2021-03-22
ペアエンドショットガンシーケンシングは、まずヒトゲノムのコピーを複数作成し、各コピーを小さな断片に「ショットガン」で裁断してランダムな位置で分割する。断片の末端の配列を解読し、コンピュータアルゴリズムで重複する末端を合わせてゲノムを元の形につなぎ合わせる
Type: 写真
2021-03-19
数世紀前の生物学者の目には、生物の世界は混乱してしまうほど多様に映ったことでしょう。バクテリアや盆栽の木とネズミやキノコの間には、生きているという事実以外に何か共通点を見出すことができたでしょうか?しかし、19世紀から20世紀にかけて生物学的発見が相次ぎ、科学者たちは、この地球上のすべての細胞生物が共通して持っているものー共通の祖先から受け継がれた言語ーを発見しました。それは、...
Type: ニュース記事
2021-03-17
有機光エレクトロニクスユニットを率いる嘉部量太准教授
Type: 写真
2020-07-13
Prof. Mary Collins
Type: 写真
2020-05-21
心とは何でしょうか。何千年にもわたって、哲学者や宗教家、科学者たちがこの問いに対する答えを見つけようと試みてきました。しかし、いまだに心の性質は解明されていません。認知科学の世界で20世紀半ばに注目を集めたのが、心の計算理論と呼ばれるものです。心は切り離されたコンピュータであり、脳が環境から情報の入力を受け取り、その情報を処理して、特定の行動や相互作用をデータとして出力するという理論です。...
Type: ニュース記事
2020-05-18
「知覚交差パラダイム」実験を実演するフロース准教授。この仮想現実のゲームでは、被験者は振動を頼りに、静止物、移動物体、別のプレーヤー(人間)の仮想アバターと相互作用する。
Type: 写真
2020-05-18
腕の動きの記録・再現が可能なロボットアームを持つフロース准教授(左の写真)と振動によって被験者が障害物を「見る」ことができる小型の感覚代行デバイス(右の写真)。
Type: 写真
2020-05-18
OIST身体性認知科学ユニットを主宰するトム・フロース准教授。
Type: 写真
2020-05-08
(左から)サラ・アブデラールさん(博士課程学生)、ローラン・ギヨー博士(グループリーダー)とマルコ・テレンツィオ准教授(主任研究員)はニューロンの生存に重要な役割を果たす貨物の特定に取り組んでいる。
Type: 写真
2020-05-08
ダイニンは2本の重鎖(水色)、2本の中間鎖(黄色)、4本の中間軽鎖(緑色)とダイニン軽鎖ロードブロックタイプ1(DYNLRB1、オレンジ色)を含む複数の軽鎖からなる。
Type: 写真
2020-05-08
細胞体とニューロンの末端の間の物質輸送を図示するマルコ・テレンツィオ准教授。
Type: 写真
2020-05-08
私たちの脳内にはニューロン(神経細胞)という電気配線があり、これが動作や思考、周囲の感知を可能にしています。ニューロンは迅速な情報伝達に特化し、特徴的な細長い形状をしています。ニューロンの最も長く細い部分は軸索と呼ばれ、細胞体からニューロンの先端に電気信号を伝えています。さらに軸索には分子輸送の高速道路としての第二の機能もあり、これはニューロンが正常に機能する上で重要な役割を果たしています。...
Type: ニュース記事
Subscribe to 教員