2017-11-16
  環境に対する今日の問題のひとつに、工場や事業所から出る排水問題があり、養豚などの農畜産業からは、有機物質や悪臭を放つ物質、その他の物質を含んだ多量の汚水が排出されます。通常、排水処理・再利用には、曝気、一部は肥料として利用したり、海外では特定の沼地や湿地に溜めて自然に浄化させたりする方法があります。沖縄のように養豚場の多い地域では、排水処理や再利用の課題を抱えています。...
Type: ニュース記事
2016-11-24
  この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが、エネルギーを発生する廃水処理技術を企業創出に生かすという目的で、科学技術振興機構(JST)より助成金を獲得しました。   OISTの生物システムユニットで開発された本技術は、...
Type: ニュース記事
2016-10-17
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)と株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)は、脳科学の最新の知見を活用し、人間のように応用力のある強化学習アルゴリズムを開発する共同研究を開始します。  昨今、行動に対する報酬をもとに、試行錯誤を通じて環境に適応した行動選択方策をコンピュータに獲得させる強化学習が、様々な成功事例によって注目を浴びていますが、従来の強化学習では、...
Type: ニュース記事
2016-03-30
 新しい技術が次々と生まれ、刻一刻と変化する世界で、イノベーション創出や社会的発展に大学がどう関わっていくか―多くの高等教育機関では、その役割が改めて見直されています。3月22日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、世界中から有識者が集い、イノベーションおよび地域の経済成長を促す大学の役割について様々な意見が交わされました。  「大学の使命は、人類に資する新たな知見を生み出すことです」と、...
Type: ニュース記事
2016-03-14
 人類史上、科学技術の進展はイノベーションをもたらし、経済成長の原動力となってきました。2016年3月10日、都内で開催されたOISTフォーラム「日本の未来を築く – イノベーションをもたらす科学とは?」(主催:沖縄科学技術大学院大学(OIST)、共催:朝日新聞社、協力:ネイチャーパブリッシング)では、産学官の識者によるイノベーションをテーマとした議論が行われ、日本の将来が話し合われました。...
Type: ニュース記事
2016-02-26
 この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST) と(株)ミサワホーム総合研究所は、蒸暑地の生活におけるエネルギーおよび水に関して持続可能(サステナブル)な導入および利用を可能にするシステムを開発・構築し、こうした地域においてエネルギー効率が良く、快適な生活を提供する住宅を開発することを目的として、...
Type: プレスリリース
2015-04-10
OISTの教員住宅合計19件に導入されたオープンエネルギーシステムズの紹介です。各家庭同士を直流でつなぎエネルギーの交換を行います。
Type: ビデオ
OIST Open Energy System
2015-02-18
OIST教員宿舎の屋根に取り付けられたソーラーパネルから発電されたエネルギーは、各家庭のエネルギーサーバーを通して直流送電網システムでつながれ、複数の家庭で電力を融通・分配できる仕組みとなっている。
Type: 写真
2015-02-17
  再生可能エネルギーの将来像には、オープンエネルギーシステム(OES)と呼ばれる汎用性の高いエネルギーの生産・分配システムの運用が見込まれています。   OESは、大型発電所による集約型の発電や電力輸送とは異なり、風力や太陽光等の再生可能エネルギー源を用いて戸建て住宅や地域コミュニティ、町村といった小規模事業主による発電・分配を可能にします。...
Type: ニュース記事
リアルタイムで電力を分配
2015-02-17
太陽光の発電・消費・分配をリアルタイムで監視できるOISTの送電網システムをシンポジウム参加者に紹介。
Type: 写真
OISTキャンパスで実施されたOESツアー
2015-02-17
シンポジウム参加者に対し、OIST教員の宿舎に設置されたオープンエネルギーシステムについて説明をおこなった。同システムは、各家庭に設置されたエネルギーサーバーを繋いで、計19戸の住宅に太陽光発電によって得た電力を分配する。
Type: 写真
Subscribe to 産学連携