を行っているグループです。理論やラボワークを軸とせず、注意欠如多動性障害(ADHD)...
Type: ニュース記事
2012-09-19
 廃棄物が人類のエネルギー問題の解決策となるかもしれないと考える研究者がいます。汚泥から重金属まであらゆるものを取り込み、その老廃物の1つとして電気を生産する細菌を利用しようというのです。  しかし、多くの優れたアイディアと同様、細かい部分に問題が残っています。OISTの...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究