2020-09-18
この単純な行動実験では、ラットが、彼らにとっては不快な明るい照明下で提供される質の良い餌と、彼らにとって心地の良い薄暗い照明下で提供される質の低い餌のいずれかを選択する。ラットがどちらの選択をするかは、視床下部からの信号が影響している可能性がある。
Type: 写真
2020-09-18
視床下部のニューロン(赤色)は、前頭前皮質(灰色)内の領域である前辺縁皮質(青色)へとつながっている。
Type: 写真
2020-09-18
私たちは毎日、数え切れないほどの決断を下しています。そのほとんどは、食べるものや着るものを選ぶといった小さくて取るに足らないものです。しかし、例えば成績を上げるために友人と過ごす代わりにもっと勉強する、と決断する時のように、より複雑で潜在的な損益を考慮しなければならない場合もあります。 このような意思決定は、私たち自身の価値観や好みによって形成されていますが、...
Type: プレスリリース
2020-09-16
日常生活において温度を測ることはいとも簡単なことです。しかし、極小・極低温の量子の世界では、ものの熱さや冷たさを測定するのはより困難です。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちは、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、トリニティ・カレッジ・ダブリンとの共同研究で、単一の原子を温度計に見立てて、冷却原子ガスの温度を高感度で測定する量子プロセスを記述しました。 「...
Type: プレスリリース
2020-09-14
プルキンエ細胞の集団が急速に発火すると、同期が緩くなる。これは一定間隔で発生する集団スパイクにより観察できる(黄色の楕円形で表示)。プルキンエ細胞の発火が遅い場合、このような同期は発生しない。
Type: 写真
2020-09-14
沖縄科学技術大学院大学(OIST)計算脳科学ユニットの研究により、ある重要な脳細胞のユニークな特性を、コンピュータモデルが再現して説明可能なことが初めて明らかになりました。...
Type: プレスリリース
2020-09-11
ナノスパイクにより吸収される光の波長は局所的な環境によって変化する。この原理が、タンパク質被覆ナノスパイクに結合した抗体の存在とその量を検出する基本となります。
Type: 写真
2020-09-11
緑色の矢印はシリンジポンプの働きによりサンプルがチップ内を流れる方向を示す。
Type: 写真
2020-09-11
OISTマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットの研究チームにより開発された抗体検査プラットフォーム
Type: 写真
2020-09-11
抗体検査は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の原因であるSARS-CoV-2ウイルスとの闘いにおける重要な戦略として浮上してきています。しかし、現在の抗体検査法は世界的規模で実施するにはまだ精度が低いか、値段が高すぎることが課題です。そんな中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームが、迅速で信頼性が高く、しかも低価格の抗体検査法を開発しました。...
Type: プレスリリース
2020-09-09
極低温世界での原子の研究において、1日の取り組みを終えたトーマス・ブッシュ教授(左)、トーマス・フォガティ博士
Type: 写真
2020-08-31
概要 沖縄科学技術大学院大学(OIST)細胞シグナルユニットは、理化学研究所生命医科学研究センターとの共同研究により、私たちの全身で発現しているタンパク質「...
Type: プレスリリース
Subscribe to 研究