微細の世界をグラフェンで拡大する

OIST研究者らは、原子1個ほどの薄さのグラフェンフィルムを用いて、電子顕微鏡画像の分解能を大々的に向上させることに成功しました