2021-10-20
賦活睡眠のような状態にある生後3カ月のコウイカ(セピア・ラティマヌス)。本画像は、ニュース記事「イカと話す研究者」の関連画像です。提供:テレサ・イグレシアス博士。
Type: 写真
2021-10-15
iScience誌に掲載された新たな研究では、前脳でXRN1が欠損した変異マウスを作製しました。XRN1は、mRNAの分解に重要な役割を果たすタンパク質です。研究チームは、変異マウスの視床下部では、食欲を刺激する分子であるAgRPの産生が増加していることを発見しました。また、血中のレプチン、インスリン、血糖の濃度も上昇し、脂肪をエネルギー源として有効に利用できなくなっていました。...
Type: 写真
2021-10-15
本動画の2匹のマウスのうち、一方は正常体重で、他方は前脳でXRN1が欠損しているために肥満体である。本動画のマウスは先日iScience誌に発表された研究に使用されたもので、本動画はプレスリリース「食欲や肥満を制御するタンパク質を発見...
Type: ビデオ
2021-10-15
本研究のポイント 肥満の根本的な分子レベルの原因は解明されていない。 本研究では、マウスの前脳でmRNAの分解に重要な役割を担うタンパク質であるXRN1をなくすと、食欲増進と肥満を引き起こすことを明らかにした。 XRN1欠損マウスは、レプチンという食欲を抑制するホルモンと、インスリンという血糖値を調整するホルモンの両方が効かないという抵抗性を示した。 XRN1欠損マウスは、...
Type: プレスリリース
2021-10-05
ヨロイボウズハゼのオスと、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中で新種記載された新種キジムナーボウズハゼのオス、そして種不明のメスの動画。これらのハゼは、特に流れの強い場所を好み、...
Type: ビデオ
2021-10-05
沖縄の川で観察されたヨロイボウズハゼの求愛行動。鮮やかな婚姻色を呈したオス(右)が、鰭を広げ、下半身を少し持ち上げ、種特有の模様をメス(左)にアピールする。この求愛行動は、海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
ゲノム全体における特定部位の配列の変異を解析した結果、ヨロイボウズハゼ属のオスが4系統に区別され、それぞれ4つの色彩型と完全に一致することが示された。白抜き灰色のシンボルは各種のメスを示す。オスとは異なり、メスの体色には種による違いが見出されなかった。海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-10-05
(左)沖縄の川で見つかったブナガヤボウズハゼのオス。(右)フィリピンのパラワン島の川で見つかったLentipes palawanirufusのオス。両種とも海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した論文中...
Type: 写真
2021-10-05
(左)ヨロイボウズハゼ属の日本唯一の既知種であったヨロイボウズハゼLentipes armatusのオス。(右)沖縄の川で見つかったキジムナーボウズハゼLentipes kijimunaのオス。後者は海洋生態進化発生生物学ユニットの前田健博士らが発表した...
Type: 写真
2021-10-05
本研究のポイント 沖縄から2種、フィリピンのパラワン島から1種の新種のハゼ(魚類)が発見されました。 3種は、既知のヨロイボウズハゼLentipes armatusによく似ていますが、オスはそれぞれ種特有の赤い模様を持っています。 沖縄で見つかった2種は、赤色で描かれることが多い沖縄の精霊、キジムナーやブナガヤを連想させることから、それぞれキジムナーボウズハゼLentipes...
Type: プレスリリース
2021-09-17
スイス連邦工科大学チューリッヒ校の研究チームは、密閉した水槽内に乱流を発生させ、繊維の動きを追跡した。本画像は、プレスリリース「ファイバートラッキング(繊維追跡法) で乱流の重要な新事実が判明」の関連画像です。
Type: 写真
Subscribe to 研究