4.7 外部研究員

共同研究や交流を通して本学における研究活動の質を向上させるため、本学は他大学や他研究機関より研究員を招聘します。外部研究員の招聘は通常、本学教員が要請し、教員担当学監が承認します。共同研究には本学内の施設やリソースへのアクセスが伴うため、アクセス権限が適切に申請され、承認される必要があります。リソースセンターが管理する申請や承認手順、関連する施設担当マネージャーによる追加承認に関する情報とともに、外部研究員の分類を以下に示します。外部研究員に関する申請や承認手続きの詳細はリソースセンターのウェブサイトに記載されています。

4.7.1 客員研究員

客員研究員による研究は、本学教員が身元引受人(スポンサー)となり、外部研究員用同意書の規定に沿って行われます。同意書の契約期間は1年以下とし、当初規定の1年を超える延長を行う場合は、当初の同意書が失効する前に、受け入れ申請手続きを再度行う必要があります。客員研究員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。

4.7.2 特任客員研究員

特任客員研究員による研究は、本学教員が身元引受人(スポンサー)となり、外部研究員用同意書の規定に沿って行われます。同意書の契約期間は1年以下とし、当初規定の1年を超える延長を行う場合は、当初の同意書が失効する前に、受け入れ申請手続きを再度行う必要があります。本学による公的な研究助成金により雇用される客員研究員は「フェロー」に分類され、特任客員研究員とは別に管理されます。特任客員研究員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。

4.7.3 共同研究員

共同研究員による研究は、本学教員が身元引受人(スポンサー)となり、外部研究員用同意書、また、包括的な機関間同意書の両規定に沿って行われます。契約期間は1年以下で、当初規定の1年を超える延長を行う場合は、当初の同意書が失効する前に、受け入れ申請手続きを再度行う必要があります。共同研究員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。

4.7.4 研究コンサルタント

研究コンサルタントによる研究は、本学教員が身元引受人(スポンサー)となり、外部研究員用同意書の規定の範囲内で行われます。同意書の契約期間は一年以下で、当初規定の1年を超える延長を行う場合は、当初の同意書が失効する前に、受け入れ申請手続きを再度行う必要があります。研究コンサルタントの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。

4.7.5 ゲスト研究員

ゲスト研究員は本学のポリシー、その他法律や同意書の要件を遵守するよう、基本的なゲスト研究員用同意書に署名する必要があります。ゲスト研究員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。

 

Table of Contents