2019-07-18
今回Nature誌に掲載された論文において、研究者は世界で初めて分子レベルでの熱伝導の測定と理論的説明に成功した。図では、...
Type: 写真
2019-07-18
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らを含む国際研究者チームは、数年にわたって2つの金の電極間に接合された単一分子を通る熱伝達の問題に取り組んできた結果、ついにその測定と理論化に成功しました。 この成果は2019年7月xx日付の...
Type: プレスリリース
2019-07-11
 寿命の長さが同じだからといって、生活の質が同じだとは限りません。人類の寿命が延びるにつれて、質の高い生活を送ることができる「健康寿命」をいかに延ばすかが重要になってきています。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者たちは、線虫(C. elegansセンチュウ)の健康寿命を制御する遺伝子を明らかにしました。  研究チームは、線虫の老化に伴い、elpc-...
Type: プレスリリース
2019-07-11
シャーレの端に配置された餌まで移動する線虫をテストする実験の新手法「エッジ・アッセイ」を用いると、数百匹の線虫の運動機能を同時に調べることができる。
Type: 写真
2019-07-11
elpc-2遺伝子は線虫のからだ全体に発現し、加齢に伴って運動機能に重要な役割を果たす。
Type: 写真
2019-07-04
 注意欠如多動症(ADHD)を持つ日本人の子どもたちは、ADHDを持たない子どもたちよりも罰に対しての感受性が高いと、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究で報告されました。調査結果は、米国とニュージーランドの児童を対象とした研究結果を日本で再現したものであり、ADHDを持つ子どもたちにおける共通の特徴が示されました。本研究結果は、ADHDの症状に対処する際にも意味あるものとなるでしょう...
Type: ニュース記事
2019-07-04
ADHDを持っていない子どもたちよりもADHDを持つ子どもたちの方が、罰に対する感受性が高まるということが、コンピューター・ゲームを使用した調査を通して判明した。
Type: 写真
2019-07-03
研究用のサンゴ定着タイル
Type: 写真
2019-07-03
サンゴ礁表面
Type: 写真
2019-07-03
(共同プレスリリース)  Marine Ecology Progress Series誌の新たな研究によると、サンゴ礁が赤道海域から離れ、より穏やかな気候の地域に生息する傾向にあります。研究者らは、熱帯のサンゴ礁における若いサンゴの数が過去40年間で85%...
Type: プレスリリース
2019-07-02
 自分でゼロからケーキを作るのでさえ難しいのに、細胞のようなシステムを人工的にゼロからつくるなんて、全く次元の違う話。そう終わらせないでください。  「細胞をゼロから合成することは、生命とは何かを理解する上で非常に重要なことです。」と、沖縄科学技術大学院大学(OIST)核酸化学・...
Type: プレスリリース
2019-07-02
Journal of the American Chemical Society誌に掲載された本研究では、ヒスタミンを感知する人工細胞を合成した。ヒスタミンを感知すると、人工細胞は細胞膜を分解する酵素を合成し、自己破壊した。画像上列がヒスタミンなし、下列がヒスタミンありの細胞像...
Type: 写真
Subscribe to 研究