4.2 研究職

4.2.1 研究員任用委員会(RSAC)
研究員任用委員会(RSAC)は、教員担当学監(委員長)、プロボスト、教授会議長、及び首席副学長(技術開発イノベーション担当)により構成され、スタッフサイエンティスト及びシニアスタッフサイエンティストへの任用変更を審査します。これらのポジションへの任用は指導教員が推薦するものとし、推薦する場合は履歴書、論文及び/又は特許申請の一覧、研究成果の概要、及び研究計画書などの書類を添付する必要があります。詳細は、RSACハンドブックを参照してください。[Link]
更にRSACは、シニアスタッフサイエンティスト、スタッフサイエンティスト、及び技術員について、単任期制から更新任期制への変更を審査し、さらに更新任期制の研究員の任用について5年に1回、審査を行います。また、教員担当学監から要請があった場合、RSACはサイエンステクノロジーグループ(STG)及びディーンズリサーチグループの任用についても審議を行います。

4.2.2 教員

教員の任用に関する事項は第3章「教員ハンドブック」に定めます。

4.2.3 シニアスタッフサイエンティスト(*注:過去のグループリーダー及びリサーチスペシャリストに取り替わるものです。)
シニアスタッフサイエンティストは、研究ユニットに所属し、教員による総合的指導のもと、研究チームを管理及び/又は指導します。この職位は、研究管理や研究指導において多大な経験を持つ者のためのものです。
シニアスタッフサイエンティストは、独立した財源及び資源の配分は受けませんが、独立して研究を行い、研究プロジェクトの責任を負い、その分野において創造性豊かな研究及びサービスを行い、学内外を問わず指導者として認識される人物であることが期待されます。
本学におけるシニアスタッフサイエンティストの基本定義は以下のとおりです。

a.  通常、博士号取得後10年以上の研究経歴があり、研究管理又は研究指導をした経験を最低2年有する。
b.  任用は単任期制で、教員担当学監の承認を要する。最初の任期は3年を超えてはならない。
c.     特別の事情がある場合、学外から任用されたシニアスタッフサイエンティストについては、契約更新により、任期を4年又は5年間とすることができる。契約更新については、指導教員とシニアスタッフサイエンティスト自身の同意により申請を出すことができるが、教員担当学監の承認を要する。任用期間の合計は5年を超えてはならない。
d.  5年を超える任期については、特別な事情があり、教員担当学監が認める場合にのみ例外的に可能である。
e.     学術研究に専念する。
f.     教員の指導のもと研究活動を行う。
g.     自己の研究結果を発表することが求められる。
h.     指導教員が率いるユニットに所属する学生の論文審査前や論文執筆の指導、ポストドクトラルスカラー及びスタッフサイエンティストのメンタリングに関与することがある。

4.2.3.1 契約終了の通知
教員とシニアスタッフサイエンティストは、契約終了の6か月前に、契約を更新するか否かを話し合います。通常、契約更新又は契約終了は、契約終了日の3 か月前までに決定されなければなりません。


4.2.3.2 単任期制雇用の合計期間について
スタッフサイエンティストからシニアスタッフサイエンティストへ任用変更があった場合、いかなる場合でも、単任期制雇用は、2013 年4 月1 日以降における最初の契約締結(又は更新)から10 年目の終わりまでに終了しなければはなりません 。


4.2.3.3 単任期制から更新任期制への変更
更新任期制は、雇用契約期間終了の少なくとも3か月前に、どちらかの当事者が雇用契約の終了を申し出ない限り、満65 歳となるまで同期間同条件で雇用契約を更新することができる任用です。更新任期制の任用は、RSAC の
推薦をもとに教員担当学監が行います。更新任期制のシニアスタッフサイエンティストは、通常、所属する教員の研究ユニット審査に含まれ、少なくとも5年に1回、RSAC による審査を受けます。手順の詳細は、RSAC ハンドブック[Link]およびRSAC の付託条項[Link]に定めます。

 

