5.12 互いに尊重しあう職場の実現及びハラスメント防止に関する方針

本学は、「互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」に基づき、全ての役職員、学生、訪問者等が、それぞれの尊厳を重んじられ、丁寧に扱われる、安全で互いに尊重しあう環境を築き、これを維持します。
互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」は本学の基本的価値観(コア・バリュー)であり、本学は、いかなる形であっても、尊重の念を欠くコミュニケーション、差別、ハラスメント、又はいじめ行為を容認しません。

5.12.1.1 本学は、ハラスメントやいじめに関する全ての苦情を、常に重く受け止め、秘密を守って対応します。本学では、互いに尊重しあう職場の実現及びハラスメント防止に関する方針に反する行為に係る学生からの主張に対応するための手続きを設けており、「互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」に反する行為、又はハラスメント行為が報告されたときには、改善・是正のための適切な措置を講じます。

5.12.1.2「互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」に反する行為、セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、その他のハラスメントの被害を受けた場合、又はそうした行為を目撃した場合、当該学生は、その事態を本学に通報することを検討する必要があります。

5.12.1.3 そうしたハラスメントやその他の係争等の通報窓口は、機密性に 配慮した本学外の専用ホットライン(互いに尊重しあう職場の実現及びアンチ・ハラスメントホットライン ‐ RWAH(Respectful Workplace and Anti-Harassment)ホットライン)、研究科の専任担当者[link: 5.12.2.1]、又は研究科長[link: 5.12.2.3]となります。

5.12.1.4 何らかの悩み事について助言やカウンセリングが必要な学生には、 がんじゅうサービスが家族を含めた本学コミュニティ全体に利用できるようになっています。がんじゅうサービスでは、ハラスメントを始め「互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」に反する行為を含め、様々な問題について相談、助言、介入をします。

5.12.1.5 報復的行為からの保護
本学は、ハラスメントや「互いに尊重しあう職場の実現に向けた基本方針」に反する行為について、本章の定めに基づき誠実な通報を行った学生に対して、いかなる報復的な取扱いが行われることも容認しません。同様に、本学は、学生の、保護された開示請求権を妨害することを目的に、職務上の権限又は影響力を直接的又は間接的に行使すること(及び行使を企てること)を容認しません。

Table of Contents