2021-06-01
2021年度のハーバード大学ラドクリフ研究所フェローに選ばれたOISTの生物多様性・複雑性研究ユニットを率いるエヴァン・エコノモ教授。
Type: 写真
2021-06-01
この度、エヴァン・エコノモ教授が、2021年度のハーバード大学ラドクリフ研究所フェローに選出されました。教授は1年間、米国マサチューセッツ州ケンブリッジにおいて、類まれなアーティストや科学者、学者、実務家専門家などと共に、発見や学際的交流を通して学び合い、高め合うことになります。 沖縄科学技術大学院大学(OIST)の...
Type: プレスリリース
2021-05-07
非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授が製作した酸素濃縮装置における、濃縮酸素生成のための窒素除去の手順。 4つのステップを繰り返して濃縮酸素を生成するサイクル。青と赤の矢印は、各ステップでの装置内の加圧空気の流れの変化を示している。
Type: 写真
2021-05-07
非線形・非平衡物理学ユニットのマヘッシュ・バンディ准教授が製作した2種類の酸素濃縮装置。左が大型の装置で、右が持ち運び可能な小型装置。
Type: 写真
2021-05-07
インドでは、新型コロナウイルス感染者数がかつてないほど急増しており、医療用酸素の不足が深刻な問題となっています。これを受けて、マヘッシュ・バンディ准教授は、インドのハイデラバードで医療用酸素を生成する2種類の装置を開発しました。 この装置の作り方は、...
Type: ニュース記事
2021-04-19
OISTの統合オープンシステムユニットを率いる北野宏明アジャンクト教授
Type: 写真
2021-04-19
沖縄科学技術大学院大学(OIST)のアジャンクト教授である北野宏明博士が、2021年の米国人工知能学会(AAAI)のフェローに選出されました。...
Type: ニュース記事
2021-03-22
ペアエンドショットガンシーケンシングは、まずヒトゲノムのコピーを複数作成し、各コピーを小さな断片に「ショットガン」で裁断してランダムな位置で分割する。断片の末端の配列を解読し、コンピュータアルゴリズムで重複する末端を合わせてゲノムを元の形につなぎ合わせる
Type: 写真
2021-03-19
数世紀前の生物学者の目には、生物の世界は混乱してしまうほど多様に映ったことでしょう。バクテリアや盆栽の木とネズミやキノコの間には、生きているという事実以外に何か共通点を見出すことができたでしょうか?しかし、19世紀から20世紀にかけて生物学的発見が相次ぎ、科学者たちは、この地球上のすべての細胞生物が共通して持っているものー共通の祖先から受け継がれた言語ーを発見しました。それは、...
Type: ニュース記事
2021-03-17
有機光エレクトロニクスユニットを率いる嘉部量太准教授
Type: 写真
2020-07-13
Prof. Mary Collins
Type: 写真
2020-05-21
心とは何でしょうか。何千年にもわたって、哲学者や宗教家、科学者たちがこの問いに対する答えを見つけようと試みてきました。しかし、いまだに心の性質は解明されていません。認知科学の世界で20世紀半ばに注目を集めたのが、心の計算理論と呼ばれるものです。心は切り離されたコンピュータであり、脳が環境から情報の入力を受け取り、その情報を処理して、特定の行動や相互作用をデータとして出力するという理論です。...
Type: ニュース記事
Subscribe to 教員