2020-11-12
概要 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者はこの度、上陸したハリケーンの勢力が弱まるまでに以前より時間がかかるようになっているのは、気候変動の影響による、との研究を発表しました。本論文は11月12日に学術誌「ネイチャー」に掲載されました...
Type: プレスリリース
2020-10-30
ハリケーンが上陸してから弱まるまでの時間と海面水温の間に強い相関関係があることを発見
Type: 写真
2020-10-30
左のグラフは、50年前のハリケーン(青)に比べて、現在のハリケーン(赤)は平均的な勢力の衰え方がゆるやかになっていることを示す。右のグラフでは、現在のハリケーン(赤)の減衰が遅いことで、より強い勢力を持って内陸に侵入することを意味する。ハリケーンが陸地に突進し、標準的な速度として秒速5メートルで前進していることを示す。
Type: 写真
2020-10-29
研究チームは、Y字型迷路の左右の側管に腕を入れるようにタコを訓練した。餌は迷路の左右両側に入っているが、不正解の方の餌は網で遮られている。写真は、タコが正しい側管を選択して報酬の餌を掴んでいる様子を示す。
Type: 写真
2020-10-29
タコは、エイリアンと異名がつくほど、地球上で最も奇妙な生物の1つで、3つの心臓と8本の手足、そして高い知能を持ちます。非常に柔軟で多用途に使える8本の腕で、瓶を開けたり、パズルを解いたり、水槽から脱出したりすることができます。しかし、タコがどのようにして8本すべての腕をコントロールしているかについての詳細は未だに謎のままであり、研究者たちが現在も解き明かそうとしています。...
Type: プレスリリース
2020-10-23
ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)のシンクタンクである株式会社ミサワホーム総合研究所(代表取締役社長 千原勝幸)と沖縄科学技術大学院大学(OIST)(学長 ピーター・グルース) は、2015年に締結した共同研究契約に基づき研究を重ねてきた地域・コミュニティプロジェクト「蒸暑地サステナブルアーキテクチャー」にて、中国の国際デザイン賞であるDIA(Design...
Type: プレスリリース
2020-10-22
太平洋を約8,000km隔てているにもかかわらず、沖縄とハワイの人々には、多くの共通点があります。ともに小さな島々からなる群島から成っているということは、生活が陸と海の両方に支えられていることを意味します。また、環境及び経済面でサスティナビリィティ(持続可能性)が重要であること、そして資源を大切にする人材を育てていくことが重要である、という認識を共有しています。 さらに、...
Type: ニュース記事
2020-10-19
アリは地球上で最も成功している動物のグループの一つで、温帯土壌から熱帯雨林、砂漠砂丘、さらにはあなたの家の台所まで、あらゆる場所に生息しています。アリは社会性昆虫であり、そのチームワーク力は、長い間アリの成功の重要な要因の一つとされてきました。アリは自分の体重の何倍もの物を持ち上げたり、引っ張ったりして巣に持ち帰ることができることはよく知られています。しかし、...
Type: プレスリリース
2020-10-19
OISTとソルボンヌ大学の研究チームは、働きアリの飛行能力の喪失が、個体の強さの進化に直結しているという仮説を調査しました。詳しくはこちらの動画をご覧ください。
Type: ビデオ
2020-10-19
右は働きアリと女王アリ(体が大きく翅がある)。出典:Philip Gronski
Type: 写真
2020-10-19
Christian Peeters博士
Type: 写真
2020-10-19
左の写真はサハラギンアリの働きアリ。出典:Philip Hönle
Type: 写真
Subscribe to 研究