4.2.4 スタッフサイエンティスト

スタッフサイエンティストは、研究ユニットに所属し、自立して研究を行う能力とその研究に必要不可欠な高度な技能と知識を有しますが、独立した財源・資源の配分はされません。スタッフサイエンティストには、独立して研究をデザインする能力が必要とされますが、新規の研究プログラムを立ち上げる責任はありません。スタッフサイエンティストの基本定義は以下のとおりです。

a.  通常、博士号取得後5 年以上の研究経歴があり、独立して研究を行う能力を実証できる。
b.  任用は任期制で、教員担当学監の承認を要する。最初の任期は3 年を超えてはならない。
c.  特別の事情がある場合、学外から任用されたスタッフサイエンティストについては、契約更新により、任期を4 年又は5 年間とすることができる。契約更新については、指導教員とシニアスタッフサイエンティスト自身の同意により申請を出すことができるが、教員担当学監の承認を要する。任用期間の合計は5 年を超えてはならない。
d.  5年を超える任期については、特別な事情があり、教員担当学監が認める場合にのみ例外的に可能である。
e.  学術研究に専念する。
f.  教員の指導のもと研究活動を行う。
g.  自己の研究結果を発表することが求められる。
h.  指導教員が率いるユニットに所属する学生の論文審査前や論文執筆の指導及び所属する研究ユニットのポストドクトラルスカラーのメンタリングに関与することがある。

4.2.4.1 契約終了の通知
教員とスタッフサイエンティストは、契約終了の6 か月前に、契約を更新するか否かを話し合います。通常、契約終了又は契約更新は、契約終了日の3 か月前までに決定されなければなりません。


4.2.4.2 単任期制雇用の合計期間について
ポスドクからスタッフサイエンティストへ任用変更があった場合、いかなる場合でも、単任期制雇用は、2013 年4月1 日以降における最初の契約締結(又は更新)から10年目の終わりまでに終了しなければはなりません 。


4.2.4.3 シニアスタッフサイエンティストへの任用変更
特別な場合に限り、任期制及び更新任期制のスタッフサイエンティストは、シニアスタッフサイエンティストへの任用変更を推薦されることがあります。このような任用変更は非常に例外的である。スタッフサイエンティストの多くは、新たな就職先を見つけて本学を退職することが期待されます。任用変更の申請は、教員とスタッフサイエンティストによって始動され、RSAC により審議されます。手順の詳細は、RSAC ハンドブック[Link] 及びRSAC の付託条項[Link]で定められます。


4.2.4.4 単任期制から更新任期制への変更
更新任期制は、雇用契約期間終了の少なくとも3か月前に、どちらかの当事者が雇用契約の終了を申し出ない限り、満65 歳となるまで同期間同条件で雇用契約を更新することができる任用です。更新任期制の任用は、RSAC の推薦をもとに教員担当学監が行います。
更新任期制のスタッフサイエンティストは、通常、所属する教員の研究ユニット審査に含まれ、少なくとも年に5 年に1回、RSAC による審査を受けます。手順の詳細は、RSAC ハンドブック[Link]及びRSAC の付託条項[Link]に定めます。

 

4.2.5 ポストドクトラルスカラー

ポストドクトラルスカラーは、研究ユニットに所属し、博士課程を修了して間もない研究員として、志望する研究キャリア確立に必要な専門スキルを習得するために、一定の期間、指導者の下で研究を行い、学術的な研修を受けます。
本学におけるポストドクトラルスカラーの基本定義は、下記のとおりです。

a.  過去5年以内に適切な分野で博士号又は同等の博士号(理学博士号、医学博士号など)を取得していること。
b.  本学の博士課程を修了した者は、最終在学日から2 年以内に、本学のポストドクトラルスカラーとして就職することは認められない。
c.  任用は単任期制で、教員担当学監の承認を要する。最初の任用は3 年間を超えてはならない。4年目または5 年目の契約更新については、指導教員とポストドクトラルスカラー自身の同意により申請を出すことができ、教員担当学監の承認を要する。任用期間の合計は5 年を超えてはならない。
d.  学術研究に専念する。
e.  教員の指導のもと研究活動を行う。
f.  自己の研究結果を発表することが求められる。
g.  指導教員が率いるユニットに所属する学生の予備論文や学位論文の指導に関与することもある。
h.  任用は、自立した専任の研究キャリアを築くための準備期間とみなされる。
 
4.2.5.1 ポストドクトラルスカラーのキャリア支援
ポストドクトラルスカラーは、専門能力及びキャリア向上に自ら努めなければなりません。このため、志望する研究キャリアの実現に向けて、年間12 時間、これに必要な活動を行うことが認められます。さらに、ポストドクトラルスカラーは、Individual Development Plan (IDP:個人の専門能力及びキャリア開発の計画)の作成を通して、キャリア目標を設定し、自己の研修プロセスを管理することを
強く推奨されます。IDP のレビューは、少なくとも年に一度、指導教員及び/又は代りに指導を行う研究員によって行われますが、この内容はポストドクトラルスカラーの業績評価に用いられません。

