4.6.1 サイエンス・テクノロジー・アソシエイト(STA)

STAは、STGにおいて、本学の研究ポートフォリオを拡大、補完し、沖縄のより広範な発展を支援するプロジェクトに従事します。この職位は、より広範な技術を対象とし、本学の能力向上のために柔軟に用いられます。

STAには、関連する科学的、技術的、産業的、教育的又は文化的分野における 特別な研究スキル及び主題知識が求められます。資格及び経験により、STAには3つの職位階層があり、各階層で、専門的成果を高めることが求められます。STAの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」に記載されています。

STAは通常、自分自身の研究を行うことを期待され、又は研究ユニットに属す ることができ、資源の配分を受けます。STAは、教員担当学監の同意を得た上で代表研究者として外部の研究助成金に応募することができます。

ユニットに所属するSTAの研究評価は通常、所属するユニットのユニット審査、又はユニットを率いる教員のテニュア審査(外部評価者による現地審査に基づいて行われる)に含まれます。当該STAの場合、4.6.1.1に規定されている外部評価者による個別のピアレビューは実施されず、1回目と2回目のレビューは、前述したユニット審査またはテニュア審査に置き換えられます。ただし、4.6.1.3及び 4.6.1.4に規定される推薦は、当該STAの雇用契約または/および昇進(該当する場合)に関する内容を含みますが、当該STAの予算はユニット予算に組み込まれるため、研究資金に関する内容は含みません。

4.6.1.1 外部専門家によるピアレビューの審査基準
STAの任用及び研究評価は、外部専門家によるピアレビューに基づいて行われます。通常、1回目の審査は雇用4年目の終わりまでに行われます。1回目の審査の結果、単任期制雇用契約が継続された場合、2回目の審査は雇用8年目の終わりまでに行われます。ピアレビューの手続きの詳細は、教員担当学監が別途定めます[リンク:サイエンス・テクノロジー・アソシエイトのレビュー・ハンドブック]。ピアレビューの基準は、以下のとおりです。

1.研究又は研究に相当する活動の質及び重要性。
2.科学的、技術的、産業的、教育的又は文化的観点から見た、研究の重要性及び影響力。
3.研究資源を有効に活用していることが証明されていること。
4.学術機関、企業、又はその他の国内外の機関との、学外パートナーシップの発展に貢献していること。
5.今後の研究計画

4.6.1.2 サイエンス・テクノロジー・アソシエイト(STA)のための「ストップ・ザ・クロック」ポリシー
出産、養子縁組、子育てに関する親としての責任を遂行することを目的として、STAは、審査の開始を遅らせ、契約の延長を申請することができます。「ストップ・ザ・クロック」は2回まで申請することができます。多子出産(双子など)の場合でも、「ストップ・ザ・クロック」を一度に2回申請することはできません。

このポリシーは、産前・産後休業や育児休業とは別に申請が必要です。当該休業を取得することは自動的に「ストップ・ザ・クロック」の申請とはなりません。審査の開始の延期は、STAの通常の責務を免除するものではありません。

申請を希望する場合は、審査のプロセス開始前(つまり、審査の必要書類の提出期限)までに、教員担当学監に「ストップ・ザ・クロック」申請フォームを提出しなければなりません。申請フォームが教員担当学監及び学長により承認された場合、以下の手続きが行われます。

1. 審査の開始が最長1年延期されます。
2. 雇用契約書の任期満了日が最長1年継続されます。ただし、4.6.1.5に記載された条件を満たすことが前提です。
3. 研究予算が最長1年継続して確保されます。

酌量の余地がある場合(例:多子出産、困難な妊娠、未熟児、出産に関する病状など)、教員担当学監の裁量により、更に3-6か月の延長が許可されることがありますが、延長を申請するには、教員担当学監に関係書類(診断書等)を提出しなければなりません。

4.6.1.3 1回目の審査後のプロセス
a) STAの最初の任用は通常、単任期制で、最長5年間です。4.6.1.1に記載されている外部専門家によるピアレビューの結果及び本学への今後の貢献を考慮しながら、教員担当学監、研究担当ディーン、教授会議長又はその指名する者は、STAの契約と研究資金の更新について、学長に推薦を行います。推薦は、下記のいずれかが含まれます。

