2021-04-20
左からジュリアン・マデオ博士(共同筆頭著者)、ケシャヴ・ダニ准教授(上席著者)、マイケル・マン博士(共同筆頭著者)。
Type: 写真
2021-04-20
極小の物理学では、量子の奇妙な概念が適用される。電子は粒子であると同時に波でもあるため、電子の位置と運動量を同時に把握することは不可能である。しかし、励起子の確率雲によって正孔の周囲で電子が存在する確率が高い場所が示される。研究チームは、波動関数を測定して励起子の確率雲の画像を作成した。
Type: 写真
2021-04-20
この装置では、初期の光ポンプパルスで電子を励起して励起子を生成する。その後、即座に極端紫外光を用いた2回目の光パルスで、励起子内の電子を物質から電子顕微鏡の真空中に取り出す。電子顕微鏡では、電子が物質から飛び出したときのエネルギーと角度を測定し、励起子内の正孔の周囲にある電子の運動量を決定する。
Type: 写真
2021-04-20
励起子は、厳密には粒子(particles)ではなく、準粒子(quasiparticles)である(quasi-はラテン語で「ほとんど」という意味)。励起された負電荷の電子と正電荷の正孔が静電気力で引き合うことで生成される。正孔とは、励起された電子の後に残る空間のことで、それ自体が準粒子の一種である。
Type: 写真
2021-04-16
従来のコロナウイルス粒子の形状は、大きな球体に多数の小球が均等に分布しているものだったが、実際の形状は顕著に異なることがわかった。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2021-04-16
より正確なコロナウイルス粒子の形状は、三角形状のスパイクがある。OISTとクイーンズ大学の研究チームは、この形状によってコロナウイルスが人から人へ伝播しやすくなっている可能性があることを発見した。この画像はPhysics of Fluids誌に掲載された研究論文に掲載されている。
Type: 写真
2021-04-16
新型コロナウイルス感染症についての説明はもはや必要ないでしょう。SARS-CoV-2というウイルスによって惹き起こされる感染症が、昨年から全世界に拡散しています。2021年3月末時点での記録によると、推定1億2800万人が同ウイルスに感染し、そのうちの約300万人が死亡に至っています。科学者や政治家がワクチンの開発や配布に奔走する一方で、...
Type: ニュース記事
2021-04-14
OISTのスタートアップ・アクセラレーター・プログラムから生まれた「EF Polymer株式会社(以下EFポリマー)」は、2021年3月末にMTG Ventures、Yosemite LLC、Beyond Next Ventures、エンジェル投資家の鈴木達哉氏(...
Type: プレスリリース
2021-04-12
蛍光センサーで可視化した脳内のニューロン。この蛍光センサーは、ニューロン内の電圧やカルシウム濃度の変化に応じて蛍光強度が変化するもので、本動画は二光子顕微鏡を用いてニューロンを撮影し三次元的に再構成したもの。二光子顕微鏡で蛍光の変化を検出することで、ニューロンの活動をリアルタイムで測定することができる。
Type: ビデオ
2021-04-12
ニューロンは通常、細胞体、樹状突起、軸索からなる。樹状突起は枝分かれした構造で、他のニューロンからの信号を受け取り、軸索は他のニューロンに信号を伝達する。プルキンエ細胞は、脳内のすべてのニューロンの中で、最も広範に枝分かれする樹状突起を持つ。
Type: 写真
2021-04-12
人間の脳には860億個ものニューロンがあり、複雑で広大なネットワークで結ばれています。このネットワークは、私たちの動作、思考、会話や記憶などを制御しており、シナプスと呼ばれる何兆もの接合部を介して重要な情報をやり取りしています。それぞれのニューロンには、このシナプスを介して何千もの信号が常に送られており、その中には重要なものもそうでないものも含まれています。しかし、...
Type: ニュース記事
2021-04-01
ポイント 「ポケモンGO」に登場するポケモン「ガルーラ」は、オーストラリア限定のポケモン。ポケモントレーナーは、彼らその「ガルーラ」を密猟してバトルで戦わせることがよくある。 本研究では、実際の研究で使われるいくつかの種分布モデルのアルゴリズムを用い、既存の人為的影響に加えて気候変動が起こると、将来的にガルーラの分布にどのような影響が出るかを予測した。...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究