2019-05-28
ダニエル・ロクサー教授は、OISTをインスパイアし続けているブレナー博士の科学を紹介しました。OISTでは、沖縄にとって重要なサンゴやモズク、海ぶどうなどを含む多くの生物のゲノム解読を行っています。 「シドニーさんは、晩年、2053年、すなわちDNAの二重らせん発見100周年にまた戻ってきて、科学がどれくらい進んだか見たい。と繰り返し言っていました。ですから、我々の使命は明らかです。...
Type: 写真
2019-05-09
OIST エイミー・シェン教授とチームメンバーは、極めて小さいスケールの流体の世界を探っています。でもそれ自体はチームの全体像から見たらまた小さなものでしかありません。さあ、チームがどのように「流れて」いるのか、見てみましょう!   Music Credits: "Galaxy (Original Mix)" by ANIVALL "Impact Moderato" by...
Type: ビデオ
2019-04-26
学内複数の部署から「 外来アリ類をモデルとした侵略的外来生物管理体系の構築」プロジェクトに関わるOISTのメンバーたち。写真左から、諏訪部 真友子 リサーチサポートスペシャリスト、小笠原 昌子 リサーチサポートスペシャリスト、吉村 正志 リサーチサポートリーダー、エヴァン・エコノモ 准教授、杉原 忠 外部研究資金申請マネジャー、藤松 佳晃 外部研究資金申請アシスタントマネジャー
Type: 写真
2019-03-22
Music: ”Driven to Success", ”Awake" and "Across the Sky" by Scott Holmes Licensed under (CC BY-NC 4.0) http://freemusicarchive.org/music/...
Type: ビデオ
2019-03-10
OIST量子波光学顕微鏡ユニットを率いる新竹積教授は、本来の専門は加速器物理学。子どもの頃から開発に励み、大学に入って論理を学んだことなどを紹介し、技術開発には、経験に基づく強い判断力、何が必要で何が不要かを見抜きスピードに乗って走るリズム感、そして情熱が必要だと、教授自身が考える技術開発の極意をシェアしました。
Type: 写真
2018-07-31
国際神経回路学会(INNS)からドナルド・ヘッブ賞を受賞
Type: 写真
2018-07-31
生物の学習に関する卓越した業績によりドナルド・ヘッブ賞を受賞した銅谷教授
Type: 写真
2018-07-31
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の銅谷賢治教授は、神経回路分野への生涯を通じた貢献が讃えられ、国際神経回路学会 (INNS) のドナルド・ヘッブ賞を受賞しました。   ドナルド・ヘッブ賞は「...
Type: ニュース記事
2018-06-06
OIST量子理論ユニットのニック・シャノン教授とヤン・ハン氏
Type: 写真
2018-04-24
  本年3月、ハワイのイースト・ウェスト・センターで行われた世界うちなーんちゅビジネスアソシエーション (WUB)主催の第七回ウチナーンチュ・トークストーリー会議で、OISTのピーター・グルース学長が基調講演を行い、OIST は、WUBから 2万5千ドルの寄付をいただきました。これにより、太平洋をまたぐ沖縄とハワイの連携が科学を通じて強化されました。 WUBからの寄付金を、...
Type: ニュース記事
2018-04-12
  沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが、分裂酵母を使った実験から、ある薬剤が人の複数の遺伝子疾患の治療に有効である可能性を明らかにしました。 ...
Type: ニュース記事
2017-12-08
  世界中の科学研究者の交流を促進し、学術全体の発展を目指す “The Science Bridge”イニシアチブ(事務局:スペイン the Achucarro Basque Center for Neuroscience)が発足しました。あわせて、林康紀 京都大学教授、駒井章治...
Type: ニュース記事
Subscribe to 教員