6.2 留意すべき事項

6.2.1 図書館のコレクション  

本図書館では、本学の教育・研究活動を支える電子及び印刷資料(「コレクション」)を所蔵しています。コレクションには、学内での教育上及び一般的なレフェレンスニーズを満たす豊富な印刷物の他、費用面と収容スペースでの制約のため印刷物として提供することができない幅広い情報源に利用できるようにするために膨大な数の電子資料が含まれています。さらに、利用者は、学内及び学外のいずれにおいても電子資料を閲覧することができます。

6.2.1.1.  図書
本図書館では、限られた印刷物を所蔵しています。この中には、本学の教育課程で使用されている教科書、重要な研究参考図書及び一般的に関心の高い選定図書が含まれています。本学の図書館は、科学技術分野に重点を置いていますが、本学の職員及び学生の日常生活をサポートする資料も保管しています。本図書館では、本学が所有している各図書を管理するための蔵書目録・図書IDシステムを維持しています。これにより、図書の重複を避け、すべての利用者がより広範囲にわたる図書を利用できるようにします。

6.2.1.2.  定期刊行物
本図書館では、本学の学術活動を支える上で必要な最大限の定期刊行物を効率よく利用できるようにするための努力をしています。新たな分野をカバーする必要がある時は、関連する定期刊行物を新たに購入するよう努めます。本図書館では毎年、購読中の定期刊行物の一覧の見直しを行い、学内のニーズの変化及び利用可能な予算を考慮し、追加及び削除を行います。また、最も需要の高い定期刊行物は最長6カ月間又は収容スペースが確保できなくなる時点まで常時閲覧できるようにしています。こうした定期刊行物の出版物のうち、古くなったものについては、処分されるまで書庫で保管されます。

6.2.1.3.  電子ブック
頻繁に内容が更新されるため資料価値が低下する図書については、印刷物よりも電子ブックとして提供することが望ましいと考えられます。特定のソフトウェア及びプログラミングのハンドブックに関するマニュアル、手法マニュアル並びに技術ガイドブック等の比較的出版頻度の高い出版物等がこれらにあたります。また、電子的な方法でのみ利用可能な使用頻度の低い図書もコレクションの一部となります。これらは本学のネットワークを通して閲覧できます。電子ブックと出版された図書は蔵書目録において同様に管理されます。

6.2.1.4.  データベース
本図書館では、本学の研究・教育活動を支える様々なデータベースを利用することができます。また、本図書館では、これらのデータベースの検索及び利用に関する研修も行っています。

6.2.1.5.  リザーブコレクション
本学教育課程及び本学の諸活動のために、一部の図書、定期刊行物の記事その他の資料を予約確保するために一時的に別途利用制限を設ける場合があります。(例:コースリザーブ図書

6.2.1.6.  閉架リザーブコレクション
本図書館では、貴重な参考文献又は資料に関する特例として、利用にあたって司書から特別承認を受ける必要があるコレクションを設ける場合があります。


6.2.2. 沖縄科学技術大学院大学機関リポジトリ

本図書館は、沖縄科学技術大学院大学機関リポジトリ(以下「OISTIR」という。)を介して本学の職員及び/又は学生の成果物に対するオープンアクセスを提供します。OISTIRの運用に関し必要な事項は「沖縄科学技術大学院大学機関リポジトリ運用指針」に定めるものとします。

6.2.3. 図書館のレイアウト

本図書館では、様々な用途に応じたスペース及び部屋を提供しています。学習机、図書館の蔵書目録及び電子コレクションにアクセス可能なコンピュータ、快適な読書用椅子、コピー機、並びに利用者が操作する図書貸出機等がこれに含まれます。

6.2.4. 図書館相互協力

本図書館は、本図書館の活動を支える日本国内の大学図書館、学術図書館及び公共図書館の協会・コンソーシアムの会員になっています。これらの会員資格により、本学の教職員及び学生は、本学所蔵コレクションとして利用可能な資料よりも幅広い分野の資料を利用することができます。また。逆に、資料を本学に提供する出版社及び供給業者により課せられる条件に同意する限りにおいて、本学は他の大学及びコンソーシアムの会員に対し、本学の所蔵コレクションの利用を許可しています。

6.2.5.著作権の管理

本図書館では、定期刊行物の論文、図書及びデータベース資料の複写及び保管等に関する国内の様々な著作権協定に基づく本学の義務を果たしています。

6.2.6. 利用

本図書館では、限定的に一般の方も利用可能です。本学の運営に関する定められた範囲の資料及び一般的に関心の高い本学の記録を保管するとともに、これらの資料を一般の方々も適宜利用できます。