4.4 特別研究員(フェロー)

4.4.1 特別研究員(フェロー)

特別研究員(フェロー)は、本学を主たる研究拠点とし、本学との雇用関係を有さないものの、本学において指導を受けながら研究や学術的教育に一時的に従事する者であって、独立行政法人日本学術振興会の特別研究員(SPD、PD又はRPD)に採用された者、その他我が国又は諸外国の学術研究助成機関により研究奨励費、滞在費や研究費等の助成を受けている優秀な研究者(学生の身分を有する者を除く。)をいいます。

4.4.2 特別研究員(フェロー)の受入

特別研究員として本学において研究に従事することを希望する者は、指導を受けようとする教員の承諾を経て、研究担当ディーンに受入を申請します。本学の教育研究に支障がないと考えられる場合は、学長は当該特別研究員の受入を許可します。

4.4.3 特別研究員(フェロー)の受入期間

特別研究員の受入期間は、原則として、当該特別研究員が研究奨励費、滞在費や研究費等の助成を受けている学術研究助成機関が定める採用期間とします。また、特別研究員が、当該学術研究助成機関の助成の採用決定を取り消され、又は資格を喪失した場合は、学長は当該特別研究員の受け入れを取消すことがあります。

4.4.4 特別研究員(フェロー)の活動

特別研究員は、本学において、以下の活動を行い、又は行うことが期待されます。

a) 教員の指導の下、研究を行います。
b) 受入期間中、自己の研究の結果を発表することが期待され、かつ発表するための支援を受けることができます。
c) 指導教員の研究ユニットで研究を行う学生の博士論文又はその予備論文に関与することがあります。

4.4.5 特別研究員(フェロー)の待遇

本学が特別研究員に対し提供する待遇は、各特別研究員が助成を受けている学術研究助成機関が定める規則により提供可能な内容が異なるため、各特別研究員により異なりますが、次のような待遇が提供される可能性があります。(詳細は別途研究担当ディーン及び各担当ディビジョンの長が定めることとします。)

a) 本学に赴任する際に利用する、特別研究員の直近の居住先の最寄の空港から本学の最寄の空港までの航空券(片道。本人・1回のみ)。
b) 本学に赴任する際の引越費用(ただし、本学が指定する業者を利用する場合に限る。)
c) ハウジングの貸与(ただし、本学が指定する住居に入居する場合に限る。詳細は、副学長(施設管理担当)が別途定める。)
d) 人事採用サポートセクションが提供する赴任支援
e) 研究を遂行するために必要な本学の施設、設備等の利用(ただし、特別研究員の故意又は過失により、施設、設備等を滅失し、又は毀損したときは、本学は当該特別研究員に対し、現状への回復又は損害の賠償を命ずることがある。)
f) 科学研究費助成事業(科研費)の応募資格
g) OIST保健センターが実施する健康診断の受診
h) OISTクリニックを受診した際の職員用料金[link:]の適用(本人のみ)
i) 本学内においてティーチング・アシスタントとして従事した際の謝金
j) 本学の福利厚生施設の利用(ただし、日本私立学校振興・共済事業団が提供するものを除く。)
k) その他、研究担当ディーンが必要と認めるもの。

4.4.6 特別研究員(フェロー)の研究助成金の管理

特別研究員が学術研究助成機関から研究費の助成を受けている場合は、本学は本学の規程に基づきその研究費を管理することとします。特別研究員がその研究費により物品等の購入や国内外に旅行しようとするときは、本学の基本方針・ルール・手続き(PRP)第28章及び第29章の規程に基づく手続によりそれを請求しなければなりません。

4.4.7 特別研究員(フェロー)が創出した知的財産の取り扱い

特別研究員として従事した研究活動において創出した発明等の知的財産権の取扱については、本学の基本方針・ルール・手続き(PRP)第14章の規程を適用します。

4.4.8 特別研究員(フェロー)の保険適用範囲

本学は、研究者の通常の研究活動中に生じた事故等に対し、相当の補償を行う保険に加入しています。しかしながら、特別研究員には、不慮の事故・健康管理に備え、本人の負担により賠償責任保険や傷害保険に加入することが推奨されます。

4.4.9 コンプライアンス

特別研究員は、本学職員と同様、法令や本学の方針・ルールを遵守しなければなりません。特別研究員が、本学が職員に対し定める懲戒の理由[link: 38.1]に該当する行為を行ったときは、学長は当該特別研究員の受入を取り消すことがあります。

4.4.10 その他

その他の詳細については、研究担当ディーンが別途定めることとします。

Table of Contents