2021-07-26
 シークワーサーは、沖縄経済において重要な特産品であり、様々な製品の原料として利用されています。県内では、大宜味村と名護市勝山が最大の生産地です。写真(上):名護市勝山産の製品。出典:有限会社勝山シークヮーサー 。写真(下): 大宜味村産の製品。 出典:  Hidekazu Sumi 本画像は、プレスリリース「沖縄の「シークワーサー」、出自の謎が明らかに」に掲載されています。
Type: 写真
2021-07-26
本研究のポイント マンダリン類に属する柑橘類は、農産品として経済的に重要な価値を持っているが、種の多様化の過程については謎であった。 研究チームは、東アジアの品種のゲノムを解析し、これまで多様性の中心として知られていた中国南部の山岳地帯に加えて、琉球列島にも豊かな多様性の中心があることを発見した。 沖縄の在来種が、...
Type: プレスリリース
2021-07-26
沖縄県大宜味村で撮影されたシークヮーサーの花。よく知られた植物であるが、交配種とクローンの両方を含むことがわかった。提供:杉本親要博士。 本画像はプレスリリース「沖縄の「シークワーサー」、出自の謎が明らかに」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-14
本研究のポイント: サンゴは生きていく上で単細胞の光合成藻類・褐虫藻と共生することが必須であるが、本研究で初めて、造礁サンゴの細胞が褐虫藻を取り込む瞬間を観察した。 本研究では、先行研究で培養に成功した造礁サンゴ・ウスエダミドリイシの細胞系である培養株「IVB5」を使用したが、この細胞はサンゴの内胚葉細胞の性格を持っている。 サンゴ細胞の約40%が30分以内に褐虫藻を取り込み、...
Type: プレスリリース
2021-07-13
森林破壊は、木材や鉱山、農業などの目的で土地や資源を利用するために、以前は森林であった場所から木々を取り除くことです。保護区の重要な目的の一つは、こうした森林破壊を防ぐことで森林を保全することです。OISTのサイエンス・テクノロジーアソシエイトのパヤル・シャー博士は、衛星画像と統計ツールを用いて、国レベルでの保護地域の有効性を判断し、...
Type: 写真
2021-07-13
本研究のポイント 研究チームは、比較的新しい自然保護区で、こうした保護区が森林減少にどの程度効果があるか世界規模の調査を行った。 自然保護区の保全効果を国別に調査した本研究では、南アフリカ、カンボジア、ラトビア、グアテマラ、ウルグアイ、ブラジル、ニュージーランドで高い保全効果が見られた。 研究チームは、2000年から2012年に設定された自然保護区全体で、86,...
Type: プレスリリース
2021-07-13
OISTの研究者であるパヤル・シャー博士は、自然保護区の保全効果に関する世界規模の研究を行い、国別に「最も低い」(赤)から「最も高い」(深緑)までの範囲で評価しました。
Type: 写真
2021-07-08
褐虫藻は単細胞で光合成能をもった藻類で、サンゴが健全に生きていくために必須です。海洋ゲノム科学研究部門を率いる佐藤矩行教授は、サンゴ(動物)と褐虫藻(藻類)がどのような相互作用を通して共生し、それがどのように崩れて白化するのかを、培養細胞系を駆使して研究しています。
Type: ビデオ
2021-07-08
海水上昇の波が世界のあちこちで起き、サンゴは微細藻類である褐虫藻を失い、白化しています。OISTでは、海洋ゲノム科学研究部門を率いる佐藤矩行教授が、サンゴ(動物)と褐虫藻(藻類)がどのような相互作用を通して共生し、それがどのように崩れて白化が起こるのかを、培養細胞系を駆使して研究しています。
Type: 写真
2021-07-02
2019年のOISTの研究論文に記載されたダンゴイカの新種であるブレナーミミイカを同論文の共著者であるジェフリー・ジョリーさんが撮影した画像です。本画像は、プレスリリース「ダンゴイカ類の多様性が約6,600万年前の生物大量絶滅に起因していることを発見」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-02
スタッフサイエンティストのダン・ウォーレン博士とサイエンスコミュニケーターのルシー・ディッキーは、収録スタジオのすぐ外でポケモン探しを行いました。本画像は、ニュース記事「『ポケモンGO』からサンゴ礁魚類まで」の関連画像です。
Type: 写真
2021-07-02
ダンゴイカ類とミミイカダマシ類は、世界各地の海に生息する小さな海洋無脊椎動物で、研究に有用なモデル動物でもある。 ダンゴイカ類は68種、ミミイカダマシ類は5種が確認されているが、それら分化した時期は明らかになっていない。 OISTは、広島大学やアイルランド国立大学ゴールウェイ校の研究チームと共に32種のダンゴイカ類やミミイカダマシ類を採取した。 進化における各種の関係を推定するために、...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究