2012-03-15
ダニ准教授とユニットメンバー...
Type: Event Report
2012-02-17
 OISTには、世界のおよそ30カ国から200名以上の研究員が集まっています。この「サイエンス・パスポート」ポッドキャストは、これらの内、5名の研究員の興味深いバックグランドや研究内容を紹介しています。  ...
Type: Event Report
2012-02-07
 地球温暖化、海難捜索、サンゴ礁群集調査に共通するものとは ―? 御手洗博士(中央)...
Type: Event Report
2012-02-06
ホン・スンホ研究員...
Type: ニュース記事
2012-01-30
 脳神経疾患であるトゥレット症候群では運動チックと呼ばれる素早い不規則な運動が自分の意思とは無関係に出現し、日常生活に大きな支障をきたす場合があります。運動チックの発生には、大脳皮質や大脳基底核など、広範囲に及ぶ脳の機能異常が関係すると考えられています。  沖縄科学技術大学院大学のケビン・マックケアン研究員と磯田昌岐准教授(...
Type: ニュース記事
2012-01-05
  全ての細胞は、遺伝情報を司るDNAを正確に複製し、分裂することで増殖を繰り返します。細胞はそれぞれ決まった周期で分裂と増殖を繰り返しており、複製された姉妹染色分体が分離し、染色体DNAが正確に2つの娘細胞に分配される時期を分裂期と呼びます。この時期に染色体は凝縮し、コンパクトで堅さを持った棒状の凝縮染色分体となります。この染色体凝縮は正確な染色体分配のために必須の過程で、...
Type: Event Report
2011-12-26
  God Jul! スウェーデン出身のウルフ・スコグランド教授率いるOIST構造細胞生物学ユニットからスウェーデン語で季節のご挨拶です。   これは、同ユニットの古庄公寿技術員が新たに導入された、集束イオンビーム加工と走査電子顕微鏡の複合装置Helios 650 を使ってシリコン基板上に加工を行ったものです。   ...
Type: Event Report
2011-12-21
全ての細胞は、遺伝情報を司るDNAを正確に複製し、分裂することで増殖を繰り返します。細胞はそれぞれ決まった周期で分裂と増殖を繰り返しており、複製された姉妹染色分体が分離し、染色体DNAが正確に2つの娘細胞に分配される時期を分裂期と呼びます。この時期に染色体は凝縮し、コンパクトで堅さを持った棒状の凝縮染色分体となります。この染色体凝縮は正確な染色体分配のために必須の過程で、...
Type: ビデオ
2011-12-05
  「本質的に予測不可能な事象が数多く集まった結果、心臓が血液を送り出したり、脳が決定を下したりしていると思うと、びっくりしてしまうのです」と話すのは、2011年10月にOISTに着任したばかりのタティアナ・マルケス-ラゴ博士です。同博士が率いるのが...
Type: Event Report
2011-11-14
  量子コンピュータというと、サイエンスフィクションと感じるかもしれません。しかしOIST量子ダイナミクスユニットのデニス・コンスタンチノフ博士の研究によると、架空に思われるこの概念が現実のものとなる可能性があるのです。   上図:ヘリウム上の電子、下図:コンスタンチノフ博士は自由電子によって、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究