アリの描写
2015-02-03
オープンキャンパス2015にてアリの絵を描く子どもたち。
Type: 写真
 顕微鏡
2015-02-03
オープンキャンパス2015にて顕微鏡をのぞいてアリを観察する女の子。
Type: 写真
ラボツアー
2015-02-03
オープンキャンパス2015にて普段は見ることのない研究の現場に足を踏み入れる来場者。
Type: 写真
水中ロボット
2015-02-03
オープンキャンパス2015にて海洋調査員になったつもりで水中ロボットを操作する子供たち。
Type: 写真
ロボットルーム
2015-02-03
オープンキャンパス2015にてロボットを軽く叩いて進行方向を誘導する子どもたち。
Type: 写真
地震実験デモ
2015-02-03
OISTオープンキャンパス2015にて博士課程の学生アンクル・ダールさんの助けを借りて、地震が起きた際に、建物の一方の壁面が別の壁面よりも丈夫なのはなぜかを考える少年。
Type: 写真
2014-03-31
 OISTはこのほど、男女平等タスクフォースを設立しました。このタスクフォースの目的は、OISTの理念の中に男女の均等な機会及び待遇を確実に取り入れることです。本学はすでに基本的価値観(コア・バリュー)を定めており、その中で、「本学では、多様性が尊ばれ、コミュニティーに属する全ての人に対して、等しく機会が与えられる」と述べられています。このタスクフォースでは、...
Type: ニュース記事
2013-07-03
 沖縄県立芸術大学美術工芸学部とOISTの共同企画によるアート展「A Crossing of Minds 思考的×身体的 科学×芸術」が6月27日からOISTで始まりました。芸術大学の教員16名による彫刻や陶芸、デザインの作品17点がOISTのキャンパスの至る所に展示されています。  本企画展の開催を記念して28日に沖縄県立芸術大学の佐久本嗣男学長や先生方をお迎えし、...
Type: ニュース記事
2013-07-03
6月29、30日に「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」(主催:環境省、沖縄県、共催:OIST、琉球大学)がOISTキャンパスにて開催されました。石原伸晃環境大臣がキャンパスを視察し、太陽電池の新しい素材を開発するエネルギー材料と表面科学ユニット(ヤビン・チー准教授)やサンゴなどの海洋生物のゲノム研究を行うマリンゲノミックスユニット(佐藤矩行教授)の研究室を見学しました。
Type: 写真
2013-07-03
6月29、30日に「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」(主催:環境省、沖縄県、共催:OIST、琉球大学)がOISTキャンパスにて開催されました。石原伸晃環境大臣がキャンパスを視察し、太陽電池の新しい素材を開発するエネルギー材料と表面科学ユニット(ヤビン・チー准教授)やサンゴなどの海洋生物のゲノム研究を行うマリンゲノミックスユニット(佐藤矩行教授)の研究室を見学されました。
Type: 写真
2013-07-03
6月29、30日に「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」(主催:環境省、沖縄県、共催:OIST、琉球大学)がOISTキャンパスにて開催されました。石原伸晃環境大臣がキャンパスを視察し、太陽電池の新しい素材を開発するエネルギー材料と表面科学ユニット(ヤビン・チー准教授)やサンゴなどの海洋生物のゲノム研究を行うマリンゲノミックスユニット(佐藤矩行教授)の研究室を見学されました。
Type: 写真
Subscribe to 広報