2019-09-06
    量子コンピューティングは、微細粒子の謎めいた特性を利用して複雑な情報を処理します。しかしこの量子システムは脆弱でエラーが発生しやすく、役立つ量子コンピューターはいまだに実現していません。     この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
2019-09-04
キャプション:この図は実験で使用した液体ヘリウムと平行コンデンサプレートを含む銅のセルを表しています。 マイクロ波の照射が電子の量子状態を励起します。
Type: 写真
2019-08-26
     DNAシーケンシングは医療に欠かせないテクノロジーですが、結果が出るまでに時間がかかるという技術的な課題があります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)はDNAと酵素が相互作用する様子をリアルタイムでモニタリングする技術を異分野間の研究者らによる共同研究で開発することに成功しました。今後DNAシーケンシングへの応用が期待されます。  ...
Type: ニュース記事
2019-08-26
DNA、酵素、その他DNA複製に必要な化合物を一つの液体の中に溶かし、プラスチックのチップ上に流し込む(「fluid in」)。チップ上でDNA(「基質(substrate)))がキノコ型ナノ構造に付着、同時に化学反応が起こる。反応に伴う吸光度の変化をセンサーが検知し、結果がスクリーンに伝送される。
Type: 写真
2019-08-26
小型のプラスチック製チップに試料を流し込んだ際に起きる化学反応をチップの上方に設置した光センサーで感知し、リアルタイムで結果を読み取る。
Type: 写真
2019-08-19
 自然界には、生物機能を示す複雑な分子がたくさんあります。このような分子は医薬品として有用ですが、それらを天然の植物や海洋産物から大量に抽出するのは、多くの場合、困難です。また、これらの分子を実験室で合成することも可能ですが、通常、多段階を要し、その合成研究は、通常、容易ではありません。今回、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者は、医薬品開発に有用と考えられるスピロピランポリサイクル(...
Type: ニュース記事
2019-08-19
スピロピランポリサイクルの合成(本論文より引用)
Type: 写真
2019-08-19
研究チームにより報告された、スピロピランポリサイクルの鏡像体セットの一例
Type: 写真
2019-08-09
   太陽電池の素材として現在市場で圧倒的に普及しているのはシリコンです。シリコンは安定性があり、価格も安く、太陽エネルギーを電気へ変換する変換効率も優れています。シリコンにとって代わるための新素材は、これらの点においてシリコンよりもさらに優れてかつ低コストでなければなりません。上海交通大学、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFLローザンヌ)、沖縄科学技術大学院大学(...
Type: プレスリリース
2019-08-05
CsPbI₃(赤で示された中央の層)から隣接する層への電子の損失を最小限に抑えるため、すべての層のエネルギーレベル(グラフ上のeV)が似たような値であることが重要。
Type: 写真
2019-08-05
ペロブスカイト材料は、高効率かつ低コストのため、太陽光発電開発の世界で人気を集めている。光が材料内の電子を励起させ、それが電気として流れる。上記の画像“Dancing atoms in perovskite materials provide insight into how solar cells work”は、米国SLAC国立加速器研究所によるもので、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC...
Type: 写真
2019-07-30
 微小な寄生動物であるニハイチュウ(二胚動物)はわずか30個の細胞からなるため、単細胞動物である原生動物と多細胞動物である後生動物の中間的な位置にある動物とされており、中生動物と言われています。体は基本的に3つの部分から構成されていますが、動物界にいる普通の動物よりもずっと単純です。しかし、もとは海にいる普通の無脊椎動物と同じような体をもっていたということが、最近明らかになりました。...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究