4.2.5.2 契約終了の通知
教員とポストドクトラルスカラーは、契約終了の6 か月前に、契約を更新するか否かを話し合います。通常、契約終了の通知は、契約終了日の3 か月前までに出さなければなりません。

4.2.5.3 スタッフサイエンティストへの任用変更
非常に優秀なポストドクトラルスカラーで、本学で少なくとも1 年間勤務し、博士号を取得後少なくとも5 年経過している者は、スタッフサイエンティストに任用変更されることがあります。指導教員が推薦を行い、RSAC が審議します。手順詳細は、RSAC ハンドブック[Link]及びRSAC の付託条項[Link]で定められます。
 
4.2.5.4 ディスティングイッシュト・ポストドクトラルスカラー・フェローシップ(優秀なポストドクトラルスカラーためのフェローシップ)
ディスティングイッシュト・ポストドクトラルスカラー・フェローシップ、優秀な成績で博士号を取得した研究員であり、通常のポストドクトラルスカラー同様、志望する研究キャリアの確立のための必要な専門スキルを習得するために、一定の期間、指導者の下で研究を行い、学術的な研修を受けます。本フェローシップは、選考委員会による選考を受け、極めて優れた研究成果を出し、非常に高い研究能力を潜在的に持つ個人に与えられます。
本フェローシップは、特別に優秀な若手研究者を獲得することを目的としています。選抜された者は、フェローの称号に加えて、職務手当、自らの裁量で執行できる予算、および研究ユニットの選択権が与えられます。研究ユニットの選択は、本学到着後1 か月以内に行う必要があります。本フォローシップの基本定義は以下のとおりです。
 
i. 過去5年以内に適切な分野で博士号又は同等の博士号(例えば理学博士号、医学博士号)を取得していること。
j. 任用は単任期制で、最初の任期は通常2 年、認められれば3 年まで延長できるが、教員担当学監の承認を要する。
k. 学術研究に専念する。
l. 指導教員の監督のもと研究活動を行う。複数の教員から指導を受ける事もできるが、単一の研究ユニットを拠点とし、同ユニットから資金を配分されるものとする。
m. 与えられた任期中に自らの研究成果を発表することが求められる。選考委員会、選考プロセス、プログラム運営、本フェローシップに関する詳細については、関連ハンドブックに定められています。(Link)
 
4.2.6 技術員

技術員は、研究ユニットに所属し、教員又は教員が適切であると判断した研究員の指導のもと、研究ユニットが行うプロジェクトの技術補助を行います。技術員の基本定義は以下のとおりです。

a. 技術員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定める。(現在作成中)
b. 本学の博士課程を修了した者は、最終在学日から2 年以内に、本学の技術員として就職することは認められない。
c. 雇用は単任期制で、教員担当学監の承認を要し、最初の任期は3 年を超えてはならない。
d. 任用された者は、研究ユニットが行う研究プログラムを遂行する上で必要となる技術的・工学的知識を有すること。
e. 任用された者は、指導教員の監督のもとで業務を行う。


4.2.6.1 契約終了の通知
教員と技術員は、契約終了の6 か月前に、契約を更新するか否かを話し合います。通常、契約更新又は契約終了については、契約終了日の3 か月前までに決定されなければなりません


4.2.6.2 単任期制雇用の合計期間について
いかなる場合でも、単任期制雇用は、2013 年4 月1 日以降における最初の契約締結(又は更新)から10 年目の終わりまで終了しなければはなりません。


4.2.6. 単任期制から更新任期制への変更
更新任期制は、雇用契約期間終了の少なくとも3か月前に、どちらかの当事者が雇用契約の終了を申し出ない限り、満65 歳となるまで同期間同条件で雇用契約を更新することができる任用です。更新任期制の任用は、RSAC の推薦をもとに教員担当学監が行います。更新任期制の技術員、通常、所属する教員の研究ユニット審査に含まれ、少なくとも年に5 年に1回、RSAC による審査を受けます。手順の詳細は、RSAC ハンドブック[Link]及びRSAC の付託条項[Link]に定めます。


4.2.6.4 年次業績評価
技術員の年次業績評価は、指導教員によって行われます。

 

4.2.7 ディーンズリサーチグループ

ディーンズリサーチグループは、教員担当学監の指導の下で研究を遂行します。このグループは、研究スタッフの管理者である教員が(長期の休暇等により)当該スタッフを指導することができなくなった場合かつ他に当該スタッフを受け入れることができるユニット又はサポートサービスがない等、例外的な状況で用いられます。ディーンズリサーチグループの任命は、RSACからの推薦をもとに、教員担当学監により行われます。

Table of Contents