2020-05-18
「知覚交差パラダイム」実験を実演するフロース准教授。この仮想現実のゲームでは、被験者は振動を頼りに、静止物、移動物体、別のプレーヤー(人間)の仮想アバターと相互作用する。
Type: 写真
2020-05-18
腕の動きの記録・再現が可能なロボットアームを持つフロース准教授(左の写真)と振動によって被験者が障害物を「見る」ことができる小型の感覚代行デバイス(右の写真)。
Type: 写真
2020-05-18
OIST身体性認知科学ユニットを主宰するトム・フロース准教授。
Type: 写真
2020-05-12
(共同プレスリリース) 慶應義塾大学理工学部生命情報学科の舟橋啓准教授、システム・バイオロジー研究機構(SBI)及び沖縄科学技術大学院大学(OIST)の北野宏明教授、ルクセンブルク大学のMarek Ostaszewski博士、Rudi Balling教授、Reinhard Schneider教授ら世界中の研究者が力を合わせて、現在世界中の脅威となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-...
Type: プレスリリース
2020-05-08
(左から)サラ・アブデラールさん(博士課程学生)、ローラン・ギヨー博士(グループリーダー)とマルコ・テレンツィオ准教授(主任研究員)はニューロンの生存に重要な役割を果たす貨物の特定に取り組んでいる。
Type: 写真
2020-05-08
ダイニンは2本の重鎖(水色)、2本の中間鎖(黄色)、4本の中間軽鎖(緑色)とダイニン軽鎖ロードブロックタイプ1(DYNLRB1、オレンジ色)を含む複数の軽鎖からなる。
Type: 写真
2020-05-08
細胞体とニューロンの末端の間の物質輸送を図示するマルコ・テレンツィオ准教授。
Type: 写真
2020-05-08
日常生活における物質の動きは予測・予想ができるものです。ボールを投げると、特定の方向へ移動し、予測可能な反跳を示すと推測できます。さらに、ある物体にかかる力は、離れて独立した別の物体に影響を与えることはありません。 しかし、極めて小さな物体の物理学である、量子力学の法則は、これとは全く異なります。1、2および3粒子系では、1ヵ所で生ずる作用が遠く離れた原子に大きな影響を与えうるのです。...
Type: ニュース記事
2020-05-08
私たちの脳内にはニューロン(神経細胞)という電気配線があり、これが動作や思考、周囲の感知を可能にしています。ニューロンは迅速な情報伝達に特化し、特徴的な細長い形状をしています。ニューロンの最も長く細い部分は軸索と呼ばれ、細胞体からニューロンの先端に電気信号を伝えています。さらに軸索には分子輸送の高速道路としての第二の機能もあり、これはニューロンが正常に機能する上で重要な役割を果たしています。...
Type: ニュース記事
2020-05-08
Type: 写真
2020-04-24
図4 シナプス前末端におけるイソフルランの作用。A: 電位依存性カルシウム(Ca) チャネル電流の可逆的抑制(WO; washout)。サンプルトレース(上段)と電流電圧曲線(下段)。B: Ca流入量(横軸)と小胞開口放出量(縦軸)の関係。Ca流入量が増えると、開口放出が飽和して最大値に達する(黒)。イソフルラン(赤)はCa流入以降の開口放出機構に作用してこの最大値を抑制する。
Type: 写真
Subscribe to 研究