4.2 研究職

4.2.1 教員

教員の任用について必要な事項は第3章「教員ハンドブック」に定めます。

4.2.2 グループリーダ

グループリーダーの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。グループリーダーの任用は、任期制です。グループリーダーの任期は、例えば出産又は病気等の例外による場合、後述の更新任期制による任用が認められた場合を除き、最長3年間に制限されます。3年を超える任期については、教員担当学監が認める場合にのみ例外的に可能です。グループリーダーのうち、国際的に幅広く認知されている研究成果をあげている証拠が認められる者に対しては、更新任期制による任用がまれに認められることがあります。更新任期制として任用されるグループリーダーは、更新任期制職員任用委員会による承認を受けなければなりません。さらに、昇進及び給与調整について、少なくとも5年に1回、更新任期制職員任用委員会による審査を受けます。

4.2.3 リサーチスペシャリスト

リサーチスペシャリストの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。リサーチスペシャリストとしての任用又はリサーチスペシャリストへの昇進は、スタッフサイエンティスト同等クラス に期待される業績を上回る、科学的又は技術的な著しい業績の説得力を有 する証拠が求められます。スタッフサイエンティストからリサーチスペシャリストへの昇進は、例外的な場合に可能となります。リサーチスペシャリストの任期は、例えば出産又は病気等の例外による場合、後述の更新任期制による任用が認められた場合を除き、最長3年間に制限されます。3年を超える任期については、特別の事情があり、教員担当学監が認める場合にのみ例外的に可能です。リサーチスペシャリストのうち、国際的に幅広く認知されている研究成果をあげている証拠が認められる者に対しては、更新任期制による任用がまれに認められることがあります。更新任期制として任用されるリサーチスペシャリストは、更新任期制職員任用委員会による承認を受けなければなりません。さらに、昇進及び給与調整について、少なくとも5年に1回、更新任期制職員任用委員会による審査を受けます。

4.2.4 スタッフサイエンティスト

スタッフサイエンティストの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。スタッフサイエンティストの任用は、単任期制、又は更新を前提とする任期制(以下「更新任期制」という。)のいずれかとすることができます。単任期制スタッフサイエンティストの任用は、例えば出産又は病気等の例外による場合を除き、最長3年間に制限されます。3年を超える任期については、特別の事情があり、教員担当学監が認める場合にのみ例外的に可能です。教員の裁量により、最初の任用は1年間又は2年間とすることができ、合計最長3年まで延長することができます。更新任期制スタッフサイエンティストの任用は、雇用契約期間終了の少なくとも1か月前にどちらかの当事者が雇用契約の終了を申し出ない限り、満65歳となるまで同期間同条件で雇用契約を更新することができる任用です。更新任期制としての任用又はより高い職位への昇進は、本学での任期中に達成された科学論文、又は本学で勤務する前に他機関で行った研究及び専門的業務に基づいて行われます。業績は、科学的生産性、他の科学者との相互作用、その他の成果、及び当該職員が略述し、紹介状で確認された、科学的、技術的な最新の証拠により評価されます。業績の評価には、発表、共同研究、表彰、講演歴、専門的組織への参画等を含みます。更新任期制として任用されるスタッフサイエンティストは、昇進及び給与調整について、少なくとも5年に1回、更新任期制職員任用委員会による審査を受けます。

4.2.5 ポストドクトラルスカラー

ポストドクトラルスカラーの定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。最初の任用は、最長3年間で行うことができ、4年又は特別な例外の場合のみ5年まで延長可能とします。任用は、更新を前提としない任期制(以下「単任期制」という。)で、通常3年間とし、5年を超過することはできません。
 
4.2.6 技術員

技術員の定義は「役職及び職位に関するガイドライン」で定めます。通常、最初の任用は単任期制として行われ、それらは単任期制としての再任や、又は更新任期制への変更が可能です。更新任期制としての任用は、更新任期制職員任用委員会による承認を受けなければなりません。研究助成金又は他の外部資金により支援された任用は、任期制の任用でなければならないものとし、外部資金による支援の期間を超過することはできません。

4.2.7 ディーンズリサーチグループ

ディーンズリサーチグループは、教員担当学監の指導の下で研究を遂行します。このグループは、研究スタッフの管理者である教員が(長期の休暇等により)当該スタッフを指導することができなくなった場合かつ他に当該スタッフを受け入れることができるユニット又はサポートサービスがない等、例外的な状況で用いられます。ディーンズリサーチグループの任命は、プロボストの支持及び学長の承認を経て、教員担当学監により行われます。

Table of Contents