2020-04-24
図3 ラット脳幹スライス、カリックス・シナプスにおける麻酔薬の作用。 A:シナプス前末端(プレ)とシナプス後細胞(ポスト)からの活動電位(AP)同時記録。 B:2-200 HzのプレAP(緑)によって誘発されるポストAP。イソフルラン投与前(黒)投与後(赤)。 C:プレの刺激頻度に依存するポストAPの発火率(%)。
Type: 写真
2020-04-24
図2 A:実験方法:頭部を固定したマウスの大脳皮質第5層の32箇所に記録電極を置いて、約150個のニューロンから活動電位の発火を記録した。 B:上段:ランダムに発性する自発性発火に加えて、光感受性イオンチャネルを発現させたシナプス前ニューロンを青色光で刺激すると、刺激直後の一定のタイミングで発火が誘発される。活動電位(AP)発火を黒点表示。200回刺激を繰り返している(Trials)。...
Type: 写真
2020-04-24
図1 意識レベルの低下(上段→下段)に伴う脳波の変化
Type: 写真
2020-04-24
吸入麻酔は古来より、外科手術や動物実験に広く使われています。吸入麻酔薬の作用メカニズムには諸説ありますが、意識レベルの低下をもたらす分子細胞標的は未だに解明されていません。OISTの研究者はラットの脳幹スライスと、活動中のマウスの大脳皮質から、それぞれ電気信号記録を行い、この問題に光を当てました。その結果、シナプス前末端における伝達物質放出量の減少が、...
Type: ニュース記事
2020-04-22
OIST生物複雑性ユニットを率いるシモーネ・ピゴロッティ准教授とポスドク研究員のディーパック・バット博士、ダビデ・キュウキュウ博士、パウラ・ヴィラマーティン博士が、沖縄県内での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と影響を予測する2つの数学モデルを構築しました。...
Type: ニュース記事
2020-04-22
Type: 写真
2020-04-22
生命がどのように進化したかを研究するには、通常では化石に刻まれた記録を調べることが多いですが、これらの記録は不完全であることが多々あります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者は、国際共同研究チームをリードして、われわれ脊椎動物の過去についての手掛かりを明らかにするために化石記録以外のツール、すなわち現生動物の染色体に着目してきました。...
Type: プレスリリース
2020-04-20
日本においても沖縄においても、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっています。ソーシャルディスタンシングや外出自粛などの励行が重要なことはもちろんですが、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちが、自らの専門性を生かし、沖縄社会に貢献すべく全力で活動しています。 N95レベルのマスクを綿あめ製造機で フェイスマスクなど必要な防護具の材料の不足を引き起こしている現状を憂い...
Type: ニュース記事
2020-04-16
共同研究に関わったOIST側のメンバー。左から: ケシャブ・ダニ准教授、共同筆頭著者のアンドリュー・ウィンチェスターさん、ビベック・パリック博士、ソフィア・コーサールさん、クリストファー・ペトコフ博士、マイケル・マン博士、ジュリアン・マデオ博士
Type: 写真
Subscribe to 研究