2020-03-31
Type: 写真
2020-03-31
通りを歩いている人々が交差点に差し掛かるのを眺めていて、一人ひとりの歩行者が、どの方向に進むかを予測するのは難しいかもしれません。でも、いくつかのボートが小川に浮かんでおり、その小川が2方向に分岐している場合、すべての場合ではないにせよ、ほとんどは片方の分岐、すなわちより強い流れの方向に流されていく傾向があることは予測できると思います。 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の...
Type: ニュース記事
2020-03-27
私たちの体内に潜む病気や異物を検知したり、栄養源や毒素の場所を探知することのできる能力はすべて、細胞を取り巻く多種の化学物質の「カクテル」と、これらの化学物質を「読む」細胞の能力によって決まります。 細胞というのものは、非常に敏感です。実際に、私たちの免疫システムはたった1つの異質な分子またはイオンの存在に反応することができます。 しかし、細胞がこのような高い感度をどうやって得ているのかは、...
Type: ニュース記事
2020-03-26
Type: 写真
2020-03-23
「フォスフォレン」は厚さが原子1個分しかないリンの単原子層シートです。2014年に発見されて以来、その光電子異方性、つまり光子と相互作用する電子が一方向にのみ移動する、という特性が研究者たちの関心を集めています。フォスフォレンはこの異方性のため、二次元物質であるにもかかわらず一次元と二次元の両方の特性を持っています。フォスフォレンの擬一次元の性質は他の物質では見られないもので、...
Type: ニュース記事
2020-03-23
OISTレーザーラボにて、フェムト秒分光法ユニットのビベック・パリックさん(左)とジュリアン・マデオ博士(右)
Type: 写真
2020-03-23
励起子密度が低いと、相互作用は特定の方向に沿って一次元でのみ発生する(左図)。励起子密度が高いと、相互作用は両方向に沿って二次元で発生する(右図)。
Type: 写真
2020-03-23
励起子-励起子消滅は、2つの励起子が相互作用することによって起きる。一次元系相互作用(左図)と二次元系相互作用(右図)は異なる特徴を持つ。一次元系における励起子相互作用は、スクールバスの中で並んで座って話している子どものようなもので、例えば励起子4は、隣の励起子3または5とは相互作用できるが、空間的な制約により励起子1や2とは相互作用できない。これに対して、二次元系では運動場で遊ぶ子どものように...
Type: 写真
Subscribe to 研究