24.1 基本方針

沖縄科学技術大学院大学は、子どもを持つ本学の職員、学生、訪問者より国際的で質の高い、就学前及び放課後・休日の教育サービスに対して非常に高いニーズがあることを認識しています。優れた人材を採用・維持し、本学コミュニティに属する人々にとって快適な環境を確保するために、優れたチャイルド&ユースケアサービスを提供しなくてはなりません。これは、本学のミッションを確実に達成するための、重要な要素です。

このようなニーズを最大限満たすため、本学は、沖縄科学技術大学院大学チャイルド・ディベロップメント・センター(CDC)及び小中学校プログラム(SAP)を設立・運営し、プレスクールプログラム(就学前の教育・保育)及び学童保育/ホリデイプログラム(放課後・休日等の教育)を提供します。CDCのサービス(SAPを含む。以下同じ。)は本学キャンパス内の専用かつ安全な施設において提供されます。CDCが本学の一部として整備される一方、CDCを監督するための独立した委員会であるCDC監督委員会を設置し、目的、方針、コンプライアンス、予算について大学の事務局長にアドバイスを行います。また、CDC連絡委員会を設置し、CDCの運営を維持するための適切な予算の予測、適用される法律規則の遵守の確保、及び保護者会との適切なコミュニケーションの構築について、大学コミュニティ・チャイルド&ユースサービス担当副学長(VPUCS)に助言を行います。VPUCSはCDCの運営・マネジメントを監督し、日常的な運営についてはCDCディレクターに権限を委ね、CDC運営委員会がこれをサポートします。

CDCのサービスは、CDC連絡委員会と協議の上、CDC園長によって策定される透明性の高い公平なルールに基づき提供されなければなりません。また、これらのルールの制定及び実施については、本学の機会均等及び多様性についての基本方針[link: 1.3] が順守されなければなりません。

PRP Tags: 
child care