2019-11-12
 ゴマ粒ほどの体長のアリが、拡張現実(AR)の世界では、ライオンと同じ大きさになり得るのです。  ARは、実在する風景にスクリーン上のコンピュータグラフィックス(CG画像)を重ねることで、インタラクティブで「まるで現実のような世界」をつくり出します。これはビデオゲームなどで、現実とCGを融合するためによく使われるテクノロジーです。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: プレスリリース
2019-11-12
OISTの研究者たちは、研究成果を体験できる新たな方法として、ARのアプリInsects3Dを開発した。このアプリは、フィジー共和国に生息するウロコアリ属(別名ミニチュア・トラップ・ジョー・アント)...
Type: ビデオ
2019-11-08
Scientists from the Biodiversity and Biocomplexity Unit at OIST captured high resolution photos of the ants. Each species is named...
Type: 写真
2019-10-31
沖縄のサンゴ礁保全をミツバチがお手伝い。どうやって?  
Type: ビデオ
2019-10-30
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、様々な症状を伴い、その原因も複雑です。メチルフェニデートと呼ばれる精神刺激薬は、ADHD治療薬として一般的に使用されており、脳の報酬系に関与する神経伝達物質であるドーパミンレベルに影響を与えます。しかしメチルフェニデートは服用が乱用される可能性があり、また、治療効果については十分にはわかっていません。  ...
Type: ニュース記事
2019-10-30
ラットの脳におけるドーパミン放出を調べる実験データを考察するジェフ・ウィッケンス教授とカビンダ・リヤナガマ技術員
Type: 写真
2019-10-21
 認知科学者は、コンピュータのシミュレーションにより人間の脳内の働きをモデル化していますが、現行のモデルの多くは本質的な部分に誤りが生じがちでした。  このほど、沖縄科学技術大学院大学(OIST)認知脳ロボティクス研究ユニットの研究者らが、...
Type: ニュース記事
2019-10-21
認知脳ロボティクス研究ユニットの研究者らは、現実の世界で何が起きているかに基づき、私たちの脳がどのように予測を行うかをシミュレーションするため、ロボットを使用しました。
Type: 写真
2019-10-18
     シロアリは生態系の中で分解者として重要な役割を担っているにもかかわらず、研究対象として見落とされがちな生き物です。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の進化生物学者らは、この小さな昆虫の新たな系統樹を構築し、その進化の歴史について思いがけない発見をしました。      研究チームは...
Type: プレスリリース
2019-10-16
 触媒は、表面の電荷とその電荷の移動の仕方によってその作用が影響されます。電荷移動の研究はこれまで、高価で時間のかかる複雑なイメージング技術に頼ってきました。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、この度、複雑な機器に頼らずに電荷移動を研究する新たな方法によって、リアルタイムでの触媒の観察を簡素化する手法を発表しました。  本論文では、...
Type: ニュース記事
2019-10-16
装置ではまず、ルテニウムのナノクラスター(Ru)を支持体に取り付け、200℃に加熱します。時間の経過とともに、金属が空気中の酸素と反応し、酸化ルテニウム(RuOx)が形成されますが、この反応は支持体の電流の変化として検出され、触媒プロセスがどのように進むのかを説明することができます。
Type: 写真
2019-10-11
     脳は、神経回路が重なり合う迷路のようなネットワークで、活動を促進する回路と、抑制する回路が存在しています。 これまで行われてきた研究でもっぱら焦点が当てられてきたのは興奮性回路でしたが、今では抑制性回路も、脳の機能において同様に重要な役割を果たすことがわかってきています。この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
Subscribe to 研究