1.単任期制雇用契約の継続、及び最長5年の研究資金の継続、又は/及び昇進(該当する場合)。
2.単任期制雇用契約を任期満了日、又は、結果を通知した日から1年後のどちらか遅い期日に終了する。ただし、4.6.1.5に記載された条件を満たすことが前提です。

b) 特別な事情がある場合、上記4.6.1.3 (a)の推薦が行われる前に、4.6.1.1に記載されている外部専門家による1回目のピアレビューの結果及び本学への今後の貢献を考慮しながら、教員担当学監は、単任期制から更新任期制への変更について、更新任期制職員任用委員会(CSAC)に推薦を行うかを決定することができます。CSACへの推薦の手順は、4.6.1.4 (b)に記載されています。

学長は、上記の推薦をもとに最終決定を行い、当該STAに結果を通知します。

4.6.1.4 2回目の審査後のプロセス(更新任期制への変更)
4.6.1.1に記載されている外部専門家による2回目ピアレビューの結果及び本学への今後の貢献を考慮しながら、教員担当学監は、単任期制から更新任期制への変更について、更新任期制職員任用委員会(CSAC)に推薦を行うかどうかについて決定します。

a) 教員担当学監が更新任期制への変更を推薦しない場合、教員担当学監は学長に、当該STAの単任期制雇用契約の終了を推薦します。終了日は、任期満了日もしくは、結果を通知した日から1年後のどちらか遅い期日で、かつ4.6.1.5に記載された条件を満たすものとします。学長が契約終了の推薦に同意しない場合、学長は当該STAとその他の結果について話し合います。

b) 教員担当学監が更新任期制への変更を推薦する場合、CSACに書類が提出されます。書類には、外部専門家によるピアレビューで使用された書類一式、及び更新任期制の任用条件を満たす旨を記載した教員担当学監からの書簡が含まれます。CSACは、以下の基準を用いて、更新任期制への変更、研究資金、又は/及び昇進(該当する場合)について学長へ推薦を行います。

外部専門家によるピアレビューの結果、研究成果の評価が「Outstanding」又は「Excellent」である
今後の研究計画が卓越しており、今後10~15年間、当該分野において重大な影響を与える可能性が大きい
本学の学術的評価に明確な利益を与えることが証明されている

CSACは、首席副学長(技術開発イノベーション担当)、研究担当ディーン、教員担当学監、教授会議長又はその指名する者で構成されます。教員担当学監は、CSACのメンバーであると同時にSTAの更新任期制の任用を推薦する立場にあることから、推薦を説明した後、当該STAに関するCSACによる審議には参加しません。

CSACが更新任期制への変更を推薦し、学長がこれを承認した場合、STAは単任期制から更新任期制へ契約を変更することができます。また、更新任期制のSTAの任用は、大学の雇用契約に基づきます。同契約は適用される就業規則に従い、どちらかの当事者が雇用契約の終了を申し出ない限り、満65歳となるまで同期間同条件で雇用契約を更新することができます。

CSACで更新任期制への変更を推薦しない場合、STAの雇用契約は終了します。終了日は、任期満了日もしくは、結果を通知した日から1年後のどちらか遅い期日で、かつ4.6.1.5に記載された条件を満たすものとします。

4.6.1.5 単任期制雇用の合計期間について
いかなる場合でも、単任期制雇用は、2013年4月1日以降における最初の契約締結(又は更新)から10年目の終わりまでに終了しなければなりません。

4.6.1.6 更新任期制のSTAについて
更新任期制のSTAは、少なくとも5年に1回、外部専門家によるピアレビューを受け、研究資金、昇進、給与調整(該当する場合)についてCSACによる審査を受けます。CSACが昇進について推薦を行う場合、教員担当学監はその推薦内容を学長へ報告し、学長が最終決定を行います。

更新任期制のSTAは、本学が提供する研究資金の他に、外部資金を獲得することができます。更に外部専門家によるピアレビューの結果が良好でないために本学からの研究資金が非継続となった場合でも、外部資金を獲得することができます。本学の研究資金が非継続となった後、研究成果が認められ、教員担当学監の承認が得られた場合、STAは、適時、外部専門家によるピアレビューを受け、本学からの研究資金を再び申請することができます。外部専門家によるピアレビューの結果をもとに、学長は下記のいずれかの判断を行います。

1.本学からの研究資金の再開を承認する(最長5年間)。
2.本学からの研究資金の再開を承認しない。

Table of Contents