2013-01-07
沖縄に生息するオスとメスのハゼ (写真:前田健研究員)
Type: 写真
2013-01-04
 マヘッシュ・バンディ准教授と話していると、彼の話の中に物理学的に分っていること、分かっていないこと、また最近分りかけてきたことなど様々な面白い事実が散りばめられていることに気づきます。バンディ准教授の研究上の関心は、水面の藻の幾何学模様、...
Type: ニュース記事
2012-12-26
Type: 写真
2012-12-26
泡の集合的ネットワークができ始める。Photo by: Tamoghna Das
Type: 写真
2012-12-25
 液体がパイプラインの中を高速で流れるとき、あるいは高速で河床に流れ落ちる瞬間に、渦巻き状の流れが形成され、乱流が生じます。この流れは「渦」と呼ばれ、摩擦抗力を著しく増加させます。摩擦抗力は石油のパイプライン輸送のコストや河川の排水能力を左右する性質を持ち、工学分野で広く応用されていることから、これを解明するためこれまで数多くの研究が行われてきました。  OISTの...
Type: ニュース記事
石鹸水の薄膜に見られる渦
2012-12-25
石鹸水の薄膜上に様々な大きさの渦となって乱流が生じる。写真:Hamid Kellay(仏ボルドー大学)撮影
Type: 写真
水がよどみに現れる乱流の渦
2012-12-25
水流がよどむ場所では様々な大きさの渦となって乱流が生じる。15世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチによるスケッチ
Type: 写真
2012-12-20
水面に浮かぶ疎水性の粒子に、布のようなしわを作っているバンディ准教授。
Type: 写真
2012-12-20
「ワインの涙」の再現。指状になった液体が分裂し、ワイングラスの壁に沿って集まっていく。 Photo by: Mahesh Bandi
Type: 写真
2012-11-30
 空が晴れ渡り、太陽の活動がピークを迎えると、北極付近の空では緑や赤のオーロラが展開されます。そしてその様子は、シーレ・ニコーマック准教授がかつて研究拠点としていたアイルランドのコーク市からも目にすることができます。北極光としても知られる北半球のオーロラは、光と物質の相互作用から生まれる、息を呑むような自然現象です。そこでは地球大気の上層部にある酸素や窒素の原子が、太陽風の中の電子と衝突し、...
Type: ニュース記事
中空の球の周りの光 (画:バネッサ・シパーニ)
2012-11-30
光・物質相互作用ユニットでは、水で満たされた中空の球とナノファイバーから漏れた光を用いて、世界最小レベルのウィルスや化学物質を検出できるバイオセンサーの開発を目指しています。
Type: 写真
中空の球の周りの光 (写真:ジョナサン・ワード)
2012-11-30
光・物質相互作用ユニットでは、水で満たされた中空の球とナノファイバーから漏れた光を用いて、世界最小レベルのウィルスや化学物質を検出できるバイオセンサーの開発を目指しています。
Type: 写真
Subscribe to 研究