2021-11-04
動画3/3:5000回の試行を経て、エージェントはボールを目的の位置に留めるために必要な力を加える方法を学習した。
Type: ビデオ
2021-11-04
動画2/3:試行錯誤の結果、エージェントはボールを制御する方法を学習し始め、同じ位置にボールを留めるために適切な力を加えるようになる。
Type: ビデオ
2021-11-04
「シュレディンガーの猫」の例は、重ね合わせのパラドックスを象徴している。箱の中に猫と毒の入ったフラスコを入れて蓋を閉じる。しばらくすると、猫は生きていると考えられると同時に死んでいるとも考えられる。これを量子力学に例えると、量子的粒子が2つの井戸に同時に存在している状態である。箱を完全に開けると、猫が生きているのか死んでいるのかが分かるため、日常の古典的な世界の法則に戻る。しかし、...
Type: 写真
2021-11-04
本研究のポイント 日本とオーストラリアの研究チームは、複雑な量子系の粒子を機械学習によって正確に制御できることを初めて明らかにした。 量子系ではあらゆるものによって物体の状態が乱れる可能性があり、制御が困難である。 一方、量子系の制御は、性能の高い量子コンピュータや医用画像処理などの量子技術に利用する上で不可欠である。 より複雑な系において量子の制御をする標準的な方法はないが、...
Type: プレスリリース
2021-10-25
植物エピジェネティクスユニットの研究チームは、実験室で条件を管理してマングローブを育て、塩分濃度の違いによる影響を調査しました。本研究成果は、プレスリリース「ストレスに強いマングローブの遺伝子の秘密を解明」...
Type: 写真
2021-10-25
海側で生育するマングローブ (左)は高い塩分濃度にさらされ、樹高が低く、河川側のマングローブ (右)は塩分濃度が低い汽水域にあり、樹高が高く、幹が太く、葉も大きいことが分かりました。これらの木の調査は、プレスリリース「...
Type: 写真
2021-10-25
本研究のポイント 過酷な環境で生育するマングローブは、ストレス環境に対する驚異的な耐性を進化させてきた。 今回、研究チームは、3億900万の塩基対と推定34,403個の遺伝子を持つオヒルギ(Bruguiera gymnorhiza)というマングローブのゲノムを解読した。 オヒルギは、これまでに知られている他のマングローブよりも大きなゲノムを持ち、その4分の1はトランスポゾンと呼ばれる「...
Type: プレスリリース
2021-10-20
賦活睡眠のような状態にある生後3カ月のコウイカ(セピア・ラティマヌス)。本画像は、ニュース記事「イカと話す研究者」の関連画像です。提供:テレサ・イグレシアス博士。
Type: 写真
2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
2021-10-15
本動画の2匹のマウスのうち、一方は正常体重で、他方は前脳でXRN1が欠損しているために肥満体である。本動画のマウスは先日iScience誌に発表された研究に使用されたもので、本動画はプレスリリース「食欲や肥満を制御するタンパク質を発見...
Type: ビデオ
2021-10-15
本研究のポイント 肥満の根本的な分子レベルの原因は解明されていない。 本研究では、マウスの前脳でmRNAの分解に重要な役割を担うタンパク質であるXRN1をなくすと、食欲増進と肥満を引き起こすことを明らかにした。 XRN1欠損マウスは、レプチンという食欲を抑制するホルモンと、インスリンという血糖値を調整するホルモンの両方が効かないという抵抗性を示した。 XRN1欠損マウスは、...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究