2020-01-16
  「トポロジストにはドーナツとコーヒーのマグカップを区別できない」というジョークは、言い古されたトポロジーの世界のジョークです。トポロジーとは、図形を曲げたり伸ばしたり、変形したりする時に保たれる幾何学的特性に関する数学の一分野です。OIST応用トポロジー・ユニット...
Type: ニュース記事
2020-01-16
オフィスで説明するファイトナー・コズロフ教授
Type: 写真
2020-01-14
 機械学習は過去数十年間にわたって社会の多くの分野に革命をもたらし、車の運転、腫瘍の特定、チェスなどの多くの場面で、学習した機械が人間を凌駕するケースがでてきています。  沖縄科学技術大学院大学(OIST)とミュンヘン大学、ボルドー大学国立科学研究センターの研究チームは、理論物理学者が考案した複雑な問題をコンピュータが正確に、かつ研究者よりはるかに高速に解決することが可能であることを示しました...
Type: ニュース記事
2020-01-10
パイロクロアは四面体形の頂点に磁性原子が並んだ結晶格子構造をもち、それぞれの頂点が隣の格子と結合している。
Type: 写真
2020-01-10
コンピュータが再現した状態図。実線と点線は研究者が以前の研究で機械学習なしで調べた境界線。
Type: 写真
2020-01-10
 日本では19世紀後半から真珠養殖が盛んに行われ、美しい真珠を広く養殖・商品化できるようになりました。一方、遺伝学的、進化論的な観点では、真珠の母貝であるアコヤガイ(Pinctada fucata)について、これまでほとんど理解されてきませんでした。沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニット...
Type: プレスリリース
2020-01-09
 食品サンプル中の有害な病原体など、物質中の生体物質を光を利用して検出するバイオセンサーを沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが開発しました。  現在標準的に用いられるバイオセンサーは、感度及び精度の面で限界があります。個々の分子ではなく、分子が集積した効果しか検出できません。しかし本研究チームが[1] 開発した装置は、標準の280倍も高い感度があります。  OIST...
Type: ニュース記事
2020-01-08
ドール研究教育機関(IDOR)画像診断特別室にあるfMRI装置。fMRIは、脳のある領域における神経活動の亢進を間接的に検出するため、高濃度に酸素を含んだ血液から脱酸素化された血液まで測定するために用いられる。
Type: 写真
2020-01-08
スロットマシンで「み」を見せると、参加者は66%の確率でお金を受け取れる。スロットマシンで「そ」と表示されると、お金を受け取れない。
Type: 写真
2020-01-08
赤色の点はこの研究で調べられた線条体の領域。研究者らは線条体領域と内側前頭前野領域(青い点)との相関を計算した。
Type: 写真
2020-01-08
 注意欠如多動性障害(ADHD)は多動、不注意、衝動性の行動を特徴とする神経生物学的障害です。ADHDを持つ人に対しては、メチルフェニデートという精神刺激薬がよく処方されています。しかしその薬がどのように作用するかについては完全にはまだ理解できていません。  今回、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、ヒトの脳のある領域がメチルフェニデートにどのように反応するかを明らかにしました。...
Type: ニュース記事
2020-01-08
左側にある図は、焦点をずらしたマイクロバブル共振器(上)と焦点の合っているマイクロバブル共振器(下)の光熱マップ2枚。右側にある2枚の写真は異なる形状の2つのマイクロバブル共振器の光学顕微鏡写真2枚。図中の白色スケールバーの長さはいずれも20μm。 画像提供: ACS Nano; https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsnano.9b04702...
Type: 写真
Subscribe to 研究